質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.59%

Alexaを使ったお弁当の注文

受付中

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 1,029

score 16

Alexaを使った実店舗の注文システムを作りたいと考えています。
お弁当屋さんに来たお客さんがAlexaに注文を話し、それを厨房に伝えるシステムです

イメージとしては以下のようになります。

客  「注文」//Alexaのインテントトリガー
Alexa「注文をどうぞ」//レスポンス
客  「○○を一つ○○の大盛りを2つ・・・」//関数(注文内容を厨房のタブレットにslackを使って表示
「~以上で」//注文を終わらせる文言
Alexa「注文は(注文内容繰り返し)でよろしかったでしょうか」
客  「はい」
Alexa「出来上がりまで少々お待ちください」//終了

Alexaに話したことをslackに表示させることはできたのですが、大盛りや弁当の個数、注文を終わらせるまでループ処理をさせる、といったところでつまずいております。なにかヒントをいただければ幸いです。

#coding : utf-8
"""
This sample demonstrates a simple skill built with the Amazon Alexa Skills Kit.
The Intent Schema, Custom Slots, and Sample Utterances for this skill, as well
as testing instructions are located at http://amzn.to/1LzFrj6

For additional samples, visit the Alexa Skills Kit Getting Started guide at
http://amzn.to/1LGWsLG
"""

from __future__ import print_function
import urllib.parse
import urllib.request


# --------------- Helpers that build all of the responses ----------------------

def build_speechlet_response(title, output, reprompt_text, should_end_session):
    return {
        'outputSpeech': {
            'type': 'PlainText',
            'text': output
        },
        'card': {
            'type': 'Simple',
            'title': "SessionSpeechlet - " + title,
            'content': "SessionSpeechlet - " + output
        },
        'reprompt': {
            'outputSpeech': {
                'type': 'PlainText',
                'text': reprompt_text
            }
        },
        'shouldEndSession': should_end_session
    }


def build_response(session_attributes, speechlet_response):
    return {
        'version': '1.0',
        'sessionAttributes': session_attributes,
        'response': speechlet_response
    }


# --------------- Functions that control the skill's behavior ------------------

def get_welcome_response():
    """ If we wanted to initialize the session to have some attributes we could
    add those here
    """

    session_attributes = {}
    card_title = "Welcome"
    speech_output = "注文をどうぞ"
    reprompt_text = "もう一度おねがいします"
    should_end_session = False
    return build_response(session_attributes, build_speechlet_response(
        card_title, speech_output, reprompt_text, should_end_session))


def handle_session_end_request():
    card_title = "Session Ended"
    speech_output = "Thank you for trying the Alexa Skills Kit sample. " \
                    "Have a nice day! "
    # Setting this to true ends the session and exits the skill.
    should_end_session = True
    return build_response({}, build_speechlet_response(
        card_title, speech_output, None, should_end_session))


def take_memo(intent, session):
    try:
        memo = intent["slots"]["contents"].get("value")
        url = ''//ここにwebhookを使って作成したURLを入れる
        params = urllib.parse.urlencode({"payload": {"text":":memo:"+memo}}).encode("utf-8")
        f = urllib.request.urlopen(url, params)
        speech_output = "注文を受け付けました"
    except:
        speech_output = "失敗しました"

    session_attributes = {}
    reprompt_text = None
    should_end_session = True
    return build_response(session_attributes, build_speechlet_response(
        intent['name'], speech_output, reprompt_text, should_end_session))


# --------------- Events ------------------

def on_session_started(session_started_request, session):
    """ Called when the session starts """

    print("on_session_started requestId=" + session_started_request['requestId']
          + ", sessionId=" + session['sessionId'])


def on_launch(launch_request, session):
    """ Called when the user launches the skill without specifying what they
    want
    """

    print("on_launch requestId=" + launch_request['requestId'] +
          ", sessionId=" + session['sessionId'])
    # Dispatch to your skill's launch
    return get_welcome_response()


def on_intent(intent_request, session):
    """ Called when the user specifies an intent for this skill """

    print("on_intent requestId=" + intent_request['requestId'] +
          ", sessionId=" + session['sessionId'])

    intent = intent_request['intent']
    intent_name = intent_request['intent']['name']

    # Dispatch to your skill's intent handlers
    if intent_name == "Memointent":
        return take_memo(intent, session)
    elif intent_name == "AMAZON.HelpIntent":
        return get_welcome_response()
    elif intent_name == "AMAZON.CancelIntent" or intent_name == "AMAZON.StopIntent":
        return handle_session_end_request()
    else:
        raise ValueError("Invalid intent")


def on_session_ended(session_ended_request, session):
    """ Called when the user ends the session.

    Is not called when the skill returns should_end_session=true
    """
    print("on_session_ended requestId=" + session_ended_request['requestId'] +
          ", sessionId=" + session['sessionId'])
    # add cleanup logic here


# --------------- Main handler ------------------

def lambda_handler(event, context):
    """ Route the incoming request based on type (LaunchRequest, IntentRequest,
    etc.) The JSON body of the request is provided in the event parameter.
    """
    print("event.session.application.applicationId=" +
          event['session']['application']['applicationId'])

    """
    Uncomment this if statement and populate with your skill's application ID to
    prevent someone else from configuring a skill that sends requests to this
    function.
    """
    # if (event['session']['application']['applicationId'] !=
    #         "amzn1.echo-sdk-ams.app.[unique-value-here]"):
    #     raise ValueError("Invalid Application ID")

    if event['session']['new']:
        on_session_started({'requestId': event['request']['requestId']},
                           event['session'])

    if event['request']['type'] == "LaunchRequest":
        return on_launch(event['request'], event['session'])
    elif event['request']['type'] == "IntentRequest":
        return on_intent(event['request'], event['session'])
    elif event['request']['type'] == "SessionEndedRequest":
        return on_session_ended(event['request'], event['session'])
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • y_waiwai

    2019/01/21 10:18

    > Alexaに話したことをslackに表示させること
    のところのコードを提示しましょう

    キャンセル

  • ka2

    2019/01/21 10:20

    スミマセン!忘れてしまっていました!

    キャンセル

回答 1

+1

こんにちは。

対話を続けるためにはセッションとステート(状態)の管理が必要ですね。
下が参考になります。

Alexaスキル開発トレーニングシリーズ 第3回 音声ユーザーインターフェースの設計 : Alexa Blogs

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.59%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る