質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.23%

threejs 特定のスプライトを管理

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 397

cheche0830

score 121

https://threejs.org/examples/#canvas_lines
を元に改変したいのですが、

スプライトを100個生成していますが、
特定のスプライトのみをいじくることは可能でしょうか?
例えば、idなどを振って、あとからクリックしたり色を変えたりというのを
特定の要素だけに適用したいと思っています。

<!DOCTYPE html>
<html lang="en">
    <head>
        <title>three.js canvas - lines - random</title>
        <meta charset="utf-8">
        <meta name="viewport" content="width=device-width, user-scalable=no, minimum-scale=1.0, maximum-scale=1.0">
        <style>
            body {
                background-color: #000000;
                margin: 0px;
                overflow: hidden;
            }
            a {
                color:#0078ff;
            }
        </style>
    </head>
    <body>

        <script src="../build/three.js"></script>

        <script src="js/renderers/Projector.js"></script>
        <script src="js/renderers/CanvasRenderer.js"></script>

        <script>
            var mouseX = 0, mouseY = 0,
            windowHalfX = window.innerWidth / 2,
            windowHalfY = window.innerHeight / 2,
            camera, scene, renderer;
            init();
            animate();
            function init() {
                var container = document.createElement('div');
                document.body.appendChild(container);
                camera = new THREE.PerspectiveCamera( 75, window.innerWidth / window.innerHeight, 1, 10000 );
                camera.position.z = 100;
                scene = new THREE.Scene();
                renderer = new THREE.CanvasRenderer();
                renderer.setPixelRatio( window.devicePixelRatio );
                renderer.setSize( window.innerWidth, window.innerHeight );
                container.appendChild( renderer.domElement );
                // particles
                var PI2 = Math.PI * 2;
                var material = new THREE.SpriteCanvasMaterial( {
                    color: 0xffffff,
                    program: function ( context ) {
                        context.beginPath();
                        context.arc( 0, 0, 0.5, 0, PI2, true );
                        context.fill();
                    }
                } );
                var points = [];
                for ( var i = 0; i < 100; i ++ ) {
                    var particle = new THREE.Sprite( material );
                    particle.position.x = Math.random() * 2 - 1;
                    particle.position.y = Math.random() * 2 - 1;
                    particle.position.z = Math.random() * 2 - 1;
                    particle.position.normalize();
                    particle.position.multiplyScalar( Math.random() * 10 + 450 );
                    particle.scale.x = particle.scale.y = 10;
                    scene.add( particle );
                    points.push( particle.position );
                }
                // lines
                var geometry = new THREE.BufferGeometry().setFromPoints( points );
                var line = new THREE.Line( geometry, new THREE.LineBasicMaterial( { color: 0xffffff, opacity: 0.5 } ) );
                scene.add( line );
                document.addEventListener( 'mousemove', onDocumentMouseMove, false );
                document.addEventListener( 'touchstart', onDocumentTouchStart, false );
                document.addEventListener( 'touchmove', onDocumentTouchMove, false );
                //
                window.addEventListener( 'resize', onWindowResize, false );
            }
            function onWindowResize() {
                windowHalfX = window.innerWidth / 2;
                windowHalfY = window.innerHeight / 2;
                camera.aspect = window.innerWidth / window.innerHeight;
                camera.updateProjectionMatrix();
                renderer.setSize( window.innerWidth, window.innerHeight );
            }
            //
            function onDocumentMouseMove(event) {
                mouseX = event.clientX - windowHalfX;
                mouseY = event.clientY - windowHalfY;
            }
            function onDocumentTouchStart( event ) {
                if ( event.touches.length > 1 ) {
                    event.preventDefault();
                    mouseX = event.touches[ 0 ].pageX - windowHalfX;
                    mouseY = event.touches[ 0 ].pageY - windowHalfY;
                }
            }
            function onDocumentTouchMove( event ) {
                if ( event.touches.length == 1 ) {
                    event.preventDefault();
                    mouseX = event.touches[ 0 ].pageX - windowHalfX;
                    mouseY = event.touches[ 0 ].pageY - windowHalfY;
                }
            }
            //
            function animate() {
                requestAnimationFrame( animate );
                render();
            }
            function render() {
                camera.position.x += ( mouseX - camera.position.x ) * .05;
                camera.position.y += ( - mouseY + 200 - camera.position.y ) * .05;
                camera.lookAt( scene.position );
                renderer.render( scene, camera );
            }
        </script>
    </body>
</html>
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

check解決した方法

0

console.log(scene.children[0]);


sceneのなかをのぞいたところ、particleが収納されてました!
上記のコードで取れました。

お騒がせしました。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.23%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる