質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.61%

HTTP から HTTPS にする方法の具体的措置

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 669
退会済みユーザー

退会済みユーザー

  • 目的
    AWS の Elastic Beanstalk を使用して deploy した Django のサイトを HTTP から HTTPS にしたいです。
    https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/elasticbeanstalk/latest/dg/create-deploy-python-django.html#python-django-prereq
    上記のサイトを参照しながら、最後まで終了。
    しかし、見れるサイトは HTTP のまま。
    様々なサイトを見ましたが、具体例がないのと、私にはやり方がよく分からないので詳しく教えて頂けると幸いです。
    証明書を発行し年間で使用し続けるのに 400 円から 8000 円までかかる可能性があるとのことですが、無料でやりたいので、そこなども考慮に入れて頂けると幸いです。
    具体的措置に関する説明をお願いします。
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • 退会済みユーザー

    2019/01/27 23:48

    複数のユーザーから「やってほしいことだけを記載した丸投げの質問」という意見がありました
    「質問を編集する」ボタンから編集を行い、調査したこと・試したことを記入していただくと、回答が得られやすくなります。

回答 1

checkベストアンサー

+4

上記のサイトを参照しながら、最後まで終了。
しかし、見れるサイトは HTTP のまま。

はい、上の手順はHTTPでのサイト構築だけなので、HTTPSにはなりません。

Elastic BeanstalkでHTTPSをかける場合、大きく分けて3つの選択肢があります。

  • AWS発行の証明書を使う…AWSのコンソールから設定して利用可能となりますので、楽なのは間違いないです。ただし、いちおう「無料」ということにはなっていますが、EC2に直接セットできないので、EC2が1台しかない場合はロードバランサーの分の料金(1000~2000円/月)がまるまる追加となります。
  • Let's Encrypt…こちらは完全無料ですが、3ヶ月に1回手動で更新するか、自動更新の仕組みを作り上げる必要があります(DNS認証が自動化できない場合、Djangoアプリケーションに手を入れる必要が出てくることも考えられます)。
  • 証明書を買ってくる…Let's Encryptの環境構築が手間な場合には証明書を買ってくる手段もあります。安いものであれば2年有効で2000円のものもありますので、Let's Encryptの更新の手間や自動更新の仕組み構築の手間を考えれば、そんなに悪い選択でもないです。

なお、後者2つの場合、インスタンス内での設定が必要となりますが、AWSのガイドもあります

いずれにしても、SSLの認証を取るための自前のドメインを確保するのはほぼ前提となります。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/01/25 12:27

    素人なので疑問が残るのですが、Elastic BeanstalkではHTTPからHTTPSにすることはできないということでぢょうか。
    もう少し噛み砕いて頂けると幸いです。

    キャンセル

  • 2019/01/25 12:58

    端的に言うと、Let's Encryptで安定稼働させるには試行錯誤が必要になります。

    キャンセル

  • 2019/01/25 14:59

    ありがとうございます。
    勉強したのち、試してみたいと思います。
    maisumakunさん的には、どの方法を学ぶのが良いと思いますか。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.61%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る