質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.35%

D3.js で数値データの無いCSVファイルから折れ線グラフを生成したい

受付中

回答 0

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,024

score 25

 数値データの無いCSVデータから折れ線グラフを表示させたい

以下のCSVファイルを読み込んで、D3.jsを使い、WEBページ上に
グラフを表示させたいのですが、CSVデータに数値が無い
状態で、グラフ化するやり方がわかりません。
JavaScriptにお詳しい方、ご教授頂けますと幸いで御座います。

■作りたいグラフ
・横軸→日付
・縦軸→合算数(下記CSVの宮崎なら、1/2→2件、1/3→1件)
・凡例→宮崎、鹿児島、福岡(動的な生成)

 読み込むCSVファイル(data.csv)

data,value
1/2,宮崎
1/2,宮崎
1/3,宮崎
1/3,鹿児島
1/10,鹿児島
1/10,鹿児島
1/31,福岡

 試してみたけど、グラフが表示されないコード

<!DOCTYPE html>
<html>
    <head>
        <meta charset="utf-8">
        <title>テスト</title>
        <link rel="stylesheet" href="css/main.css">
        <script src="http://d3js.org/d3.v3.min.js" charset="utf-8"></script>
    </head>
    <body>
        <h1>テスト</h1>
        <script>
        // X,Y軸を表示できるようにグラフの周囲にマージンを確保する
        var margin = {top: 40, right: 80, bottom: 80, left: 80};
        var width = 800 - margin.left - margin.right;
        var height = 500 - margin.top - margin.bottom;

        // CSVファイルの読み込み
        d3.csv("data.csv", function(error, dataSet){

          // SVGの表示領域を生成
          var svg = d3.select("#MyGraph")
            .attr("width", width + margin.left + margin.right)
            .attr("height", height + margin.top + margin.bottom)
            .append("g")
            .attr("transform", "translate(" + margin.left + ", " + margin.top + ")");

          // 読み込んだCSVデータから時間軸の両端を抽出
          var n = dataSet.length;
          time_start = new Date(dataSet[0]["data"]);

          // 時間軸のスケール関数を生成
          var time_scale = d3.time.scale()
            .domain([time_start, time_end])
            .range([0, width]);

          // 縦軸のスケール関数を生成
          var y_scale = d3.scale.linear()
            .domain([1,10])
            .range([height, 0]);

          // 福岡、熊本、宮崎、鹿児島を生成
          var line_1 = d3.svg.line()
            .x(function(d,i){
              var tmp = new Date(d["data"]);
              return time_scale(tmp);
            })
            .y(function(d,i){
              return y_scale(d["福岡"]);
            });

          var line_2 = d3.svg.line()
            .x(function(d,i){
              var tmp = new Date(d["data"]);
              return time_scale(tmp);
            })
            .y(function(d,i){
              return y_scale(d["熊本"]);
            });

          var line_3 = d3.svg.line()
            .x(function(d,i){
              var tmp = new Date(d["data"]);
              return time_scale(tmp);
            })
            .y(function(d,i){
              return y_scale(d["宮崎"]);
            });

          var line_4 = d3.svg.line()
            .x(function(d,i){
              var tmp = new Date(d["data"]);
              return time_scale(tmp);
            })
            .y(function(d,i){
              return y_scale(d["鹿児島"]);
            });

          // 折れ線グラフを生成
          svg.append("path")
            .attr("d", line_1(dataSet))
            .style("stroke", "red")
            .style("fill", "none");

          svg.append("path")
            .attr("d", line_2(dataSet))
            .style("stroke", "blue")
            .style("fill", "none");

          svg.append("path")
            .attr("d", line_3(dataSet))
            .style("stroke", "purple")
            .style("fill", "none");

          svg.append("path")
            .attr("d", line_4(dataSet))
            .style("stroke", "orange")
            .style("fill", "none");

          // 凡例を作成
          var label = [ "福岡","熊本","宮崎","鹿児島"];
          var labelColor = ["red", "blue", "purple", "orange"];

          svg.selectAll("text")
            .data(label)
            .enter()
            .append("text")
            .text(function(d){
              return d;
            })
            .style("fill", function(d,i){
              return labelColor[i];
            })
            .attr("x", width - 40)
            .attr("y", function(d, i){
              return 20*(i+1);
            });

          // X軸を描画
          svg.append("g")
            .attr("class", "axis")
            .attr("transform", "translate(0," + height + ")")
            .call(d3.svg
              .axis()
              .scale(time_scale)
              .orient("bottom")
              .tickFormat(function(d,i){
                var fmtFunc = d3.time.format("%b-%d");
                return fmtFunc(d);
              })
            )
            .selectAll("text")
            .attr("transform", "rotate(45)")
            .attr("dy", 10)
            .attr("dx", 10)
            .style("text-anchor", "start");

          // Y軸を描画
          svg.append("g")
            .attr("class", "axis")
            .call(d3.svg.axis()
              .scale(y_scale)
              .orient("left")
            );
        });
        </script>
    </body>
</html>
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.35%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る