質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
CMake

CMakeはクロスプラットフォームで作動するオープンソースのビルドシステムです。コマンドライン又は組み込まれた開発環境で使うことができる元のmakefileとプロジェクトファイルを生成します。

make

make は、ビルド作業を自動化するツールです。さまざまなファイルの最終変更時刻を比較し、従属するファイルよりも「ターゲット」のファイルが古いことがわかったときユーザーが設定していた命令を実行する事が可能です。

Python 3.x

Python 3はPythonプログラミング言語の最新バージョンであり、2008年12月3日にリリースされました。

受付中

CMakeから生成されるMakefile内のリンカーフラッグの位置変更

inoshishi
inoshishi

総合スコア17

CMake

CMakeはクロスプラットフォームで作動するオープンソースのビルドシステムです。コマンドライン又は組み込まれた開発環境で使うことができる元のmakefileとプロジェクトファイルを生成します。

make

make は、ビルド作業を自動化するツールです。さまざまなファイルの最終変更時刻を比較し、従属するファイルよりも「ターゲット」のファイルが古いことがわかったときユーザーが設定していた命令を実行する事が可能です。

Python 3.x

Python 3はPythonプログラミング言語の最新バージョンであり、2008年12月3日にリリースされました。

1回答

0評価

1クリップ

2346閲覧

投稿2018/10/21 03:32

編集2022/01/12 10:55

前提・実現したいこと

現在pykepというpython用の宇宙軌道設計用ツールを導入しようとしています。
このツールはC++で書かれたものをboost pythonでpython側に公開しているためビルドが必要です。
pipを使った導入もできるのですが、C++側を弄って使う予定もあるのでソースコードからビルドする方法を確立したいのです。
作者のページのインストール手順に従っているのですが、boost pythonがうまく使えていないようでpythonでimportしようとするとエラーがでてしまいます。
makeとmake installは通ります。
ソースコードには一番上層にあるCMakeLists.txtを貼っていますがこれでいいのかもちょっとわかっていません。

発生している問題・エラーメッセージ

import pykep
Traceback (most recent call last):
File "<stdin>", line 1, in <module>
File "/usr/local/lib/python3.5/dist-packages/pykep/init.py", line 47, in <module>
from pykep.core import *
File "/usr/local/lib/python3.5/dist-packages/pykep/core/init.py", line 3, in <module>
from ._core import _get_AU, _get_JR, _get_DAY2SEC, _get_DAY2YEAR, _get_DEG2RAD, _get_EARTH_VELOCITY, _get_EARTH_J2, _get_EARTH_RADIUS, _get_MU_EARTH, _get_G0, _get_MU_SUN, _get_RAD2DEG, _get_SEC2DAY
ImportError: /usr/local/lib/python3.5/dist-packages/pykep/core/_core.so: undefined symbol: _ZN5boost7archive18text_iarchive_implINS0_13text_iarchiveEE13load_overrideERNS0_15class_name_typeEi

