質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.03%

AWS Cloud9 Laravel5.5 でURLをpublic無で表示させたい

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 500

ach

score 11

AWS Cloud9 でLaravle5.5の学習をしています。 

URLを下記のように cms/public 無しで表示できるようにしたいのですが、
実現できてません。

「https://****.cloud9.us-east-2.amazonaws.com/cms/public」

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「https://****.cloud9.us-east-2.amazonaws.com/」

書籍を参考にしながら、ドキュメントルート変更の設定を変更すべく
以下のコマンドを打ちましたが、vim の編集画面になにも表示されません。

:~/environment $ sudo vim /etc/apache2/sites-enabled/001-cloud9.conf

イメージ説明
イメージ説明
書籍では、confファイルの内容がvimに表示されるのですが、
私の場合は表示されません。

教えて頂いたコマンドを打ったら、以下のようになりました。
そんなファイルやディレクトリは無いよ。
と言われているみたいです。

co-tan:~/environment $ ls -l /etc/apache2/sites-enabled/
ls: cannot access /etc/apache2/sites-enabled/: No such file or directory

URLにpublicを付けずに表示できるようにしたいのですが、
ドキュメントルートを編集するファイルを見つけることができません。

co-tan:~/environment $ sudo vim /etc/apache2/sites-enabled/001-cloud9.conf
指定するファイルが違うのでしょうか?
どれともコマンドを打つ今いるディレクトリが違うのでしょうか?

お詳しい方がいらっしゃいましたら、ご教示いただけますと幸いです。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • ach

    2018/10/26 15:36

    無いから空白なんですね、ありがとうございます。

    キャンセル

  • ach

    2018/10/26 15:40

    ドキュメントルートを変更するには書籍には「$ sudo vim /etc/apache2/sites-enabled/001-cloud9.conf」を打つと書いてありましたが、今回ファイルがどうしてないのでしょうか?他のファイルにドキュメントルートが書いてあるのでしょうか?

    キャンセル

  • ach

    2018/10/29 18:19

    今回はCloud9での学習をいったん諦め、xamppをインストールし書籍通り学習してみたいと思います。いろいろと教えて頂きありがとうございます。

    キャンセル

回答 1

checkベストアンサー

+1

apacheを立てているのでしょうか。

学習のためということであれば、ビルトインサーバを使用しても良いかもしれません。

~/environment/cms $php artisan serve --port=8080 (ポート番号は任意)

cloud9上にある「Preview」の「Preview Running Application」をクリック

cloud9画面内にLaravelのブラウザ画面が出ると思うので、右上のブラウザnew Windowボタンで新規タブを表示。

これで求めるURLになると思います。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/10/26 14:38 編集

    早速の回答ありがとうございます!

    教えて頂いた方法でブラウザにアクセスしたところ、
    以下のようにURL末尾にcms/publicを付けると表示されるのですが
    https://****.cloud9.us-east-2.amazonaws.com/cms/public/

    以下のようにcms/publicを付けずにURLを入力すると、アクセスできません。
    https://****.cloud9.us-east-2.amazonaws.com/

    書籍ではWebサーバーのドキュメントルートを編集し、設定を変えるとありますが、
    私の場合は以下のコマンドを打ってVimて編集しようとしても、上記の画像のようになにも編集するファイルが表示されません。
    指定するファイルが違うのでしょうか?
    $ sudo vim /etc/apache2/sites-enabled/001-cloud9.conf

    キャンセル

  • 2018/10/26 14:53

    なお、今までは画面上部の緑色のRUNボタンを押し、
    Preview > Preview RunningApplication をクリックし、
    サーバーを立ち上げていました。

    キャンセル

  • 2018/10/27 08:05

    多くの情報では
    sudo vim /etc/apache2/sites-enabled/001-cloud9.conf
    を編集するとありましたが、私のcloud9環境にもそのようなファイルはありませんでした。
    こちらでも引き続き調査をしてみます。

    キャンセル

  • 2018/10/29 18:16

    恐れ入ります。ありがとうございます。
    私も調べてみて、以下のサイトが答えなのかと思いましたが、知識不足の為か、上手くできませんでした。
    『publicフォルダにシンボリックリンクを貼る』
    https://laraweb.net/environment/1332/

    私はLaravelを学習中の初心者ゆえ、今回はcloud9の環境をあきらめ、
    書籍通りに学習できるようにする為、いったんxamppのapacheをPCにインストールし環境構築したいと思います。
    Laravelが上達したら、cloud9でもう一度取り組んでみたいと思います。
    いろいろと教えて頂きありがとうございます!!

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.03%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる