質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.11%

WinAPI マルチスレッドにおける子ウィンドウの作成 ver.2

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 350

Weapon

score 78

 前提・実現したいこと

以前質問したteratail:WinAPI マルチスレッドにおける子ウィンドウの作成の未解決シンボルエラーの原因は定義されたファイルの未インクルードであったと思ったのですが少し改修しましたが複数定義のエラーが消えません.どのように記述すればいいのでしょうか?

また以前聞かれましたマルチスレッドにおける子ウィンドウ作成の目的はメインウィンドウの処理軽減です.常時ではなく必要なときのみ子ウィンドウを作成しそこに自作のプログレスバーを表示させ処理が済めばプログレスバーを子ウィンドウのスレッド諸共削除しようと考えたためです.常時何も描かない子ウィンドウを用意してもこの程度なら処理が特別重くなるものではないとは思いますが学習目的です.

 発生している問題・エラーメッセージ

LINK2005 cWindowProcは既にdefthread.objで定義
LINK2005 cwthreadは既にdefthread.objで定義
LINK1169 1つ以上の複数定義シンボルが存在

コード概要(前回同様)

スレッドへ渡すデータはPassHandleで親のHWNDとHINSTANCE
親ウィンドウプロシージャWM_CREATEで子ウィンドウ作成のスレッド作成
そのスレッドでWNDCLASSEX登録,ウィンドウ作成,子ウィンドウのプロシージャ作成 

 該当のソースコード

//main.cpp
#define UNICODE

#include <windows.h>
#include <process.h>
#include "defstructure.cpp"
#include "defthread.cpp"

LRESULT CALLBACK WindowProc(HWND, UINT, WPARAM, LPARAM);

const wchar_t CLASS_NAME[] = L"CLASS";

HINSTANCE hInst;

int WINAPI wWinMain(HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPWSTR nCmdLine, int nCmdShow) {
    UNREFERENCED_PARAMETER(hPrevInstance);
    UNREFERENCED_PARAMETER(nCmdLine);

    hInst = hInstance;

    WNDCLASSEX wc = {
        sizeof(WNDCLASSEX),CS_VREDRAW | CS_HREDRAW, WindowProc,
        0, 0, hInstance,
        NULL, NULL,(HBRUSH)GetStockObject(WHITE_BRUSH),
        NULL, CLASS_NAME, NULL
    };

    RegisterClassEx(&wc);

    HWND hwnd = CreateWindowEx(
        0, CLASS_NAME, L"Template", WS_OVERLAPPEDWINDOW,
        50, 50, 960, 525,
        NULL, NULL, hInstance, NULL
    );

    ShowWindow(hwnd, nCmdShow);
    UpdateWindow(hwnd);

    MSG msg = {};

    while (GetMessage(&msg, NULL, 0, 0)) {
        TranslateMessage(&msg);
        DispatchMessage(&msg);
    }

    return (int)msg.wParam;
}

LRESULT CALLBACK WindowProc(HWND hwnd, UINT uMsg, WPARAM wParam, LPARAM lParam) {
    switch (uMsg) {
    case WM_CREATE:

        static PassHandle *mph;
        mph->hwnd = hwnd;
        mph->hInst = hInst;

        _beginthreadex(NULL, 0, (_beginthreadex_proc_type)cwthread, mph, 0, NULL);
        break;

    case WM_PAINT:
    {
        PAINTSTRUCT ps = {};
        HDC hdc = GetDC(hwnd);

        BeginPaint(hwnd, &ps);
        FillRect(hdc, &ps.rcPaint, (HBRUSH)GetStockObject(BLACK_BRUSH));
        EndPaint(hwnd, &ps);
    }
    break;

    case WM_DESTROY:
        PostQuitMessage(0);
        return 0;
    }

    return DefWindowProc(hwnd, uMsg, wParam, lParam);
}
//defstructure.cpp
#pragma once

#include <windows.h>

struct PassHandle {
    HWND hwnd;
    HINSTANCE hInst;
};

const wchar_t CHILD_CLASS_NAME[] = L"Child Class Name";
//defthread.cpp
#pragma once

#ifndef UNICODE
#define UNICODE
#endif

#include <windows.h>
#include "defstructure.cpp"

LRESULT CALLBACK cWindowProc(HWND hwnd, UINT uMsg, WPARAM wParam, LPARAM lParam) {
    switch (uMsg) {
    case WM_CREATE:
        break;

    case WM_PAINT:
    {
        PAINTSTRUCT ps = {};
        HDC hdc = GetDC(hwnd);

        BeginPaint(hwnd, &ps);
        FillRect(hdc, &ps.rcPaint, (HBRUSH)GetStockObject(GRAY_BRUSH));
        EndPaint(hwnd, &ps);
    }
    break;

    case WM_DESTROY:
        PostQuitMessage(0);
        return 0;
    }

    return DefWindowProc(hwnd, uMsg, wParam, lParam);
}

DWORD WINAPI cwthread(LPVOID *lpvoid) {
    PassHandle *pd;
    pd = (PassHandle*)lpvoid;
    HWND hwnd = pd->hwnd;
    HINSTANCE hInst = pd->hInst;

    WNDCLASSEX wc = {
        sizeof(WNDCLASSEX),CS_VREDRAW | CS_HREDRAW, cWindowProc,
        0, 0, hInst,
        NULL, NULL,(HBRUSH)GetStockObject(WHITE_BRUSH),
        NULL, CHILD_CLASS_NAME, NULL
    };

    RegisterClassEx(&wc);

    HWND chwnd = CreateWindowEx(
        0, CHILD_CLASS_NAME, L"Child", WS_CHILD | WS_OVERLAPPEDWINDOW,
        5, 5, 960, 540,
        hwnd, 0, hInst, 0
    );

    ShowWindow(chwnd, SW_SHOW);
    UpdateWindow(chwnd);

    return 0;
}

 補足情報

Windows10
VisualStudio2017 Community

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

ヘッダとソースの違いを意識してください。

ソースからソースをincludeした結果
同一識別子の多重定義が発生しています。

手っ取り早く解決するのならmain.cpp以外の拡張子を.hppあたりに変更する事です。


原因を取り除きたい場合は、宣言と定義を分けて
定義を含んだソース(.cpp)のincludeをやめる事です。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.11%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる