JavaScript条件分岐

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 255

YutaNkai

score 60

残り時間を表示し、それが1時間未満であれば1秒ずつ画面の時間を減らすプログラムです。動作自体はうまくいっていますが、
終盤のコメントアウトのところなのですが、このページに飛んできた場合もしくは、更新した場合の条件分岐になっています。

このページに飛んできた場合もしくは、更新した場合に締め切りが過去であれば、'終了'
recalc();の連続処理の中で時間が過去になった場合は'終了しました'としています(分岐の確認の為に行いました)

実行結果から、このページに飛んできた場合もしくは、更新した場合でもコメントアウトのconsole.log(1);は通過せず、
recalc()の中でしか判定できていません。問題はどこにありますか。

<!doctype html>
<html>

<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1">
  <meta http-equiv="x-ua-compatible" content="IE=edge">
  <title>5-01_countdown</title>
  <link href="../../book-js/_common/css/style.css" rel="stylesheet" type="text/css">
</head>

<body>
  <header>
    <div class="header-contents">
      <h1>カウントダウンタイマー</h1>
      <h2>1秒ごとに再計算する</h2>
    </div><!-- /.header-contents -->
  </header>
  <div class="main-wrapper">
    <section>
      <p>今から<span id="timer"></span>以内に注文すると50%オフ!</p>
      <p>このオークションは<span id="end"></span></p>
    </section>
  </div><!-- /.main-wrapper -->
  <footer>JavaScript Samples</footer>
  <script>
    var goal = new Date();
    goal.setHours(19);
    goal.setMinutes(50);
    goal.setSeconds(00);

    var countdown = function() {
      var now = new Date();
      var rest = goal.getTime() - now.getTime();
      var sec = Math.floor(rest / 1000) % 60;
      var min = Math.floor(rest / 1000 / 60) % 60;
      var hours = Math.floor(rest / 1000 / 60 / 60) % 24;
      var days = Math.floor(rest / 1000 / 60 / 60 / 24);
      var count = [days, hours, min, sec];
      return count;
    }

    var recalc = function() {
      var count = countdown();
      if (count[3] < 0) {
        document.getElementById('end').textContent = '終了しました';
      } else {
        var time = count[1] + '時間' + count[2] + '分' + count[3] + '秒';
        document.getElementById('timer').textContent = time;
        refresh();
      }
    }

    var refresh = function() {
      setTimeout(recalc, 1000);
    }

    var count = countdown();
    if (count[1] < 1) {
      recalc();
    } else if (count[3] < 0) {
      console.log(1);
      document.getElementById('end').textContent = '終了'; //質問です。
    } else {
      var time = count[1] + '時間' + count[2] + '分' + count[3] + '秒';
      document.getElementById('timer').textContent = time;
    }
  </script>
</body>

</html>
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+4

var count = countdown();
console.log(count);


でcountの中身を確認してみると

count[1]が1未満になっているのではないでしょうか。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.21%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る