質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.04%

Node.jsのforeach(readline)の結果を渡したい

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 734

jackfrost

score 17

 前提・実現したいこと

3つのファイルの中身をクラウドストレージから取ってくる(createReadStream必須)
->条件に一致した行を抽出
->配列にまとめる
->console.logで出力

  該当のソースコード

var now   = new Date();       
var year  = now.getFullYear(); //年
var month = now.getMonth()+1;    //月
var cloud = ["cloud1","cloud2","cloud3"];
const Index = "定期バッチ結果";
const body = [];
const {Storage} = require('@google-cloud/storage');
const srcBucketName = "定期バッチの結果用";
cloud.forEach(function( value ) {
    console.log( value );
    var fs = require('fs');
    var readline = require("readline");
    const srcFilename   = value+"_bench_"+year+"_"+month+".txt";
    const srcStorage    = new Storage({ projectId: "demo" });
    const srcBucket     = srcStorage.bucket(srcBucketName);
    const srcRemoteFile = srcBucket.file(srcFilename);
    const file = srcBucket.file(srcFilename);
    var stream = srcRemoteFile.createReadStream();
    var reader = readline.createInterface({ input: stream });
    var tmpscore = new String();
    //1行ずつ読み込み、特定の行を抽出
    reader.on("line", (data) => {
        tmpscore = data.match(Index);
        if (tmpscore){
            var score = tmpscore.input.replace(/hogehoge/g,"");
            return body.push(value+" "+score);
            // console.log(body);
        }
    });
            // console.log(body);
});
console.log(body);

  試したこと

reader.onの中とforeachの中と外でconsole.logでbodyを表示したところ、
readerの中でしか値が取れていない
console.logの表示順がforeachの中でreader.onの外->foreachの外->reader.onの中の順だった

 補足など

console.logの表示順がおかしいため、jsでよくある同期・非同期の問題かと思うのですが、reader.onで使う値がforeachの値のため、非同期でどうやってreader.onの結果をforeachの外に出すか設計ができずに困っています。

foreachを諦めて1つずつpromizeとかasyncを使って並べれば簡単かと思いますが、スマートとは言えません。。。

また、ファイルを一旦ローカルに落としてreadする方法もありますが、使用するサービスがPaasのため書き込み出来るディレクトリが無く、streamでしか処理できません。

node.jsは6系希望です。
$ node -v
v6.14.4

以上よろしくお願いいたします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • miyabi-sun

    2018/10/15 12:56

    6系を使う理由はなんでしょうか? https://github.com/nodejs/Release#release-schedule Node.js6系は半年後延長サポートも打ち切るとアナウンスしています。言語の保証期間は企業目線では案外短く、折角投資して開発したのに完成した瞬間サポート切れとかおバカ過ぎるでしょう。npmで配布されているライブラリもちらほら6系で使えない構文が前提となってきており、動かないものも登場しています。よほどの理由が無い限り最新安定版の10系使えという話になりますし、ノウハウの共有という面でも6系前提の記事が残り続けるのはあまりよろしいとは思えませんからね。

    キャンセル

  • jackfrost

    2018/10/16 01:19

    paas側が6がデフォで8がβ対応な状態だからです。

    キャンセル

回答 1

checkベストアンサー

0

方向性としては以下だと思います。

const body = await Promise.all(cloud.map(asyncFunction))
console.log(body);

asyncFunctionはforEachに与えている関数ですが、
これが非同期なのでPromiseもしくはasync/awaitに書き換える必要があります。

今回はreader.onとコールバックを与える関数があるので、Promiseのresolveを
reader.onの中で呼んでやればよいと思います。

const asyncFunction = value => new Promise(resolve => {
    // 省略
    reader.on("line", (data) => {
        tmpscore = data.match(Index);
        if (tmpscore){
            var score = tmpscore.input.replace(/hogehoge/g,"");
            resolve(value+" "+score);
        }
    });
});

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.04%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる