質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.59%

ログイン状態でしか使えないAPIをreact-reduxアプリから叩きたいが、yarn startによるreact開発環境下ではログイン状態でも403になって情報が取得できない。

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,452

threeaster

score 13

 前提・実現したいこと

基本的に一つのウィンドウでいろいろ(表示とか作成とか)をやるwebアプリを作成しています。
バックエンドにはdjangoを使用し、認証と、apiの提供などをします。
そして、index.htmlに

<div id="root"></div>


をおいて、またmain.jsを読み込み、トップページ上でreactアプリを動かすようにします。
main.jsは、react-reduxによって作成したものをyarnによってビルドし、ハッシュ値を取り除いた上でdjangoの静的ファイルが読み込める場所にシンボリックリンクを貼っています。

djangoで、あるモデル(Postします)の一覧情報を取得するAPIをrest_frameworkを用いて作成しました。これはログイン状態でないと403になり、ログイン状態ならばログイン中のUserに紐づくPostの一覧がjsonで返ってくるものです。

react-reduxのアプリで、このAPIを叩いて、その内容をactionに入れてdispatchして、それをstateに入れて表示して……とやりたいです。

 発生している問題・エラーメッセージ

実際には、yarn startで起動したhttp://localhost:3000で見ることができるreact-reduxのアプリでそのAPIを叩くと、ステータスコード403で、

{"detail":"認証情報が含まれていません。"}


と返ってきてしまいます。あらかじめ別タブでログインしておいてもこうなってしまいます。また、同じくログイン状態で、APIを直接叩いたときはちゃんと情報が取得できますし、ビルドしてdjango側のページから参照されるようにしたものをhttp://localhost:8000から見たときもちゃんと情報がstateに入っているようです。

 該当のソースコード

django側

# model.py

from django.db import models
from django.utils import timezone
from django.contrib.auth.models import User

class Post(models.Model):
    title = models.CharField(max_length=200)
    body = models.CharField(max_length=1000)
    user = models.ForeignKey(User, on_delete=models.CASCADE, related_name='users')
    created_at = models.DateTimeField(auto_now_add=True)
    updated_at = models.DateTimeField(auto_now=True)

    def __str__(self):
        return self.title
# serializers.py

from rest_framework import serializers
from .models import Post

class Meta:
    model = Post
    fields = ('id', 'title', 'body')
# apis.py

from rest_framework import viewsets
from rest_framework.permissions import IsAuthenticated
from .models import Post
from .serializers import PostSerializer


class PostViewSet(viewsets.ModelViewSet):
    permission_classes = (IsAuthenticated, )
    serializer_class = PostSerializer

    def get_queryset(self):
        return Post.objects.filter(user=self.request.user)
# urls.py

from rest_framework import routers
from .apis import PostViewSet


router = routers.DefaultRouter()
router.register('posts', PostViewSet, base_name='post')
# settings.pyはlocalとproductionを分けるためにbase.pyで共通のものを、local.pyとproduction.pyで差分を定義しています。
# 以下はapi関連に関して変更した部分を抜き出したものです。

INSTALLED_APPS = [
    'post.apps.PostConfig',
    'accounts.apps.AccountsConfig', // ログイン、ログアウトのためのアプリ
    'django.contrib.admin',
    'django.contrib.auth',
    'django.contrib.contenttypes',
    'django.contrib.sessions',
    'django.contrib.messages',
    'django.contrib.staticfiles',
    'rest_framework',
    'corsheaders'
]

CORS_ORIGIN_ALLOW_ALL = True # local.pyのみ

react側

// index.js
import React from 'react';
import ReactDOM from 'react-dom';
import './index.css';
import App from './App';
import registerServiceWorker from './registerServiceWorker';
import { createStore, applyMiddleware } from 'redux'
import rootReducer from './reducers/index'
import { Provider } from 'react-redux'
import createSagaMiddleware from 'redux-saga'
import { rootSaga } from './sagas'
import { createLogger } from 'redux-logger'

const sagaMiddleware = createSagaMiddleware()
const middlewares = [sagaMiddleware]
if(process.env.NODE_ENV !== 'production'){
  const loggerMiddleware = createLogger()
  middlewares.push(loggerMiddleware)
}
const store = createStore(rootReducer, applyMiddleware(...middlewares))

sagaMiddleware.run(rootSaga, store.dispatch)

ReactDOM.render(
<Provider store={store}>
  <App />
</Provider>,
document.getElementById('root'));

registerServiceWorker(); 
// sagas.js
import * as effects from 'redux-saga/effects'
import * as call_api from './call_api'
import * as actions from './actions'

export function* setup(){
  const { success, error } = yield effects.call(call_api.post_list)
  if(success && !error){
    yield effects.put(actions.set_post_list(success))
  }
}

export function* rootSaga(dispatch){
  yield effects.fork(setup)
}
// call_api.js
const api_root = process.env.REACT_APP_API_ROOT // http://localhost:8000が入っています

export const site_list = () => {
  return fetch(api_root + '/api/posts.json', { mode: 'cors' })
    .then(response => response.json())
    .then((json) => {
      return { success: json }
    }).catch((error) => {
      return { error }
    })
}
// actions.js

import * as action_types from './constants/action_types' // export const SET_POST_LIST = 'SET_POST_LIST'とあります

export const set_post_list = (post_list) => {
  return { type: action_types.SET_POST_LIST, post_list }
}

 試したこと

上記でも書きましたが直接apiを叩いたり、buildしたものを見てみたりしました。その場合はyarn startの環境のみで動きませんでした。
一応chromeとsafariで試しましたがだめでした。
シークレットウィンドウでlocalhost:8000でログインしたあと同一タブでlocalhost:3000にいってみましたがだめでした。
最初の状態ではCORSエラーが出たので、django-cors-headersを入れてそれを回避しています。
gitでどこでエラーが出るようになったのかをさかのぼってみましたが、APIに認証を付けた瞬間からエラーが出るようになったようです。

 補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

macOS Hight Sierra バージョン10.13.6
google chrome: 69.0.3497.100(Official Build)
Python 3.7.0
venvによる仮想環境下

asn1crypto==0.24.0
cffi==1.11.5
cryptography==2.3.1
Django==2.1
django-cors-headers==2.4.0
django-filter==2.0.0
djangorestframework==3.8.2
idna==2.7
pycparser==2.18
PyMySQL==0.9.2
pytz==2018.5
selenium==3.14.1
six==1.11.0
urllib3==1.23


yarn 1.9.2

  "dependencies": {
    "prop-types": "^15.6.2",
    "react": "^16.5.2",
    "react-dom": "^16.5.2",
    "react-redux": "^5.0.7",
    "react-scripts": "1.1.5",
    "redux": "^4.0.0"
  },
  "devDependencies": {
    "enzyme": "^3.6.0",
    "enzyme-adapter-react-16": "^1.5.0",
    "redux-logger": "^3.0.6",
    "redux-mock-store": "^1.5.3",
    "redux-saga": "^0.16.0"
  }
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

check解決した方法

0

解決しました。

まず、fetch apiで認証情報を使うときはcredentials: 'include'を含む必要があったようです。
参考: https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/API/Fetch_API/Using_Fetch#Sending_a_request_with_credentials_included

したがって、call_api.jsは以下のようになります。

// call_api.js
const api_root = process.env.REACT_APP_API_ROOT // http://localhost:8000が入っています

export const site_list = () => {
  return fetch(api_root + '/api/posts.json', { mode: 'cors', credentials: 'include' })
    .then(response => response.json())
    .then((json) => {
      return { success: json }
    }).catch((error) => {
      return { error }
    })
}

また、これだけだと

The value of the 'Access-Control-Allow-Credentials' header in the response is '' which must be 'true' when the request's credentials mode is 'include'. Origin 'http://localhost:3000' is therefore not allowed access.


と怒られてしまうので、settings.pyに、'Access-Control-Allow-Credentials'を付け加える必要があります。

具体的には以下のようにします。

# settings.pyはlocalとproductionを分けるためにbase.pyで共通のものを、local.pyとproduction.pyで差分を定義しています。
# 以下はapi関連に関して変更した部分を抜き出したものです。

INSTALLED_APPS = [
    'post.apps.PostConfig',
    'accounts.apps.AccountsConfig', // ログイン、ログアウトのためのアプリ
    'django.contrib.admin',
    'django.contrib.auth',
    'django.contrib.contenttypes',
    'django.contrib.sessions',
    'django.contrib.messages',
    'django.contrib.staticfiles',
    'rest_framework',
    'corsheaders'
]

CORS_ORIGIN_ALLOW_ALL = True # local.pyのみ
CORS_ALLOW_CREDENTIALS = True # local.pyのみ

参考: https://pypi.org/project/django-cors-headers/

以上2点を修正することでyarn start条件下でもapiから情報を取得できるようになりました。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.59%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • トップ
  • Pythonに関する質問
  • ログイン状態でしか使えないAPIをreact-reduxアプリから叩きたいが、yarn startによるreact開発環境下ではログイン状態でも403になって情報が取得できない。