質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.63%

javascriptのclickイベントでの実装

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 502

akane7744

score 8

 実行したいこと

javascriptで戻るボタンをclickしたらカルーセルのように行ったり来たり出来るようにしたい。
CSSのtransformでクラスを作成してある。イメージ説明

問題点

  • 右のパネルの戻るボタンはclassNameがちゃんと反映されて中央のパネルに移動する。
  • しかし、中央のパネルの戻るボタンはclassNameを空文字にしているのに右のパネルに移動するclassNameがついてしまう。
    →ここを左のパネルに戻るようにしたいが出来ないです。
<div class="stage">
  <div id="cards">
    <div id="left" class="card">
      左のパネル
    </div>
    <div id="left2" class="card">
      中央のパネル
      <span class="btn" id="right">
        戻る
      </span>
    </div>
    <div class="card">
      右のパネル
      <span class="btn" id="right2">
        戻る
      </span>
    </div>
  </div>
</div>


問題の中央パネルの戻るボタンのidは right でclassNameを空文字するclickイベントをつけている。
しかし、実装して見ると move2 のクラスがついてしまい、先頭に戻らない。

left.addEventListener('click',function(){
  // 500px動く
  cards.className = 'move';
});
left2.addEventListener('click',function(){
  //1000px動く
  cards.className = 'move2';
});
right2.addEventListener('click',function(){
  // 500px動く
  cards.className = 'move';
});
right.addEventListener('click',function(){
  cards.className = '';
});
.move {
  transform: translate(-500px,0);
}
.move2 {
  transform: translate(-1000px,0);
}

 試した事と疑問点

  • 空文字ではなくクラスを作ったりしましたが、結果は同じでした。
  • clickイベントする中にspanクラスで別のclickイベントにしているからかな?って思いましたが、そしたら右パネルの戻るボタンもうまく行かないだろうと思っているのですが、どうなのでしょうか?

実装出来た方法

試したことの中で、下記の方法では出来ました。
こちらは、divを別々にしてclickイベントをつけて実装しています。

<div class="stage1">
    <div id="cards2" class="">
      <div  class="card2">
        <div id="cheak1" class="left">
          左側のカード
        </div>
      </div>
      <div class="card2">
        <div id="cheak2" class="left">
          中央のカード
        </div>
        <div id="retry1">
          戻る
        </div>
      </div>
      <div class="card2">
        <div class="right">
          右側のカード
        </div>
        <div id="retry2" class="">
          戻る
        </div>
      </div>
    </div>
  </div>
cheak1.addEventListener('click',function(){
    cards2.className = 'move1';
  });
  cheak2.addEventListener('click',function(){
    cards2.className = 'move2';
  });
  retry1.addEventListener('click',function(){
    cards2.className = '';
  });
  retry2.addEventListener('click',function(){
    cards2.className = 'move1';
  });
.move1 {
  transform: translate(-500px,0);
}
.move2 {
  transform: translate(-1000px,0);
}

出来る場合と出来ない場合の違いが分からずモヤモヤしています・・・。
よろしくお願いいたします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • 退会済みユーザー

    退会済みユーザー

    2018/11/07 20:36

    どうでも良いことですみません、rigthはtypoじゃないでしょうか、rightなのでは。。

    キャンセル

  • akane7744

    2018/11/09 18:45

    ホントですね!!!!打ち間違えが多くてミスが多いです。。。教えてくださりありがとうございます(^0^)/

    キャンセル

回答 1

checkベストアンサー

+2

各イベントハンドラに、console.log()を追記してみてください。(()の中身は別のものにしてください。)
この状態で戻るボタンをクリックしてみると、戻るボタンの親要素であるパネルまでクリックイベントが発火していることがわかります。

left.addEventListener('click',function(){
  console.log('x');
  cards.className = 'move';
});
left2.addEventListener('click',function(){
  console.log('xx');
  cards.className = 'move2';
});
rigth2.addEventListener('click',function(){
  console.log('xxx');
  cards.className = 'move';
});
rigth.addEventListener('click',function(){
  console.log('xxxx');
  cards.className = '';
});

これを防ぐために、戻るボタンのイベントに event.stopPropagation(); を追記します。

left.addEventListener('click',function(){
  console.log('x');
  cards.className = 'move';
});
left2.addEventListener('click',function(){
  console.log('xx');
  cards.className = 'move2';
});
rigth2.addEventListener('click',function(){
  console.log('xxx');
  cards.className = 'move';
  event.stopPropagation();
});
rigth.addEventListener('click',function(){
  console.log('xxxx');
  cards.className = '';
  event.stopPropagation();
});

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/10/21 13:04

    回答ありがとうございます!!
    event.stopPropagation(); は調べても見つけられなかったので、一つまた覚えられました!!!
    console.logでの確認もしていなかったので、これから確認の際に使っていこうと思います!

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.63%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る