質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.19%

Instagram APIを取得する際に、表示件数やハッシュタグも含めて表示する方法を教えて下さい。(jsとphp使用の場合)

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 2
  • VIEW 6,599

windows8

score 14

※phpとjsの知識がないに等しいです。

Instagram APIを取得して、サイトに画像を(件数やハッシュタグを設定して)表示したいと考えております。
画像の表示自体は『jquery-instagram』というjQueryを使用して表示することができました。
しかし、ソースにアクセストークンが表示されていると危険だとInstagramの解説サイトで知りました。

その解説サイト(http://syncer.jp/instagram-api-matome)と別サイト(http://marimelody.net/web/jquery-ajax/)を参考(コピペ)にして、データ取得までをPHPで行い、JavaScriptで表示する方法をとることにしました。

上記の方法で画像を表示することはできたのですが、画像の表示件数(1件だけにしたい)を変更したりハッシュタグで画像を表示させる方法(何をどこに追記すればよいか)を教えて下さい。初歩的な質問で申し訳ありませんが、使用しているソースなどを記載しますので、アドバイスをよろしくお願い致します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◎html
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.8.2/jquery.min.js"></script>
<script type="text/javascript" src="js/jquery.instagram.js"></script>
<script type="text/javascript" src="js/instagram.js"></script>
<title>無題ドキュメント</title>
</head>
<body>
<div class="instagram"></div>
</body>
</html>

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◎instagram.php
<?php
//POSTリクエストの場合のみ受付
if($_SERVER['REQUEST_METHOD'] == 'POST'){
    //アクセストークン
    $access_token = "アクセストークン";
    //JSONデータを取得して出力
    echo @file_get_contents("https://api.instagram.com/v1/users/self/media/recent/?access_token={$access_token}");
    //終了
    exit;
}
?>

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◎instagram.js
// JavaScript Document
$(function(){
    var $container = $(".instagram");
    var html = "";
 
    $.ajax({
        url: "instagram.php",//PHPファイルのURL
        type:"POST",
        dataType: "json"
    }).done(function(data){
        //通信成功時の処理
        $.each(data.data,function(i,item){
            var imgurl = item.images.low_resolution.url; //低解像度の画像のURLを取得
            var link = item.link; //リンクを取得
            html += "<li><a href='" + link + "' target='_blank'><img src='" + imgurl + "'></a></li>";
        });
    }).fail(function(){
        //通信失敗時の処理
        html = "<li>画像を取得できません。</li>";
    }).always(function(){
        //通信完了時の処理
        $container.html(html);
    });
});

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◎jquery-instagram.js
/*
 * Instagram jQuery plugin
 * v0.2.1
 * http://potomak.github.com/jquery-instagram/
 * Copyright (c) 2012 Giovanni Cappellotto
 * Licensed MIT
 */

(function ($){
  $.fn.instagram = function (options) {
    var that = this,
        apiEndpoint = "https://api.instagram.com/v1",
        settings = {
            hash: null
          , userId: null
          , locationId: null
          , search: null
          , accessToken: null
          , clientId: null
          , show: null
          , onLoad: null
          , onComplete: null
          , maxId: null
          , minId: null
          , next_url: null
          , image_size: null
        };
        
    options && $.extend(settings, options);
    
    function createPhotoElement(photo) {
      var image_url = photo.images.thumbnail.url;
      
      if (settings.image_size == 'low_resolution') {
        image_url = photo.images.low_resolution.url;
      }
      else if (settings.image_size == 'thumbnail') {
        image_url = photo.images.thumbnail.url;
      }
      else if (settings.image_size == 'standard_resolution') {
        image_url = photo.images.standard_resolution.url;
      }

      return $('<div>')
        .addClass('instagram-placeholder')
        .attr('id', photo.id)
        .append(
          $('<a>')
            .attr('target', '_blank')
            .attr('href', photo.link)
            .append(
              $('<img>')
                .addClass('instagram-image')
                .attr('src', photo.images.low_resolution.url)
            )
        );
    }
    
    function createEmptyElement() {
      return $('<div>')
        .addClass('instagram-placeholder')
        .attr('id', 'empty')
        .append($('<p>').html('No photos for this query'));
    }
    
    function composeRequestURL() {

      var url = apiEndpoint,
          params = {};
      
      if (settings.next_url != null) {
        return settings.next_url;
      }

      if (settings.hash != null) {
        url += "/tags/" + settings.hash + "/media/recent";
      }
      else if (settings.search != null) {
        url += "/media/search";
        params.lat = settings.search.lat;
        params.lng = settings.search.lng;
        settings.search.max_timestamp != null && (params.max_timestamp = settings.search.max_timestamp);
        settings.search.min_timestamp != null && (params.min_timestamp = settings.search.min_timestamp);
        settings.search.distance != null && (params.distance = settings.search.distance);
      }
      else if (settings.userId != null) {
        url += "/users/" + settings.userId + "/media/recent";
      }
      else if (settings.locationId != null) {
        url += "/locations/" + settings.locationId + "/media/recent";
      }
      else {
        url += "/media/popular";
      }
      
      settings.accessToken != null && (params.access_token = settings.accessToken);
      settings.clientId != null && (params.client_id = settings.clientId);
      settings.minId != null && (params.min_id = settings.minId);
      settings.maxId != null && (params.max_id = settings.maxId);
      settings.show != null && (params.count = settings.show);

      url += "?" + $.param(params)
      
      return url;
    }
    
    settings.onLoad != null && typeof settings.onLoad == 'function' && settings.onLoad();
    
    $.ajax({
      type: "GET",
      dataType: "jsonp",
      cache: false,
      url: composeRequestURL(),
      success: function (res) {
        var length = typeof res.data != 'undefined' ? res.data.length : 0;
        var limit = settings.show != null && settings.show < length ? settings.show : length;
        
        if (limit > 0) {
          for (var i = 0; i < limit; i++) {
            that.append(createPhotoElement(res.data[i]));
          }
        }
        else {
          that.append(createEmptyElement());
        }

        settings.onComplete != null && typeof settings.onComplete == 'function' && settings.onComplete(res.data, res);
      }
    });
    
    return this;
  };
})(jQuery);




  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • ikuwow

    2015/10/31 22:46

    ソースコードは見やすくシンタックスハイライトしていただけると助かります。また「phpとjsの知識がないに等しい」だととても説明しづらくなってしまうため、自分が書いたコードの動作について理解している部分とそうでない部分を追記してもらえると答えやすくなります。

    キャンセル

回答 1

checkベストアンサー

0

表示件数を1件にするについてはinstagramAPIのリファレンスにcountというパラメータを指定すれば出来ると書いてあるので指定すれば出来ると思います。
https://instagram.com/developer/endpoints/users/#get_users_media_recent_self

// instagram.php 
// &count=1を追加
echo @file_get_contents("https://api.instagram.com/v1/users/self/media/recent/?access_token={$access_token}&count=1");


ハッシュタグの画像を表示するについては、エンドポイントが異なり以下のようなURLになります。
https://api.instagram.com/v1/tags/{tag-name}/media/recent?access_token=ACCESS-TOKEN

ハッシュタグのエンドポイントは以下を参考にしてください。
https://instagram.com/developer/endpoints/tags/#get_tags_media_recent 

{tag-name}はURLエンコードした値を指定します。
// instagram.php 
$hashtag = urlencode('焼肉'); // 焼肉タグを取得する場合
echo @file_get_contents("https://api.instagram.com/v1/tags/{$hashtag}/media/recent/?access_token={$access_token}"); 

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.19%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • トップ
  • PHPに関する質問
  • Instagram APIを取得する際に、表示件数やハッシュタグも含めて表示する方法を教えて下さい。(jsとphp使用の場合)