質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
JavaScript

JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

解決済

リストボックスの値を取得する際のoptionsプロパティについて

newyee
newyee

総合スコア0

JavaScript

JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

2回答

0評価

0クリップ

18閲覧

投稿2018/09/17 09:12

編集2022/01/12 10:58

複数選択できるリストボックスの値を取得する際に、「options」プロパティを使用した場合と使用しない場合とでは、何か違いなどはあるのでしょうか?

html

<!DOCTYPE html> <html> <head> <meta charset="UTF-8" /> <title>JavaScript本格入門</title> </head> <body> <form> <div> <label for="food">好きな食べ物は?:</label> <select id="food" multiple> <option value="ラーメン">ラーメン</option> <option value="餃子">餃子</option> <option value="焼き肉">焼き肉</option> </select> <input id="btn" type="button" value="送信" /> </div> </form> <script src="list.js"></script> </body> </html>

javascript

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

spookybird
spookybird

2018/09/17 09:22

勘違いではないですか?同じように動作するはずはないのですが\.\.\.
newyee
newyee

2018/09/17 09:31

自分が試した限りでは、optionsをつけた場合でもつけていない場合でも、同じように、セレクトボックスの中の選択した値がアラートとして表示されるんですよね
spookybird
spookybird

2018/09/17 13:18

あっ、理解できました。回答します。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

JavaScript

JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。