質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.81%

coremltoolsを使ってモデルを変換する際に生じたエラー(relu6)について

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,616

mikanken

score 10

coremltoolsを使ってモデルを変換する際に以下のようなエラーが出てしまいます

Traceback (most recent call last):
File "convert.py", line 5, in <module>
with CustomObjectScope({'relu6': keras.applications.mobilenet.relu6,'DepthwiseConv2D': keras.applications.mobilenet.DepthwiseConv2D}):model = coremltools.converters.keras.convert('CIFAR-10.h5')
AttributeError: module 'keras.applications.mobilenet' has no attribute 'relu6'

解決方法を教えていただきたいです。
以下のコードでモデルを学習し、変換しています。
学習のコードはGithubのコードをそのまま使い動かすことはできたのですが、mlmodelに変換する際にエラーが生じます。

#cif.py
#CIFAR-10のデータセットのインポート
from keras.datasets import cifar10
(X_train, Y_train), (X_test, Y_test) = cifar10.load_data()

#CIFAR-10の正規化
from keras.utils import to_categorical


# 特徴量の正規化
X_train = X_train/255.
X_test = X_test/255.

# クラスラベルの1-hotベクトル化
Y_train = to_categorical(Y_train, 10)
Y_test = to_categorical(Y_test, 10)

# CNNの構築
import keras
from keras.models import Sequential
from keras.layers.convolutional import Conv2D, MaxPooling2D
from keras.layers.core import Dense, Dropout, Activation, Flatten
import numpy as np

model = Sequential()

model.add(Conv2D(32, (3, 3), padding='same',input_shape=X_train.shape[1:]))
model.add(Activation('relu'))
model.add(Conv2D(32, (3, 3)))
model.add(Activation('relu'))
model.add(MaxPooling2D(pool_size=(2, 2)))
model.add(Dropout(0.25))

model.add(Conv2D(64, (3, 3), padding='same'))
model.add(Activation('relu'))
model.add(Conv2D(64, (3, 3)))
model.add(Activation('relu'))
model.add(MaxPooling2D(pool_size=(2, 2)))
model.add(Dropout(0.25))

model.add(Flatten())
model.add(Dense(512))
model.add(Activation('relu'))
model.add(Dropout(0.5))
model.add(Dense(10))
model.add(Activation('softmax'))

# コンパイル
model.compile(loss='categorical_crossentropy',optimizer='SGD',metrics=['accuracy'])

#訓練
history = model.fit(X_train, Y_train, epochs=20)

# モデルの保存
model.save('./CIFAR-10.h5')

#評価 & 評価結果出力
print(model.evaluate(X_test, Y_test))

#モデルの図示化
from keras.utils import plot_model
plot_model(model, to_file='model.png',show_shapes=True)
import coremltools
import keras

from keras.utils.generic_utils import CustomObjectScope
with CustomObjectScope({'relu6': keras.applications.mobilenet.relu6,'DepthwiseConv2D': keras.applications.mobilenet.DepthwiseConv2D}):model = coremltools.converters.keras.convert('CIFAR-10.h5')

model.save('cif10.mlmodel')
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

check解決した方法

0

python3で実行していたのをpython2で再実行するとサンプル通りに動きました。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.81%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る