質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.01%

python tkinter でのアプリケーション作成について

解決済

回答 2

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 685

ChaCha_MaRu

score 13

今回visual studio 2017 を用いて予定表のアプリケーションを作成しようと思っています。

# -*- coding:utf-8 -*-

import tkinter as tk

# カレンダーを作成するフレームクラス
class mycalendar(tk.Frame):
    def __init__(self,master=None,cnf={},**kw):
        "初期化メソッド"
        import datetime
        tk.Frame.__init__(self,master,cnf,**kw)

        # 現在の日付を取得
        now = datetime.datetime.now()
        # 現在の年と月を属性に追加
        self.year = now.year
        self.month = now.month

        # frame_top部分の作成
        frame_top = tk.Frame(self)
        frame_top.pack(pady=5)
        self.previous_month = tk.Label(frame_top, text = "<", font = ("",14))
        self.previous_month.bind("<1>",self.change_month)
        self.previous_month.pack(side = "left", padx = 10)
        self.current_year = tk.Label(frame_top, text = self.year, font = ("",18))
        self.current_year.pack(side = "left")
        self.current_month = tk.Label(frame_top, text = self.month, font = ("",18))
        self.current_month.pack(side = "left")
        self.next_month = tk.Label(frame_top, text = ">", font = ("",14))
        self.next_month.bind("<1>",self.change_month)
        self.next_month.pack(side = "left", padx = 10)

        # frame_week部分の作成
        frame_week = tk.Frame(self)
        frame_week.pack()
        button_mon = d_button(frame_week, text = "Mon")
        button_mon.grid(column=0,row=0)
        button_tue = d_button(frame_week, text = "Tue")
        button_tue.grid(column=1,row=0)
        button_wed = d_button(frame_week, text = "Wed")
        button_wed.grid(column=2,row=0)
        button_thu = d_button(frame_week, text = "Thu")
        button_thu.grid(column=3,row=0)
        button_fri = d_button(frame_week, text = "Fri")
        button_fri.grid(column=4,row=0)
        button_sta = d_button(frame_week, text = "Sat", fg = "blue")
        button_sta.grid(column=5,row=0)
        button_san = d_button(frame_week, text = "San", fg = "red")
        button_san.grid(column=6,row=0)

        # frame_calendar部分の作成
        self.frame_calendar = tk.Frame(self)
        self.frame_calendar.pack()

        # 日付部分を作成するメソッドの呼び出し
        self.create_calendar(self.year,self.month)

    def create_calendar(self,year,month):
        "指定した年(year),月(month)のカレンダーウィジェットを作成する"

        # ボタンがある場合には削除する(初期化)
        try:
            for key,item in self.day.items():
                item.destroy()
        except:
            pass

        # calendarモジュールのインスタンスを作成
        import calendar
        cal = calendar.Calendar()
        # 指定した年月のカレンダーをリストで返す
        days = cal.monthdayscalendar(year,month)

        # 日付ボタンを格納する変数をdict型で作成
        self.day = {}
        # for文を用いて、日付ボタンを生成
        for i in range(0,42):
            c = i - (7 * int(i/7))
            r = int(i/7)
            try:
                # 日付が0でなかったら、ボタン作成
                if days[r][c] != 0:
                    self.day[i] = d_button(self.frame_calendar,text = days[r][c])
                    self.day[i].grid(column=c,row=r)
            except:
                """
                月によっては、i=41まで日付がないため、日付がないiのエラー回避が必要
                """
                break

    def change_month(self,event):
        # 押されたラベルを判定し、月の計算
        if event.widget["text"] == "<":
            self.month -= 1
        else:
            self.month += 1
        # 月が0、13になったときの処理
        if self.month == 0:
            self.year -= 1
            self.month = 12
        elif self.month == 13:
            self.year +=1
            self.month =1
        # frame_topにある年と月のラベルを変更する
        self.current_year["text"] = self.year
        self.current_month["text"] = self.month
        # 日付部分を作成するメソッドの呼び出し
        self.create_calendar(self.year,self.month)

# デフォルトのボタンクラス
class d_button(tk.Button):
    def __init__(self,master=None,cnf={},**kw):
        tk.Button.__init__(self,master,cnf,**kw)
        self.configure(font=("",14),height=2, width=4, relief="flat")

# ルートフレームの定義      
root = tk.Tk()
root.title("Calendar App")
root.geometry("900x900")
mycal = mycalendar(root)
mycal.pack()
root.mainloop()

実現したい画面レイアウト

画像のように
・選択された日付の予定をしてに表示
・選択された日付に予定を追加し、表示欄に追加する
という機能を追加したいです。

この場合どのように書き直せばよいでしょうか。アドバイスよろしくお願いします。

ー追記ー
恥ずかしながらこのプログラムが初めてのTkinterへ触れる機会で、ほとんど知識がない状態です。このソースも友人にほとんど作成してもらったものなので、全てが理解出来ている訳ではありません。1度作成が終わったプログラムを元にコードの意味を考えて学んでいこうとしている次第です。超初心者で勝手なのですが解説のほどして頂ければ幸いです。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • hayataka2049

    2018/12/25 23:31

    インデントがすべて潰れているようなので、正確なコードに修正してください。質問は再編集できます。

    キャンセル

回答 2

checkベストアンサー

0

概要はhayataka2049さんの回答でよいと思います。
日付ボタンを押したら、それに対応する予定を選択表示する例のみ示します。

    def __init__(self,master=None,cnf={},**kw):  
        # 略
        # 予定を保持するコンテナ
        self.plans = {'20181226':'課題'} # ダミーデータ

    def create_calendar(self,year,month):  
        # 略
                # 日付が0でなかったら、ボタン作成  
                if days[r][c] != 0:  
                    self.day[i] = d_button(self.frame_calendar,text = days[r][c],
                    # https://stackoverflow.com/questions/30004505/how-do-you-find-a-unique-and-constant-id-of-a-widget
                        name='btn{:04d}{:02d}{:02d}'.format(year,month,days[r][c])) # 'btn20181226'などの名前をつける
                    self.day[i].bind("<1>",self.select_date)
                    # 略

    # 日付ボタンが押された
    def select_date(self,event):
        # 予定をクリア。ご自身で実装ください
        # この関数は、月が変わる change_month でも呼び出す必要があります。
        # self.clear_plan()

        # https://stackoverflow.com/questions/41291779/how-to-get-widget-name-in-event
        name = str(event.widget)
        date = name[name.find('.btn')+4:] # '20181226'
        if date in self.plans:
            print(self.plans[date])
            # 予定を表示する処理はご自身で実装ください。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/12/26 01:35 編集

    思ってた実装と違った。nameに入れられるのですね。私はyear,month,dayはd_buttonのインスタンス変数に持たせてcallbackもd_buttonのメソッドにし、self.callbackをtk.Button.__init__のときにcommandで渡そうとか思っていました。

    キャンセル

  • 2018/12/26 01:41

    d_buttonという派生クラス側に日付と動作を持たせるのもありですね。
    この回答の手法だと標準ボタンでも使えるので汎用性は高いかなと思います。

    キャンセル

  • 2018/12/26 02:13 編集

    最初からtk.Buttonで済ませる方針で書くならこっちですね。その方がスマートになるかもしれません。
    ただ、nameに押し込むよりは、属性を付け足してそっちに入れる方が個人的には好みです。そうするとintのtupleとかで管理できて、きもち扱いやすいはずです。
    self.day[i].ymd = (year, month, days[r][c])
    みたいな・・・そしてコールバック関数側では
    event.widget.ymd
    で取れる訳です。

    キャンセル

  • 2018/12/26 02:18

    そうですね。
    今回は派生クラスも準備されていますし、拡張性を考えると派生側に持たせた方がよいですね。

    キャンセル

0

ざっとですが下のような方針でできると思います。

  • とりあえず予定を管理するコレクション型のデータをどこかに作っておく
    (アプリを落としても予定を保持したい場合は、アプリ終了時にそのデータを直列化して一時ファイルに書き出し、起動時に読み込むなどする)
  • 予定を追加するボタンを作り、押すと適当に追加できるようにする
  • 下の枠はラベルか何かで作る
  • 日付のボタンのインスタンス生成時に年月日の情報を渡すことにする。また、コールバック関数を設定して、コールバック内で下の枠の表示を書き換える形にする

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.01%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる