質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.63%

WindowsでのLibTorchビルド時のエラー

受付中

回答 0

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,445

redp

score 47

実現したいこと

WindowsでのLibTorchのビルドをしたいのですが、Installing C++ Distributionsこのやり方でやっても上手くいかず困っています。CMakeでのビルドについての知識が何一つないので以下のエラーをどのように処理すればいいかわからず質問させていただきました。

エラー内容

上記のリンクと同じ名前のプロジェクトを作りました。ここではClionのTerminal上で実行しています。

$ C:\path\to\example-app\build> cmake -DCMAKE_PREFIX_PATH=C:\libtorch ..
...
CMake Error at C:/libtorch/share/cmake/Caffe2/public/cuda.cmake:283 (message):
  CUDA support not available with 32-bit windows.  Did you forget to set
  Win64 in the generator target?
Call Stack (most recent call first):
  C:/libtorch/share/cmake/Caffe2/Caffe2Config.cmake:88 (include)
  C:/libtorch/share/cmake/Torch/TorchConfig.cmake:39 (find_package)
  CMakeLists.txt:4 (find_package)


ここで、上記のエラーについて調べたところこのリンクを発見しましたので、VisualStudio2017のx64 Native Tools コマンドプロンプトで上記のコマンドを実行すればいいと思い、実行してみたところ、上と同じエラーが出ました。
そこで、もう一つのリンクこちらのリンクのように

-DCMAKE_GENRATOR_PLATFORM=x64


というオプションをつけてClionのTerminalで実行したところ

$ C:\path\to\example-app\build> cmake -DCMAKE_PREFIX_PATH=C:\libtorch -DCMAKE_GENERATOR_PLATFORM=x64 ..
-- Caffe2: CUDA detected: 10.0
-- Caffe2: CUDA nvcc is: C:/Program Files/NVIDIA GPU Computing Toolkit/CUDA/v10.0/bin/nvcc.exe
-- Caffe2: CUDA toolkit directory: C:/Program Files/NVIDIA GPU Computing Toolkit/CUDA/v10.0
-- Caffe2: Header version is: 10.0
-- Found cuDNN: v7.4.1  (include: C:/Program Files/NVIDIA GPU Computing Toolkit/CUDA/v10.0/include, library: C:/Program Files/NVIDIA GPU Computing Toolkit/CUDA/v10.0/lib/x64/cudnn.lib)
-- Autodetected CUDA architecture(s): 6.1
-- Added CUDA NVCC flags for: -gencode;arch=compute_61,code=sm_61
CMake Error at C:/libtorch/share/cmake/Caffe2/public/cuda.cmake:368 (message):
  Unknown cmake build type:
Call Stack (most recent call first):
  C:/libtorch/share/cmake/Caffe2/Caffe2Config.cmake:88 (include)
  C:/libtorch/share/cmake/Torch/TorchConfig.cmake:39 (find_package)
  CMakeLists.txt:4 (find_package)


このようなエラーが出ました大事な部分はUnknown cmake build typeでしょうか。
また、念のためVisualStudio x64 Nativeのほうで同じコマンドを実行してみると、以下のエラーが出ました。こちらはVisualStudioのCMake設定の変更により改善するでしょうか?

  cmTC_62817.dir\Debug\detect_cuda_version.obj : fatal error LNK1112:
  モジュールのコンピューターの種類 'x64'
  は対象コンピューターの種類 'x86' と競合しています。

補足

Python 3.6及び3.7 でPyTorch 1.0 stableをインストールし、Cudaは使えています。
もちろんCuDNNもインストール済みです。
実行環境にも示すようにCudaのバージョンは10であり、CudaのインストールにはVisualStudio2017を使用しました。

cmakeコマンドの場所は以下の通りです。

$ where cmake
C:\Program Files\CMake\bin\cmake.exe

実行環境

Windows 10 x64
cmake 3.13.3 x64
cuda 10
CuDNN 7.4.1
Visual Studio 2017 Community
Clion 2018.3.3
情報が足りなければ追加します。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正の依頼

  • wwbQzhMkhhgEmhU

    2019/01/29 00:22

    とりあえずやり始めてみました。zipで配られる夜間ビルドはどうもincludeから足りないっぽいですね。
    pipで入れたtytorchにある、includeとlibを使ってビルドすると、CUDAは入ってないかもしれませんが、VC++でコンパイルまでは出来たようです(includeディレクトリ設定と構成の64bit化は手動)。リンクはオブジェクト形式の違いからか失敗します。
    これからtytorchをVC++でビルドしてみようかと思います。

    キャンセル

  • wwbQzhMkhhgEmhU

    2019/01/29 16:33

    tytorchのVC++ビルドは、環境構築に異常な時間がかかる上、ちょっともうやってられないくらいCMakefileをいじらないとまともに進まないので、諦めました。多分そっちの方が早いかと思いますけどね。
    そこで元のlibtorchのリンクエラーをよく見たところ、テンプレートが長かっただけでただの未定義シンボルだったので、ライブラリをちゃんとしたら普通にビルド出来て、動きました。以下ポイントだけ書いておきます。

    example-appプロジェクトの設定を以下を変更しました(全構成)
    <ClCompile>
    <AdditionalIncludeDirectories>$(TorchIncludeDir)</AdditionalIncludeDirectories>
    </ClCompile>
    <PostBuildEvent>
    <Command>copy $(TorchLibDir)\*.dll $(OutDir)</Command>
    </PostBuildEvent>
    <Link>
    <AdditionalLibraryDirectories>$(TorchLibDir)</AdditionalLibraryDirectories>
    <AdditionalDependencies>$(TorchLib);kernel32.lib;user32.lib;gdi32.lib;winspool.lib;comdlg32.lib;advapi32.lib;shell32.lib;ole32.lib;oleaut32.lib;uuid.lib;odbc32.lib;odbccp32.lib;%(AdditionalDependencies)</AdditionalDependencies>
    </Link>

    マクロ(ユーザープロパティ)には以下を追加しています。
    <TorchIncludeDir>C:\Python37\Lib\site-packages\torch\lib\include;C:\Python37\Lib\site-packages\torch\lib\include\torch\csrc\api\include</TorchIncludeDir>
    <TorchLibDir>C:\Python37\Lib\site-packages\torch\lib</TorchLibDir> <TorchLib>c10.lib;c10_cuda.lib;caffe2.lib;caffe2_detectron_ops_gpu.lib;caffe2_gpu.lib;caffe2_module_test_dynamic.lib;caffe2_observers.lib;clog.lib;cpuinfo.lib;libprotobuf-lite.lib;libprotobuf.lib;libprotoc.lib;onnx.lib;onnxifi_dummy.lib;onnxifi_loader.lib;onnx_proto.lib;shm.lib;torch.lib;torch_python.lib;_C.lib</TorchLib>

    キャンセル

  • redp

    2019/01/29 17:16

    色々やっていただいて本当にありがとうございます。大変助かりました。

    キャンセル

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.63%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる