質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
Ruby on Rails

Ruby on Railsは、オープンソースのWebアプリケーションフレームワークです。「同じことを繰り返さない」というRailsの基本理念のもと、他のフレームワークより少ないコードで簡単に開発できるよう設計されています。

解決済

【Railsチュートリアル】11章 herokuへのpush時のエラー

ink88882
ink88882

総合スコア0

Ruby on Rails

Ruby on Railsは、オープンソースのWebアプリケーションフレームワークです。「同じことを繰り返さない」というRailsの基本理念のもと、他のフレームワークより少ないコードで簡単に開発できるよう設計されています。

1回答

0評価

0クリップ

1368閲覧

投稿2018/09/23 04:30

https://railstutorial.jp/chapters/account_activation?version=5.1#code-sendgrid_config

上記ページの
「11.4 本番環境でのメール送信」にて、push heroku時に

$ rails test
$ git push
$ git push heroku
$ heroku run rails db:migrate

上記処理を行いましたが、下記のエラーが出てしまいます。


(略)

remote:
remote: !
remote: ! Precompiling assets failed.
remote: !
remote: ! Push rejected, failed to compile Ruby app.
remote:
remote: ! Push failed
remote: Verifying deploy...
remote:
remote: ! Push rejected to guarded-scrubland-60168.
remote:
To https://git.heroku.com/(自分のアプリURLです).git
! [remote rejected] master -> master (pre-receive hook declined)


色々ファイルの編集を試して、git push heroku masterのコマンドのみ、そのまま繰り返したりもしましたがうまくいきませんでしたのでファイルは戻しました。
(gitの扱い方も理解が浅く、これも良くなかったりしたら教えていただけると幸いです。)

ちなみに、同じ項目内の、直前に編集をした「config/environments/production.rb」の中身は下記の通りです。

ruby

Rails.application.configure do # Settings specified here will take precedence over those in config/application.rb. # Code is not reloaded between requests. config.cache_classes = true # Eager load code on boot. This eager loads most of Rails and # your application in memory, allowing both threaded web servers # and those relying on copy on write to perform better. # Rake tasks automatically ignore this option for performance. config.eager_load = true # Full error reports are disabled and caching is turned on. config.consider_all_requests_local = false config.action_controller.perform_caching = true # Attempt to read encrypted secrets from `config/secrets.yml.enc`. # Requires an encryption key in `ENV["RAILS_MASTER_KEY"]` or # `config/secrets.yml.key`. config.read_encrypted_secrets = true # Disable serving static files from the `/public` folder by default since # Apache or NGINX already handles this. config.public_file_server.enabled = ENV['RAILS_SERVE_STATIC_FILES'].present? # Compress JavaScripts and CSS. config.assets.js_compressor = :uglifier # config.assets.css_compressor = :sass # Do not fallback to assets pipeline if a precompiled asset is missed. config.assets.compile = false # `config.assets.precompile` and `config.assets.version` have moved to config/initializers/assets.rb # Enable serving of images, stylesheets, and JavaScripts from an asset server. # config.action_controller.asset_host = 'http://assets.example.com' # Specifies the header that your server uses for sending files. # config.action_dispatch.x_sendfile_header = 'X-Sendfile' # for Apache # config.action_dispatch.x_sendfile_header = 'X-Accel-Redirect' # for NGINX # Mount Action Cable outside main process or domain # config.action_cable.mount_path = nil # config.action_cable.url = 'wss://example.com/cable' # config.action_cable.allowed_request_origins = [ 'http://example.com', /http:\/\/example.*/ ] # Force all access to the app over SSL, use Strict-Transport-Security, and use secure cookies. config.force_ssl = true # Use the lowest log level to ensure availability of diagnostic information # when problems arise. config.log_level = :debug # Prepend all log lines with the following tags. config.log_tags = [ :request_id ] # Use a different cache store in production. # config.cache_store = :mem_cache_store # Use a real queuing backend for Active Job (and separate queues per environment) # config.active_job.queue_adapter = :resque # config.active_job.queue_name_prefix = "sample_app_#{Rails.env}" config.action_mailer.perform_caching = false # Ignore bad email addresses and do not raise email delivery errors. # Set this to true and configure the email server for immediate delivery to raise delivery errors. # config.action_mailer.raise_delivery_errors = false config.action_mailer.raise_delivery_errors = true config.action_mailer.delivery_method = :smtp host = 'https://アプリのurl.herokuapp.com' config.action_mailer.default_url_options = { host: host } ActionMailer::Base.smtp_settings = { :address => 'smtp.sendgrid.net', :port => '587', :authentication => :plain, :user_name => ENV['app104762945@heroku.com'], :password => ENV['2aipejia2101'], :domain => 'heroku.com', :enable_starttls_auto => true } # Enable locale fallbacks for I18n (makes lookups for any locale fall back to # the I18n.default_locale when a translation cannot be found). config.i18n.fallbacks = true # Send deprecation notices to registered listeners. config.active_support.deprecation = :notify # Use default logging formatter so that PID and timestamp are not suppressed. config.log_formatter = ::Logger::Formatter.new # Use a different logger for distributed setups. # require 'syslog/logger' # config.logger = ActiveSupport::TaggedLogging.new(Syslog::Logger.new 'app-name') if ENV["RAILS_LOG_TO_STDOUT"].present? logger = ActiveSupport::Logger.new(STDOUT) logger.formatter = config.log_formatter config.logger = ActiveSupport::TaggedLogging.new(logger) end # Do not dump schema after migrations. config.active_record.dump_schema_after_migration = false end

何か思い当たる点、足りない情報などあれば教えていただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

Ruby on Rails

Ruby on Railsは、オープンソースのWebアプリケーションフレームワークです。「同じことを繰り返さない」というRailsの基本理念のもと、他のフレームワークより少ないコードで簡単に開発できるよう設計されています。