該当のソースコード

CMakeLists

# CMake version check. cmake_minimum_required(VERSION 3.2) # Main pykep project version. set(PYKEP_PROJECT_VERSION 2.3) project(pykep VERSION ${PYKEP_PROJECT_VERSION}) enable_testing() # Module path setup. set(CMAKE_MODULE_PATH ${CMAKE_MODULE_PATH} "${CMAKE_SOURCE_DIR}/cmake_modules" "${CMAKE_SOURCE_DIR}/cmake_modules/yacma") message(STATUS "System name: ${CMAKE_SYSTEM_NAME}") # Set default build type to "Release". if(NOT CMAKE_BUILD_TYPE) set(CMAKE_BUILD_TYPE Release CACHE STRING "Choose the type of build, options are: None Debug Release RelWithDebInfo MinSizeRel." FORCE) endif() # Writing some configuration files with version update ... configure_file("${CMAKE_CURRENT_SOURCE_DIR}/doc/sphinx/conf.py.in" "${CMAKE_CURRENT_SOURCE_DIR}/doc/sphinx/conf.py" @ONLY) configure_file("${CMAKE_CURRENT_SOURCE_DIR}/pykep/__init__.py.in" "${CMAKE_CURRENT_SOURCE_DIR}/pykep/__init__.py" @ONLY) # Initial setup of compiler flags. include(YACMACompilerLinkerSettings) # Provides build options to CMake # Build Option: when active the file main.cpp is built and linked to the PYKEP static library OPTION(BUILD_MAIN "Build 'main.cpp'." ON) # Build Option: when active builds Python bindings called pykep OPTION(BUILD_PYKEP "Build pykep." OFF) # Build Option: when active the examples in the folder example are compiled into executables OPTION(BUILD_TESTS "Build tests'." ON) # Build Option: when active the JPL SPICE toolbox is used to extend pykep. You can choose # to build the library or use a pre-build library OPTION(BUILD_SPICE "Interface pykep to JPL SPICE toolbox'." OFF) # Build Option: when active headers will be installed in the CMAKE_INSTALL_PREFIX/include directory OPTION(INSTALL_HEADERS "Installs the header files" OFF) # Assemble the flags. set(PYKEP_CXX_FLAGS_DEBUG ${YACMA_CXX_FLAGS} ${YACMA_CXX_FLAGS_DEBUG} ${YACMA_THREADING_CXX_FLAGS}) set(PYKEP_CXX_FLAGS_RELEASE ${YACMA_CXX_FLAGS} ${YACMA_THREADING_CXX_FLAGS}) if(${CMAKE_SYSTEM_NAME} MATCHES "Darwin" AND YACMA_COMPILER_IS_CLANGXX) message(STATUS "Clang compiler on OSX detected, setting the standard library to 'libc++'.") list(APPEND PYKEP_CXX_FLAGS_DEBUG "-stdlib=libc++") list(APPEND PYKEP_CXX_FLAGS_RELEASE "-stdlib=libc++") endif() if(YACMA_COMPILER_IS_MSVC) # Disable the idiotic minmax macros on MSVC, some annoying warnings, # and enable the bigobj option. list(APPEND PYKEP_CXX_FLAGS_DEBUG "-DNOMINMAX" "/wd4459" "/wd4127" "/wd4702" "/bigobj") list(APPEND PYKEP_CXX_FLAGS_RELEASE "-DNOMINMAX" "/wd4459" "/wd4127" "/wd4702" "/bigobj") endif() if(YACMA_COMPILER_IS_INTELXX) # NOTE: on MSVC we use the push/pop pragmas, but they do not seem to work on Intel (the pragmas # in icc influence the behaviour at instantiation point, not at definition point). # These warnings are useful in principle, but they are generated a lot from cereal and we have no # way of disabling them selectively. Just rely on the other compilers to provde good diagnostic. list(APPEND PYKEP_CXX_FLAGS_DEBUG "-diag-disable" "2259,1682,68") list(APPEND PYKEP_CXX_FLAGS_RELEASE "-diag-disable" "2259,1682,68") endif() if(MINGW) # Flag needed to deal with big binaries in MinGW. message(STATUS "Enabling the '-Wa,-mbig-obj' flag in MinGW builds.") list(APPEND PYKEP_CXX_FLAGS_DEBUG "-Wa,-mbig-obj") list(APPEND PYKEP_CXX_FLAGS_RELEASE "-Wa,-mbig-obj") endif() if(BUILD_PYKEP) # pygmo dependencies. include(YACMAPythonSetup) # Python version check. if(${PYTHON_VERSION_MAJOR} LESS 2 OR (${PYTHON_VERSION_MAJOR} EQUAL 2 AND ${PYTHON_VERSION_MINOR} LESS 7)) message(FATAL_ERROR "Minimum supported Python version is 2.7.") endif() # Internal variable that will be used to tell PYKEPFindBoost to locate Boost.Python. set(_PYKEP_FIND_BOOST_PYTHON TRUE) endif() # Boost setup. Will allow using Boost::library_name for the needed components include(PykepFindBoost) # We build cspice static library and link it in pykep libraries if(BUILD_SPICE) add_subdirectory("${CMAKE_SOURCE_DIR}/src/third_party/cspice") add_definitions(-DPYKEP_USING_SPICE) endif(BUILD_SPICE) # Here we define the file list and make the static and dynamic library add_subdirectory("${CMAKE_SOURCE_DIR}/src") # Build main and link it to static library. if(BUILD_MAIN) add_executable(main main.cpp) target_link_libraries(main keplerian_toolbox_static Boost::boost Boost::serialization Boost::date_time) set_property(TARGET main PROPERTY CXX_STANDARD 11) set_property(TARGET main PROPERTY CXX_STANDARD_REQUIRED YES) set_property(TARGET main PROPERTY CXX_EXTENSIONS NO) endif(BUILD_MAIN) # Build Tests and link them to static library. if(BUILD_TESTS) add_subdirectory("${CMAKE_SOURCE_DIR}/tests") file(COPY "${CMAKE_SOURCE_DIR}/tests/data/sgp4_test.txt" DESTINATION "${CMAKE_BINARY_DIR}/tests") file(COPY "${CMAKE_SOURCE_DIR}/tests/data/C_G_1000012_2012_2017.bsp" DESTINATION "${CMAKE_BINARY_DIR}/tests") file(COPY "${CMAKE_SOURCE_DIR}/tests/data/pck00010.tpc" DESTINATION "${CMAKE_BINARY_DIR}/tests") FILE(COPY "${CMAKE_SOURCE_DIR}/tests/data/gm_de431.tpc" DESTINATION "${CMAKE_BINARY_DIR}/tests") endif(BUILD_TESTS) # Build pykep and link it to dynamic library. if(BUILD_PYKEP) add_subdirectory("${CMAKE_SOURCE_DIR}/pykep") if(MINGW OR ${CMAKE_SYSTEM_NAME} MATCHES "Linux") message(STATUS "Creating the files for the generation of a binary wheel.") configure_file("${CMAKE_CURRENT_SOURCE_DIR}/tools/wheel_setup.py" "${CMAKE_CURRENT_BINARY_DIR}/wheel/setup.py" @ONLY) if(${CMAKE_SYSTEM_NAME} MATCHES "Linux") # NOTE: this is necessary on linux but harmful on mingw. configure_file("${CMAKE_CURRENT_SOURCE_DIR}/tools/wheel_setup.cfg" "${CMAKE_CURRENT_BINARY_DIR}/wheel/setup.cfg" @ONLY) endif() if(MINGW) configure_file("${CMAKE_CURRENT_SOURCE_DIR}/tools/mingw_wheel_libs_python${PYTHON_VERSION_MAJOR}.txt" "${CMAKE_CURRENT_BINARY_DIR}/wheel/mingw_wheel_libs_python${PYTHON_VERSION_MAJOR}.txt" @ONLY) endif() endif() endif()

