質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.99%

vuex state値をmounted内で使いたい

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 3,010

holic

score 114

 前提

「vuex state値をmounted内で使いたい」とタイトルをつけさせていただきましたが、
下記に紹介するソース・目的とするゴールが本当にvue.jsの規定に沿っているのか自体が不安と考えております、合わせてご意見をいただけましたら今後のわたくしの勉強にもなると思います、お手数ではございますがよろしくお願いいたします。

ソース

store/posts.js(vuexのソース)

export const state = () => ({
    postsCategories: null
})

export const getters = {
    postsCategories: state => state.postsCategories
}

export const mutations = {
    setPostsCategories(state, postsCategories) {
        state.postsCategories = postsCategories
    }

}

export const actions = {
    async addPostsCategory({ commit }, payload) {
        const newCat = {}
        newCat[payload.slug] = payload
        //console.log(newCat)
        await this.$axios.$patch('/postscategory.json', newCat)
        const postsCategories = await this.$axios.$get('/postscategory.json')
        //const postsCategories = await this.$axios.$get('/postscategory/' + payload.id + '.json')
        commit('setPostsCategories', postsCategories)
    },
    async postsCategories({ commit }) {
        const postsCategories = await this.$axios.$get('/postscategory.json')
        commit('setPostsCategories', postsCategories)
    },

}

テンプレートファイルの記述

<template>
  <section class="container posts-page">
      <multiselect :selected="selected" :options="options" :multiple="true" @update="updateSelected" v-model="payload.categories" placeholder="カテゴリー選択"></multiselect >

        <ul>
          <li v-for="(cat,index) in postsCategories" :key="index">{{ cat.name }}</li>
        </ul>
  </section>
</template>

<script>
import { mapGetters } from "vuex";
import Multiselect from "vue-multiselect";
export default {
  components: { Multiselect },
  data() {
    return {
      selected: null,
      options:[]
    };
  },
  methods: {
    updateSelected(newSelected) {
      this.selected = newSelected;
    }
  },
  mounted() {
    const cat = this.$store.state.posts.postsCategories;
    console.log(cat);
    for (var value in cat) {
      this.options.push(value);
    }
  },
  created() {
    this.$store.dispatch("posts/postsCategories");
  },
  computed: {
    ...mapGetters("posts", ["postsCategories"])
  }
};
</script>

 出来ていること

  • 目的とするページに遷移をするとcreatedが作動、store/post.jsのpostsCategoriesという名のstateに格納しております。値はオブジェクトとして格納しております。
  • computedのmapGettersでpostsCategoriesを getter関数として取得し、htmlにレンダリング可能です。

実現したいこと

  • multiselectという子コンポーネントにprops要素としてoptionsを設けております。渡す値をpostsCategoriesの"name"を基にした配列を入れたい。
  • postsCategoriesはオブジェクトであるので配列に変換しなければならない。
  • postsCategoriesの中身はこんな感じである  { "nuxt": { "name": "Nuxt.js", "slug": "nuxt" }, "laravel": { "name": "Laravel", "slug": "laravel" }, "wp": { "name": "wordPress", "slug": "wp" }}
  • mapGettersでgetterとして、postsCategoriesは取得しております、このpostsCategoriesをsetter関数として使うことはできるのか。

試したこと

mountedにセットしようとしてみましたが、値はセットされませんでした。

  mounted() {
    const cat = this.$store.state.posts.postsCategories;
    console.log(cat);
    for (var value in cat) {
      this.options.push(value);
    }
  },


上記の経験から、store.state値をどのようにsetterとして使えばよいのか、悩みだしました。
そもそもの考え方が違うのではないのかとも悩み始めております。

vue.js,vuexに詳しい方がいらっしゃいましたら、是非とも教えていただきたいです。
よろしくお願いいたします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

created() にて postsCategories のリクエストを行っているわけですが、それは非同期処理なので、その結果が mounted() までに取得できているという保証がありません。そのため、

  mounted() {
    const cat = this.$store.state.posts.postsCategories;
    console.log(cat);
    for (var value in cat) {
      this.options.push(value);
    }
  },


にてthis.$store.state.posts.postsCategoriesnullになっているのではないかと思われます。

ではどうやって postsCategories が取得できたタイミングで this.options をセットするかという話になりますが、せっかく Vue を使っているので computed を使って postsCategories から options を計算するようにすれば簡単に実現できます。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/11/14 13:42 編集

    karamarimo様ご返答ありがとうございます。
    >それは非同期処理なので、その結果が mounted() までに取得できているという保証がありません。
    内容理解いたしました、computedにて書き直しました。
    見事に解決できました。

    computedの箇所のみ抜粋
    ```
    computed: {
    options() {
    let options = [];
    const cat = this.$store.state.posts.postsCategories;
    console.log(cat);
    for (var value in cat) {
    options.push(value);
    }
    return options;
    },
    ...mapGetters("posts", ["postsCategories"])
    }
    ```

    より「vuex」「computed」の理解を深めたいので何点か質問をさせてください。
    ・computedはdataにある値を監視し、変更があるとリファクタリング(発動)するというのを認識しておりました、この場合、「postsCategories」というstoreのstate値を監視し発動をしたことになります。storeのstate値に存在するものはdataに存在するのと同じであると考えてよろしいのでしょうか。

    ・`const cat = this.$store.state.posts.postsCategories`を試しに、

    `const cat = this.postsCategories`
    にしてみましたが、これも正常に動きました。vuexのstate値の取り出し方法は本来の規約としてはこちらのgettersを介す方法がただしいのでしょうか。(直接state値を取りに行くのは良くないのでしょうか)

    キャンセル

  • 2018/11/14 14:41 編集

    > storeのstate値に存在するものはdataに存在するのと同じであると考えてよろしいのでしょうか。

    どういう意味で同じということなのか分かりかねますが、Vuexのstoreは component の dataと同様に reactive であるという前提で扱えますが、直接代入などをしてはいけない(mutationを通じて行う必要がある)という点で異なります。

    > vuexのstate値の取り出し方法は本来の規約としてはこちらのgettersを介す方法がただしいのでしょうか。(直接state値を取りに行くのは良くないのでしょうか)

    getterを介する必要はありませんが、毎回 this.$store.state.... と書くのではなく、computed property としてアクセスするのが推奨されているようです。
    https://vuex.vuejs.org/guide/state.html
    これも、getter などと同様に mapState というヘルパー関数でコンパクトに書けます(上のリンクに使い方が書かれています)。

    キャンセル

  • 2018/11/14 19:43

    追記質問のご返答もありがとうございます、
    理解が深まりました。
    大変感謝いたします。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.99%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる