質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.63%

画面遷移時に情報を渡そうとすると、Thread 1: signal SIGABRT エラーが出る。

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 880

naoharuiwai

score 12

 前提・実現したいこと

Swift初心者です。
勉強のために、以下の処理を行うマップアプリを作ろうとしています。

  1. アプリ起動時に、現在位置を中心としたマップを表示。

  2. 検索バーに「コンビニ」などとキーワードを入れ、検索ボタンを押す。

  3. 現在地周辺の、キーワードに合致する場所にピンが建てられる。

  4. ピンをタップすると、吹き出しが表示される。

  5. 吹き出し内の「追加」ボタンを押すと、画面が遷移し、場所の名称と住所が表示される。

上記5の処理を行う際、Thread 1: signal SIGABRTエラーが出てしまいました。
どうやら画面遷移を実行する際にエラーが出ているようです。
どなたか詳しい方、教えていただけないでしょうか。

 発生している問題・エラーメッセージ

Thread 1: signal SIGABRT
以下のソースコード内、

sendAddress = placemark.subtitle


が呼び出される際にエラー発生

追記
ログ内に以下のようなエラーメッセージが出ていました。

TrackMap[48246:18256971] -[MKPlacemark subtitle]: unrecognized selector sent to instance 0x1c4c096b0
TrackMap[48246:18256971] *** Terminating app due to uncaught exception 'NSInvalidArgumentException', reason: '-[MKPlacemark subtitle]: unrecognized selector sent to instance 0x1c4c096b0'


きちんと認識できておらず申し訳ありません。

 該当のソースコード

//ViewController.swift

import UIKit
import MapKit
import CoreLocation

class ViewController: UIViewController, MKMapViewDelegate, CLLocationManagerDelegate, UISearchBarDelegate {

    // 検索した地点名、

    //CLLocationManagerの入れ物を生成
    var myLocationManager = CLLocationManager()

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        // Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.

        // 位置情報を利用して良いか許可を得る
        myLocationManager.delegate = self
        myLocationManager.requestWhenInUseAuthorization()
        myLocationManager.startUpdatingLocation()

        searchText.delegate = self
        mapView.delegate = self
        // TrackingMode変更のためのボタンを追加
        let button = MKUserTrackingButton(mapView: mapView)
        button.frame = CGRect(x: (self.mapView.bounds.width-50), y: 620, width: 40, height: 40)
        self.view.addSubview(button)
        self.view.bringSubviewToFront(button)

    }


    @IBOutlet weak var mapView: MKMapView!
    @IBOutlet weak var searchText: UISearchBar!

    // 地図上でLongPressが行われたときに実行される処理
    @IBAction func longPressMap(_ sender: UILongPressGestureRecognizer) {
        // マップ上のピンを削除
        mapView.removeAnnotations(mapView.annotations)
        //マップビュー内のタップした位置を取得する。
        let location:CGPoint = sender.location(in: mapView)
        //長押し終了
        if (sender.state == UIGestureRecognizer.State.ended){

            //タップした位置を緯度、経度の座標に変換する。
            let mapPoint:CLLocationCoordinate2D = mapView.convert(location, toCoordinateFrom: mapView)
            let location = CLLocation(latitude:mapPoint.latitude, longitude: mapPoint.longitude)

            //座標を住所に変換する。
            let myGeocoder:CLGeocoder = CLGeocoder()
            myGeocoder.reverseGeocodeLocation(location, completionHandler: {(placemarks, error) in

                if(error == nil) {
                    for placemark in placemarks! {

                        //ピンを地図に刺す。
                        let annotation = MKPointAnnotation()
                        annotation.coordinate = CLLocationCoordinate2DMake(mapPoint.latitude, mapPoint.longitude)
                        annotation.title = "住所"
                        annotation.subtitle = "\(placemark.administrativeArea!)\(placemark.locality!)\(placemark.thoroughfare!)\(placemark.subThoroughfare!)"
                        self.mapView.addAnnotation(annotation)
                    }
                } else {
                    print("error")
                }
            })
        }
    }



    // CLLocationManagerのデリゲートメソッド。現在地情報を随時アップデートする。
    func locationManager(_ manager: CLLocationManager, didUpdateLocations locations: [CLLocation]) {
        // 最新の現在地情報を格納する
        guard let newLocation = locations.last else {
            return
        }
        // 格納した位置情報を元に再度緯度経度情報を作成
        let location: CLLocationCoordinate2D = CLLocationCoordinate2DMake(newLocation.coordinate.latitude, newLocation.coordinate.longitude)

        let span = MKCoordinateSpan.init(latitudeDelta: 0.01, longitudeDelta: 0.01) // 表示する範囲を設定
        let region = MKCoordinateRegion.init(center: location, span: span) // 中心を現在地に、表示する範囲を設定した範囲にする
        mapView.setRegion(region, animated: false) // mapViewに反映
        //mapView.userTrackingMode = MKUserTrackingMode.follow// 自分が移動しても常にmapの中心を自分の位置にするように設定

        manager.stopUpdatingLocation()

    }

    //位置情報取得に失敗したときに呼び出されるメソッド
    func locationManager(_ manager: CLLocationManager, didFailWithError error: Error) {
        print("error")
    }



    // 検索ボタンを押したときに実行されるメソッド
    func searchBarSearchButtonClicked(_ searchBar: UISearchBar) {
        // キーボードを閉じる
        searchText.resignFirstResponder()
        // ピンを削除する
        mapView.removeAnnotations(mapView.annotations)
        // 検索条件を作成する
        let request = MKLocalSearch.Request()
        request.naturalLanguageQuery = searchText.text
        // 検索範囲はマップビュー上に表示されている範囲と同じにする
        request.region = mapView.region
        // ローカル検索を実行する
        let localSearch: MKLocalSearch = MKLocalSearch(request: request)
        localSearch.start(completionHandler: {(result,error) in

            for placemark in (result?.mapItems)! {
                if(error == nil){
                    // 検索された場所にピンを刺す
                    let annotation = MKPointAnnotation()
                    annotation.coordinate = CLLocationCoordinate2DMake(placemark.placemark.coordinate.latitude, placemark.placemark.coordinate.longitude)
                    annotation.title = placemark.placemark.name
                    annotation.subtitle = placemark.placemark.title
                    self.mapView.addAnnotation(annotation)
                } else {
                    print(error)
                }
            }
        })

    }


    // viewForAnnotationデリゲートメソッド。ピンが生成される直前に呼ばれる。
    // 吹き出しを表示するようにし、右側に「追加」ボタンを生成するようにする。
    func mapView(_ mapView: MKMapView, viewFor annotation: MKAnnotation) -> MKAnnotationView? {
        if annotation is MKUserLocation{
            return nil
        } else {

            let identifier = "annotation"
            if let annotationView = mapView.dequeueReusableAnnotationView(withIdentifier: identifier){
                // 再利用できる場合はそのまま返す
                return annotationView
            } else {
                // 再利用できるアノテーションが無い場合(初回など)は生成する
                let myPinIdentifier = "PinAnnotationIdentifier"
                //ピンをインスタンス化
                let pinByLongPress = MKPointAnnotation()
                //アノテーションビュー生成
                let annotationView = MKPinAnnotationView(annotation: pinByLongPress, reuseIdentifier: myPinIdentifier)
                //ピンが降ってくるアニメーションをつける
                annotationView.animatesDrop = true
                //吹き出しを表示させる
                annotationView.canShowCallout = true
                // 吹き出し内の右側に「追加」ボタンを作成
                let rightButton = UIButton()
                rightButton.frame = CGRect(x: 0, y: 0, width: 80, height: 40)
                rightButton.setTitle("追加", for: UIControl.State.normal)
                rightButton.backgroundColor = UIColor.blue
                rightButton.tag = 1
                annotationView.rightCalloutAccessoryView = rightButton

                return annotationView
            }
        }

    }


    // 次の画面に渡す情報を格納するための変数
    var sendName: String? // 名称格納用
    var sendAddress: String? // 住所格納用

    // 吹き出しがタップされた場合に呼ばれるメソッド
    func mapView(_ mapView: MKMapView, annotationView view: MKAnnotationView, calloutAccessoryControlTapped control: UIControl) {
        // ピンの位置情報を得る
        let coordinate = CLLocationCoordinate2DMake((view.annotation?.coordinate.latitude)!, (view.annotation?.coordinate.longitude)!)
        let placemark = MKPlacemark(coordinate: coordinate, addressDictionary: nil)

        sendName = placemark.title
        sendAddress = placemark.subtitle

        self.performSegue(withIdentifier: "goConfirm", sender: nil)
    }

    // 画面遷移する時に情報を渡す
    override func prepare(for segue: UIStoryboardSegue, sender: Any?) {
        if let nextViewController = segue.destination as? ConfirmViewController{
            // 次の画面のインスタンスに取得した画像を渡す
            nextViewController.name = sendName
            nextViewController.address = sendAddress
            print("情報は渡された") // ログ
        }
    }




}
// ConfirmViewController.swift
import UIKit

class ConfirmViewController: UIViewController {

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()

        // Do any additional setup after loading the view.
        nameLabel.text = name
        addressLabel.text = address
    }


    /*
    // MARK: - Navigation

    // In a storyboard-based application, you will often want to do a little preparation before navigation
    override func prepare(for segue: UIStoryboardSegue, sender: Any?) {
        // Get the new view controller using segue.destination.
        // Pass the selected object to the new view controller.
    }
    */

    var name:String? // 前画面から渡された名称を格納する変数
    var address:String? // 同じく住所を格納する変数

    @IBOutlet weak var nameLabel: UILabel!
    @IBOutlet weak var addressLabel: UILabel!


}

 試したこと

func mapView(_ mapView: MKMapView, annotationView view: MKAnnotationView, calloutAccessoryControlTapped control: UIControl)


内にbreakpointを設定してデバッグしたところ、どうやら

sendAddress = placemark.subtitle


が呼び出される際にエラーが起こっているようでした。

 補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

Swift4.2
Xcode10

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • naoharuiwai

    2018/09/18 10:37 編集

    確認不足でした。そうですね、申し訳ありません、、。
    これは、「placemark.subtitleに該当するものが無いよー」という意味のエラーメッセージでしょうか?

    キャンセル

  • fuzzball

    2018/09/18 10:49

    subtitleそのものが無い(値が無いのではなく)というエラーですね。なんでだろ。print(type(of: placemark)) の出力を教えてもらえますか?

    キャンセル

  • naoharuiwai

    2018/09/18 10:53

    print(type(of: placemark))の出力は、 MKPlacemark でした。

    キャンセル

回答 1

checkベストアンサー

+1

MKPlacemarkにsubtitleはありません。

MKPlacemarkはMKAnnotationプロトコルに準拠していますが、titleもsubtitleもoptionalです。
MKPlacemarkはtitleにしか対応していないということだと思います。

optional public var title: String? { get }
optional public var subtitle: String? { get }

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/09/18 11:08

    ご教授ありがとうございます。試しにsendaddress = placemark.subtitleを削除して実行すると、うまく画面遷移されました。
    ありがとうございました。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.63%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る