試したこと

以下のページを参考にしました。
Install pykep
調べてみたところ以下の似たような事例を見つけました。
boost.pythonでundefined symbolエラーが発生する
発生しているエラーを見るとまさにこれと同様なので-lboost_pythonの位置を変えたいのですが、Cmakeを使っているのでどこをいじればこれができるのかわかりません。
CmakeでできたMakefileを書き直すのでもいいのですが、いかんせん該当箇所も多くまたこれでうまく行く保証もないため今後試行錯誤を繰り返すことを考えるとCMake側でこれを解決したいです。

###試したことその2
boost.pythonのチュートリアルを説明しているページを元に以下を試しました。
Boost.Python の機能をざっと紹介してみる

C++

#include <boost/python.hpp> int add(int lhs, int rhs) { return lhs + rhs; } BOOST_PYTHON_MODULE(basic) { using namespace boost::python; def("add", &add); }

これを作って

cmd

takehiro@takehiro-desktop:~/ドキュメント$ g++ -DPIC -shared -fPIC -o basic.so basic.cpp -I/usr/include/python3.5m -lboost_python3 >>> import basic >>> basic.add(1,2) 3 >>> quit() takehiro@takehiro-desktop:~/ドキュメント$ g++ -I/usr/include/python3.5m -lboost_python3 -DPIC -shared -fPIC -o basic.so basic.cpp takehiro@takehiro-desktop:~/ドキュメント$ python3 Python 3.5.2 (default, Nov 23 2017, 16:37:01) [GCC 5.4.0 20160609] on linux Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information. >>> import basic Traceback (most recent call last): File "<stdin>", line 1, in <module> ImportError: /home/takehiro/ドキュメント/basic.so: undefined symbol: _ZNK5boost6python7objects21py_function_impl_base9max_arityEv

これを試してみました。やはりリンカフラッグの位置は大事なようです。

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

Ubuntu16.04LTS
CMake3.12.3
python3.5
teratailで質問をするのが初めてです。至らないことも多々あると思いますがよろしくお願いいたします。

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

yumetodo

2018/10/21 11:03

まず普通のboost.pythonを使うプログラムをコンパイルして実行できるのか検証してください
inoshishi

2018/10/21 12:46 編集

はじめまして。反応していただきありがとうございます。ご指摘いただいた通り検証を行いました。
ikedas

2018/11/04 09:18 編集

libboost_python3.soはどこにインストールされているでしょうか。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

CMake

CMakeはクロスプラットフォームで作動するオープンソースのビルドシステムです。コマンドライン又は組み込まれた開発環境で使うことができる元のmakefileとプロジェクトファイルを生成します。

make

make は、ビルド作業を自動化するツールです。さまざまなファイルの最終変更時刻を比較し、従属するファイルよりも「ターゲット」のファイルが古いことがわかったときユーザーが設定していた命令を実行する事が可能です。

Python 3.x

Python 3はPythonプログラミング言語の最新バージョンであり、2008年12月3日にリリースされました。