質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.94%

【heroku】HerokuGitのリモートにpushできない

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,629
退会済みユーザー

退会済みユーザー

 前提・実現したいこと

HerokuGitを使ってWebAppを公開したいのですが、二つのエラーが出てしまい、困っています。
・リモートへのプッシュでエラー
・400BadRequest

【HerokuGitを使いたい理由(GitHubを使いたくない理由】
GitHub経由でWebAppを公開するのは以前実施したことがあ流のですが、
今回はHerokuにリモートリポジトリを作成し、App公開を目指しています。
外に出したくないコードやデータがあるため、GitHubの公開リポジトリ経由ではAppを公開したくないなあと思っています。

【作業の進め方】
下記のページを参考に作業を進めました。GitHub経由でデプロイした時はこれでうまくいっています。
Django2.0でHerokuデプロイ手順

 発生している問題・エラーメッセージ

・HerokuGitへのプッシュでエラー

remote:        FileNotFoundError: [Errno 2] No such file or directory: '/tmp/build_1f1d6b65dcb127cece6acd573026910d/static'
remote: 
remote:  !     Error while running '$ python manage.py collectstatic --noinput'.
remote:        See traceback above for details.
remote: 
remote:        You may need to update application code to resolve this error.
remote:        Or, you can disable collectstatic for this application:
remote: 
remote:           $ heroku config:set DISABLE_COLLECTSTATIC=1
remote: 
remote:        https://devcenter.heroku.com/articles/django-assets
remote:  !     Push rejected, failed to compile Python app.
remote: 
remote:  !     Push failed
remote: Verifying deploy...
remote: 
remote: !       Push rejected to webjti.
remote: 
To https://git.heroku.com/webjti.git
 ! [remote rejected] master -> master (pre-receive hook declined)
error: failed to push some refs to 'https://git.heroku.com/webjti.git'


→ Django製apiをherokuでデプロイする(自分用メモ)にて解決策があったので実施。heroku config:set DISABLE_COLLECTSTATIC=1
→ この事象は回避できるものの400エラー
→ Django gives Bad Request (400) when DEBUG = False Djangoの400エラーはsettings.pyをいじれとのことなのでいじる
→ 400は出続ける

 該当のソースコード

下記のコードを公開します。
・三種の神器(Procfile, requirements.txt, runtime.txt)
・Djangoの設定ファイル(wigs.py, settings.py)
・.gitignoreファイル

・三種の神器

# Procfile
web: gunicorn config.wsgi --log-file -
# requirements.txt
dj-database-url==0.5.0
dj-static==0.0.6
Django==2.1
django-toolbelt==0.0.1
gunicorn==19.9.0
psycopg2==2.7.5
pytz==2018.5
static3==0.7.0
whitenoise==4.0
#runtime.txt
python-3.6.4


・Djangoの設定ファイル

# wigs.py
import os
from dj_static import Cling
from django.core.wsgi import get_wsgi_application

os.environ.setdefault('DJANGO_SETTINGS_MODULE', 'config.settings')
application = Cling(get_wsgi_application())
#settings.py

import os

# Build paths inside the project like this: os.path.join(BASE_DIR, ...)
BASE_DIR = os.path.dirname(os.path.dirname(os.path.abspath(__file__)))
PROJECT_NAME = os.path.basename(BASE_DIR)

# Quick-start development settings - unsuitable for production
# See https://docs.djangoproject.com/en/2.1/howto/deployment/checklist/

# SECURITY WARNING: keep the secret key used in production secret!
SECRET_KEY = 'r6mcj3edhf6fk_9iw61#7zqe2)vqvn^hw(q9g@rs5)-#l(mn8r'

# SECURITY WARNING: don't run with debug turned on in production!

from socket import gethostname
hostname = gethostname()

if "USERNAME" in hostname:
    # デバッグ環境
    DEBUG = True
    DATABASES = {
        'default': {
            'ENGINE': 'django.db.backends.sqlite3',
            'NAME': os.path.join(BASE_DIR, 'db.sqlite3'),
        }
    }
    ALLOWED_HOSTS = [] # よくわからんけど、これも大事らしい
else:
    # 本番環境
    DEBUG = False
    LOGGING = {
        'version': 1,
        'disable_existing_loggers': False,
        'handlers': {
            'console': {
                'class': 'logging.StreamHandler',
            },
        },
        'loggers': {
            'django': {
                'handlers': ['console'],
                'level': os.getenv('DJANGO_LOG_LEVEL', 'DEBUG'),
            },
        },
    }

    # DB設定
    import dj_database_url
    PROJECT_ROOT = os.path.dirname(os.path.abspath(__file__))
    db_from_env = dj_database_url.config()
    DATABASES = {
        'default': dj_database_url.config()
    }
    ALLOWED_HOSTS = ['*']

# Application definition

INSTALLED_APPS = [
    'shisan.apps.ShisanConfig',
    'django.contrib.admin',
    'django.contrib.auth',
    'django.contrib.contenttypes',
    'django.contrib.sessions',
    'django.contrib.messages',
    'django.contrib.staticfiles',
]

MIDDLEWARE = [
    'django.middleware.security.SecurityMiddleware',
    'whitenoise.middleware.WhiteNoiseMiddleware',    # 追加した
    'django.contrib.sessions.middleware.SessionMiddleware',
    'django.middleware.common.CommonMiddleware',
    'django.middleware.csrf.CsrfViewMiddleware',
    'django.contrib.auth.middleware.AuthenticationMiddleware',
    'django.contrib.messages.middleware.MessageMiddleware',
    'django.middleware.clickjacking.XFrameOptionsMiddleware',
]

ROOT_URLCONF = 'config.urls'

TEMPLATES = [
    {
        'BACKEND': 'django.template.backends.django.DjangoTemplates',
        'DIRS': [os.path.join(BASE_DIR, 'templates')]
        ,
        'APP_DIRS': True,
        'OPTIONS': {
            'context_processors': [
                'django.template.context_processors.debug',
                'django.template.context_processors.request',
                'django.contrib.auth.context_processors.auth',
                'django.contrib.messages.context_processors.messages',
            ],
        },
    },
]

WSGI_APPLICATION = 'config.wsgi.application'


# Database
# https://docs.djangoproject.com/en/2.1/ref/settings/#databases

DATABASES = {
    'default': {
        'ENGINE': 'django.db.backends.sqlite3',
        'NAME': os.path.join(BASE_DIR, 'db.sqlite3'),
    }
}


# Password validation
# https://docs.djangoproject.com/en/2.1/ref/settings/#auth-password-validators

AUTH_PASSWORD_VALIDATORS = [
    {
        'NAME': 'django.contrib.auth.password_validation.UserAttributeSimilarityValidator',
    },
    {
        'NAME': 'django.contrib.auth.password_validation.MinimumLengthValidator',
    },
    {
        'NAME': 'django.contrib.auth.password_validation.CommonPasswordValidator',
    },
    {
        'NAME': 'django.contrib.auth.password_validation.NumericPasswordValidator',
    },
]


# Internationalization
# https://docs.djangoproject.com/en/2.1/topics/i18n/

LANGUAGE_CODE = 'ja'

TIME_ZONE = 'Asia/Tokyo'

USE_I18N = True

USE_L10N = True

USE_TZ = True


# Static files (CSS, JavaScript, Images)
# https://docs.djangoproject.com/en/2.1/howto/static-files/

STATIC_URL = '/static/'
STATICFILES_DIRS = [os.path.join(BASE_DIR, 'static')]
STATIC_ROOT = os.path.join(BASE_DIR, 'static_root')


・.gitignore

venv
__pycache__
staticfiles
db.sqlite3
*.py[co]

 試したこと

・heroku git:remote -a
HerokuGitにリモートを作りたい時は$ heroku git:remote -a APPNAMEせよとの記述があったので、一旦リポジトリを削除してから再度$ heroku git:remote -a APPNAMEしたりもしています。しかしこれも変化なし。
・静的ファイル起因?
HerokuにDjangoアプリをデプロイするとcollectstaticが自動実行される
を読んでみると、静的ファイルのない状態でCollectstaticするとダメ、と読めるような読めないようなことが書いてあります。
現在静的ファイルを作っていないので、そこが怪しいかもと思っています。(これから試す)

 補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

MacOS High Sierra 10.13.6
Python 3.6.4
Django2.1

その他不明な点などありましたらご連絡いただけると幸いです。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

check解決した方法

0

静的ファイルを用意したら解決しました。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.94%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る