質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.03%

AWS IoT にて MQTTプロトコル のブローカー作成方法

解決済

回答 2

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,243

tkz

score 23

現在自身初めてのIoTプロジェクトのディベロップメントをしています。
概要は、アプリ開発及び通信プラットフォームの準備をこちらで行い、他社の提供する組み込みシステム入りの機器に連結して完結させるという一連の開発です。

運よく2015年にAWS IoTが発表された事により、ブローカー作成及びその他一連の開発コストが大幅に削減されました。しかし個人的には、このサービスの利用経験がなく、かつ組み込みシステム入りの機器を提供して頂く会社より早急にIP/ポートアドレスの提供を求められ、あくせくしております。

どのようにAWS IoTにてMQTT用のブローカー作成を行い、当サービス用の独立したIP/ポートを建設したらいいのでしょうか?
【https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/iot/latest/developerguide/iot-dg.pdf】
上記の開発者ガイドを読んでみたものの、理解度がいまいちでした。

もしAWS IoTを利用したサービス開発経験者や、この分野に詳しい技術者の方がおりましたら、一つアドバイス、或いは、簡易で構いませんのでやり方をご教示頂けませんでしょうか。
宜しくお願い致します。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

checkベストアンサー

+1

どのようにAWS IoTにてMQTT用のブローカー作成を行い、当サービス用の独立したIP/ポートを建設したらいいのでしょうか?

おそらくここで言う AWSIoT というのは AWSIoTCore の事だと思うのですが、そもそもこのサービス自身がMQTTのブローカーであるので、新たにブローカーを作成する必要はありません。なので独立したIP/ポートを建設することはできないと思います。
AWSIoTを利用するということは、対象デバイスはMQTTに対応していると思うので、デバイスからAWSIoTにMQTTでPub/Subできるように証明書をヘッダーに持たせる必要があります。この証明書はAWSIoTのコンソール画面から作成することができます。

ラズパイからMQTTでAWSIoTにPub/Subしている記事があるので参考までに。
https://qiita.com/is_ryo/items/ecf822b12513be1bc156

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/11/16 18:17

    ありがとうございます。
    記事大変参考になりました。
    上記の記事をもとに、AWS IoT Core をセッティングし、ポリシー・証明書を発行の上、任意のThing(デバイス)を接続させてみたのですが、IPアドレスとポート番号に関してやはり疑問が残った形となりました。

    デバイス側の設定時に、どのIPアドレス及びポート番号をビルドインすればいいのでしょうか?

    知人にも尋ね、MQTTをプロトコルで使用するのであれば、ポート番号は下記のURL①にあるように8883で問題ないと言っていたので、それは大丈夫だとして、IPアドレスは使えるレンジがあるみたいなのですが(URL②)、日本はどこに当たり、どのようにIPアドレスを設定(予約)すればよいのか、色々模索したのですが、結局わかりませんでした。
    URL②にあるのは、グローバルIPアドレスという認識で正しいですか。

    もしどのように解決すればよいかご存知であれば、ご教示いただけますと幸いです。

    URL①:https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2018/02/aws-iot-core-now-supports-mqtt-connections-with-certificate-based-client-authentication-on-port-443/
    URL②:https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/general/latest/gr/aws-ip-ranges.html

    キャンセル

  • 2018/11/19 14:28

    AWSIoTCoreはMQTTのブローカーであって、サーバではありません。なのでIPアドレスという概念はないです。
    AWSIoTCoreに対してMQTTを投げる時(Pub)は、AWSIoTCoreのカスタムエンドポイントがリクエストの受け口になります。
    MQTTはHTTPとはかなり違うプロトコルの仕様ですので、MQTTの仕様を確認してみるのもいいかもしれません。

    キャンセル

0

Message Broker for AWS IoT
The AWS IoT message broker is a publish/subscribe broker service that enables the sending and receiving of messages to and from AWS IoT. When communicating with AWS IoT, a client sends a message addressed to a topic like Sensor/temp/room1.

Note

We do not recommend using personally identifiable information in your topic names.

The message broker, in turn, sends the message to all clients that have registered to receive messages for that topic. The act of sending the message is referred to as publishing. The act of registering to receive messages for a topic filter is referred to as subscribing.

The topic namespace is isolated for each AWS account and region pair. For example, the Sensor/temp/room1 topic for an AWS account is independent from the Sensor/temp/room1 topic for another AWS account. This is true of regions, too. The Sensor/temp/room1 topic in the same AWS account in us-east-1 is independent from the same topic in us-east-2. AWS IoT does not support sending and receiving messages across AWS accounts and regions.

The message broker maintains a list of all client sessions and the subscriptions for each session. When a message is published on a topic, the broker checks for sessions with subscriptions that map to the topic. The broker then forwards the publish message to all sessions that have a currently connected client.

If your use case does not require IoT, see AWS Messaging for information about other AWS messaging services that better fit your requirements. if you become a Experts in IoT Enrollnow free demo for IoT training 

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.03%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる