質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.58%

ES6(ES2015)の分割代入の仕様について

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 624

Fujiman

score 19

ES6の地雷(と思ってるのは自分だけだと思いますが)を踏んで
10時間ほど無駄にしてしまったことについて教えてください

私が思っている「地雷」というのは
「分割代入をするとオブジェクトのプロパティーが、
オブジェクトの外のスコープに飛び出してくる」というものです

let data = { hoge: 'ほ げ', foo: { piyo : 'ぴよ' , goo: 'ぐぅ' }}
data.foo.piyo // "ぴよ"
piyo       // undefined
let { hoge, foo, foo: {piyo, goo} } = data
foo.piyo     // "ぴよ"
piyo         // "ぴよ"

これで困ったのはこの分割代入の後で、同名の変数を定義したらエラーになることです

let data = { hoge: 'ほ げ', foo: { piyo : 'ぴよ' , goo: 'ぐぅ' }}
let { hoge, foo, foo: {piyo, goo} } = data
let piyo = 'ぽにょ'

/*
多重宣言のエラー
SyntaxError: redeclaration of let piyo  note: Previously declared
*/


気をつけてないと、ずーっと離れた場所で意味不明なエラーに
出くわしてしまいます

これ困りませんか?私だけ?
もしかしたらFAQなのかもしれませんがこういうものでしょうか?

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+3

すみませんが、「どうして問題なのか」が分かりません。
分割代入は関係なくて、

let piyo = 'ぴよ';
let piyo = 'ぽにょ'; // SyntaxError: redeclaration of let piyo  note: 

こういうことではないでしょうか。
この動作が意図せぬ動作なら、同名変数の再定義を許す var を使う回避手段があります。

ただし、同名変数の再定義は不具合の発見を遅らせる原因となりうるので、基本的には同名変数を再定義しないよう、変数名を管理すべきだとは思います。

Re: Fujiman さん

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/11/13 12:18 編集

    ありがとうございます。
    自分の理解では分割代入する前の変数piyoの参照がundefinedとなって
    分割代入後は値が返ってくる現象にビックリしたのですが・・・
    分割代入と言っても、あくまで’piyo’はオブジェクトfooのプロパティーで
    その外には影響しないものと思っていました
    今後こういうものと理解します

    キャンセル

  • 2018/11/13 12:30

    分割代入は変数宣言の亜種に過ぎないので、変数初期化処理は通常の変数宣言と同様に振る舞います。

    ただ、
    piyo     // undefined
    は実装バグのような気がしますね。
    let はTDZによって、variable hoisting が起きないはずで、分割代入だけ例外処理を入れる理由はなさそうですが…。

    キャンセル

  • 2018/11/13 12:51

    ひとつ目の例3行目は`undefined`ではなく`Uncaught ReferenceError: piyo is not defined`の間違いではないでしょうか。
    let宣言でもホイスティングは発生しますが、代入までに参照すると`Uncaught ReferenceError`になります。(var宣言でのホイスティングは、代入前に参照すると`undefined`になります)

    キャンセル

  • 2018/12/06 14:23

    >変数初期化処理は通常の変数宣言と同様に振る舞います
    これがわかってなくて、なんとなく左辺も構造を保ったままのイメージを抱いてしまってて混乱してました

    >`undefined`ではなく`Uncaught ReferenceError: piyo is not defined`の間違いではないでしょうか
    そのとおりです。参照のタイミングによるエラーの示す意味の違いを理解していませんでした

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.58%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る