質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.57%

2つ間の日付を配列で取得したい

解決済

回答 2

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 546

sgyeta

score 23

 前提・実現したいこと

現在の日付から1年前と1年後を計算して
その間の日付の年月を取得したいのですが
いまいち書き方がわからなかったのでご教示頂きたいです。

欲しい値としては(年,月)を(Int,Int)の配列で取得したいです。
実行結果で言うところ26以下の部分の情報は不要です。

 該当のソースコード

let calendar = Calendar.current
let date = Date()
let oneYearAgoDate = calendar.date(byAdding: .year, value: -1, to: date)!
let oneYearLaterDate = calendar.date(byAdding: .year, value: 1, to: date)!
let oneYearLaterDateMonth = calendar.component(.month, from: oneYearLaterDate)
let oneYearLaterDateYear = calendar.component(.year, from: oneYearLaterDate)

var tmpDate = oneYearAgoDate
var month = calendar.component(.month, from: tmpDate)
var year = calendar.component(.year, from: tmpDate)

while( oneYearLaterDateMonth != month || oneYearLaterDateYear != year ){
    let addedDate = calendar.date(byAdding: .month, value: 1, to: tmpDate)!
    print(addedDate)
    tmpDate = addedDate

    month = calendar.component(.month, from: addedDate)
    year = calendar.component(.year, from: addedDate)
}

 実行結果

2017-11-26 05:51:04 +0000
2017-12-26 05:51:04 +0000
2018-01-26 05:51:04 +0000
2018-02-26 05:51:04 +0000
2018-03-26 05:51:04 +0000
2018-04-26 05:51:04 +0000
2018-05-26 05:51:04 +0000
2018-06-26 05:51:04 +0000
2018-07-26 05:51:04 +0000
2018-08-26 05:51:04 +0000
2018-09-26 05:51:04 +0000
2018-10-26 05:51:04 +0000
2018-11-26 05:51:04 +0000
2018-12-26 05:51:04 +0000
2019-01-26 05:51:04 +0000
2019-02-26 05:51:04 +0000
2019-03-26 05:51:04 +0000
2019-04-26 05:51:04 +0000
2019-05-26 05:51:04 +0000
2019-06-26 05:51:04 +0000
2019-07-26 05:51:04 +0000
2019-08-26 05:51:04 +0000
2019-09-26 05:51:04 +0000
2019-10-26 05:51:04 +0000
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • takabosoft

    2018/10/26 15:15 編集

    具体的に「いまいち書き方がわからなかった」のはどんな処理でしょうか?(現状のコードで何か問題はありますか?)

    キャンセル

  • sgyeta

    2018/10/26 15:22

    コメントありがとうございます。具体的には計算で求めた1年前と1年後の間に当たるDate型の日付の求め方が、上記の書き方だと単調だと思ったので、もっと簡潔に求めることが出来る方法がないかと思い質問させて頂きました。

    キャンセル

  • takabosoft

    2018/10/26 15:47

    なるほど。で、「現在の日付から1年前と1年後」というのは、今日が2018-10-26だとして、2017-11から2019-10までで良いのでしょうか? 2017-10が抜けていますが、意図したものですか?

    キャンセル

  • sgyeta

    2018/10/26 15:49

    意図したものではないですね・・・。2017-10〜2019-10で取得がしたいです。

    キャンセル

回答 2

checkベストアンサー

0

こんな感じでしょうかねー
やろうと思えば、もう少し短く書けますが、今回はわかり易さ重視で書いています。

    func hoge() -> [(Int, Int)] {
        var result: [(Int, Int)] = []

        let calendar = Calendar(identifier: .gregorian)
        let date = Date()
        var year = calendar.component(.year, from: date) - 1
        var month = calendar.component(.month, from: date)

        for _ in 0...24 {
            result.append((year, month))
            month += 1
            if month == 13 {
                year += 1
                month = 1
            }
        }

        return result
    }
[(2017, 10), (2017, 11), (2017, 12), (2018, 1), (2018, 2), (2018, 3), (2018, 4), (2018, 5), (2018, 6), (2018, 7), (2018, 8), (2018, 9), (2018, 10), (2018, 11), (2018, 12), (2019, 1), (2019, 2), (2019, 3), (2019, 4), (2019, 5), (2019, 6), (2019, 7), (2019, 8), (2019, 9), (2019, 10)]

注意点としてCalendar.currentを使ってしまうと端末が和暦設定になっている場合、calendar.component(.year, from: date)で取れる値は2018ではなく平成30年の30になります。西暦で欲しければ上記の書き方にしてください。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/10/26 16:09

    ご回答頂きありがとうございます!

    早速手元で試してみました。
    >注意点としてCalendar.currentを使ってしまうと端末が和暦設定になっている場合、
    calendar.component(.year, from: date)で取れる値は2018ではなく平成30年の30になります

    こちらは知らなかったので非常に勉強になりました。
    ありがとうございました!

    キャンセル

0

せっかくなのでDateComponentsを活用して書いてみました。

let calendar = Calendar.current//(identifier: .gregorian)
let date = Date()
var addComps = DateComponents()
for month in -12...12 {
    addComps.month = month
    if let date = calendar.date(byAdding: addComps, to: date) {
        let comps = calendar.dateComponents([.year, .month], from: date)
        print(comps.year ?? 0, comps.month ?? 0)
    }
}
2017 10
2017 11
2017 12
2018 1
2018 2
2018 3
2018 4
2018 5
2018 6
2018 7
2018 8
2018 9
2018 10
2018 11
2018 12
2019 1
2019 2
2019 3
2019 4
2019 5
2019 6
2019 7
2019 8
2019 9
2019 10

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/10/29 00:19

    ご回答頂きありがとうございます!

    Swiftの日時操作不慣れなので、非常に勉強になります!

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.57%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る