質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.37%

  • Python

    12897questions

    Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

  • Python 3.x

    10772questions

    Python 3はPythonプログラミング言語の最新バージョンであり、2008年12月3日にリリースされました。

外部ライブラリのインストールをpycharmからしたいですがエラーが出てしまい出来ません

受付中

回答 0

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 850

sg918273

score 2

前提・実現したいこと

pycharmから外部ライブラリ(例:termcolor)をインストールしようとしてもエラーがでてインストールに失敗します
pycharm⇒Setting for new Project⇒project interpriterにおいてsystem interpreterをanaconda3¥python.exeに設定しております。
外部ライブラリをインストールできるようにしたいです。

発生している問題・エラーメッセージ

collecting termcolor
  Could not fetch URL https://pypi.org/simple/termcolor/: There was a problem confirming the ssl certificate: HTTPSConnectionPool(host='pypi.org', port=443): Max retries exceeded with url: /simple/termcolor/ (Caused by SSLError("Can't connect to HTTPS URL because the SSL module is not available.")) - skipping

pip is configured with locations that require TLS/SSL, however the ssl module in Python is not available.
  Retrying (Retry(total=4, connect=None, read=None, redirect=None, status=None)) after connection broken by 'SSLError("Can't connect to HTTPS URL because the SSL module is not available.")': /simple/termcolor/
  Retrying (Retry(total=3, connect=None, read=None, redirect=None, status=None)) after connection broken by 'SSLError("Can't connect to HTTPS URL because the SSL module is not available.")': /simple/termcolor/
  Retrying (Retry(total=2, connect=None, read=None, redirect=None, status=None)) after connection broken by 'SSLError("Can't connect to HTTPS URL because the SSL module is not available.")': /simple/termcolor/
  Retrying (Retry(total=1, connect=None, read=None, redirect=None, status=None)) after connection broken by 'SSLError("Can't connect to HTTPS URL because the SSL module is not available.")': /simple/termcolor/
  Retrying (Retry(total=0, connect=None, read=None, redirect=None, status=None)) after connection broken by 'SSLError("Can't connect to HTTPS URL because the SSL module is not available.")': /simple/termcolor/
  Could not find a version that satisfies the requirement termcolor (from versions: )
No matching distribution found for termcolor

試したこと

pip installやpip install -U pipでは
pip is configured with locations that require TLS/SSL, however the ssl module in Python is not available.
ERROR: You must give at least one requirement to install (see "pip help install")と表示されました

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

pip -V はpip 18.1 from C:\Users\kazuy\Anaconda3\pip (python 3.7)
python -VはPython 3.7.1です
Edit configurationにおいてはEnvironmentではなぜかpython interpreterにはanacona3¥python.exeを設定できませんでした。
コントロールパネルからはanaconda3,anaconda3¥scriptのpathは登録してみました。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.37%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る

  • Python

    12897questions

    Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

  • Python 3.x

    10772questions

    Python 3はPythonプログラミング言語の最新バージョンであり、2008年12月3日にリリースされました。