質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.50%

  • Java

    15864questions

    Javaは、1995年にサン・マイクロシステムズが開発したプログラミング言語です。表記法はC言語に似ていますが、既存のプログラミング言語の短所を踏まえていちから設計されており、最初からオブジェクト指向性を備えてデザインされています。セキュリティ面が強力であることや、ネットワーク環境での利用に向いていることが特徴です。Javaで作られたソフトウェアは基本的にいかなるプラットフォームでも作動します。

  • Android Studio

    4303questions

    Android Studioは、 Google社によって開発された、 Androidのネイティブアプリケーション開発に特化した統合開発ツールです。

android studio エラーがでる

受付中

回答 0

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 243

mashroom

score 0

Androidアプリ作成初心者です。
エラーがたくさん出るので対処法を教えてください。

import android.os.Environment;
import android.view.MotionEvent;

import android.content.ContentResolver;
import android.content.ContentValues;
import android.graphics.Bitmap;
import android.os.Bundle;
import android.os.Environment;
import android.provider.MediaStore;
import android.support.v7.app.ActionBarActivity;
import android.view.Menu;
import android.view.MenuItem;
import android.widget.FrameLayout;
import android.widget.Toast;
import android.content.ClipData;
import android.content.Intent;
import android.graphics.Bitmap;
import android.graphics.BitmapFactory;
import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.view.DragEvent;
import android.view.MotionEvent;
import android.view.View;
import android.widget.FrameLayout;
import android.widget.ImageView;

import java.io.InputStream;
import android.view.MotionEvent;

import static android.app.Activity.RESULT_OK;

import java.io.File;
import java.io.FileNotFoundException;
import java.io.FileOutputStream;
import java.io.IOException;

public class selectActivity extends AppCompatActivity {

int picnum = 0;
FrameLayout frame;

//  読み込んだ画像を表示するImageView
private ImageView picture;
//画像を読み込むときに使用する変数
private  static  final int REQUEST_ORIGIN = 0;

//どのスタンプをドラッグしているのかを判断する変数
String stampName;

//Image Viewの配列を用意
private ImageView stamp[] = new ImageView[4];

//ドロップする座標を取得するための変数
float x;
float y;

//ドラッグしているものがpictureの中にあるか判定する変数
boolean flag = false;

@Override
protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
super.onCreate(savedInstanceState);
setContentView(R.layout.activity_select);

//スタンプを追加するViewを関連付け
frame = (FrameLayout)findViewById(R.id.framelayout) ;

//画像を表示するImageViewを関連付け
picture = (ImageView) findViewById(R.id.picture);

public void addView(int stampNum){
ImageView image = new ImageView(getApplicationContext());
image.setImageResource(getResources().getIdentifier("stamp" + stampNum, "drawable", getPackageName()));
frame.addView(image, stamp[stampNum].getWidth(), stamp[stampNum].getHeight());
image.setTranslationX(x - (stamp[stampNum].getWidth()) / 2);
image.setTranslationY(y - (stamp[stampNum].getHeight()) / 2);
}

public void select(View v){
Intent intent = new Intent();
intent.setType("image/*");
intent.setAction(Intent.ACTION_GET_CONTENT);
startActivityForResult(intent, REQUEST_ORIGIN);
}

//ImageViewの配列を関連付け
for (int i = 0; i < 4; i++) {
stamp[i] = (ImageView) findViewById(getResources().getIdentifier("imageView" + i, "id", getPackageName()));
}

stamp[0].setOnTouchListener(new View.OnTouchListener() {
@Override
public boolean onTouch(View view, MotionEvent motionEvent) {
stampName = "phone";
ClipData data = ClipData.newPlainText("stamp0", "Drag");
view.startDrag(data, new View.DragShadowBuilder(view), (Object) view, 0);
return false;
}
});

stamp[1].setOnTouchListener(new View.OnTouchListener() {
@Override
public boolean onTouch(View view, MotionEvent motionEvent) {
stampName = "pen case";
ClipData data = ClipData.newPlainText("stamp1", "Drag");
view.startDrag(data, new View.DragShadowBuilder(view), (Object) view, 0);
return false;
}
});

stamp[2].setOnTouchListener(new View.OnTouchListener() {
@Override
public boolean onTouch(View view, MotionEvent motionEvent) {
stampName = "pen";
ClipData data = ClipData.newPlainText("stamp2", "Drag");
view.startDrag(data, new View.DragShadowBuilder(view), (Object) view, 0);
return false;
}
});

stamp[3].setOnTouchListener(new View.OnTouchListener() {
@Override
public boolean onTouch(View view, MotionEvent motionEvent) {
stampName = "glass";
ClipData data = ClipData.newPlainText("stamp3", "Drag");
view.startDrag(data, new View.DragShadowBuilder(view), (Object) view, 0);
return false;
}
});

picture.setOnTouchListener(new View.OnDragListener() {
@Override
public boolean onDrag(View view, DragEvent dragEvent) {
switch (dragEvent.getAction()) {
case DragEvent.ACTION_DRAG_EXITED:
flag = false;
break;
case DragEvent.ACTION_DROP:
x = dragEvent.getX();
y = dragEvent.getY();
break;
case DragEvent.ACTION_DRAG_ENTERED:
flag = true;
break;
default:
break;
}
return true;
}
});

for(int i  = 0; i < 4; i++){
stamp[i].setOnDragListener(new View.OnDragListener(){
@Override
public boolean onDrag(View view, DragEvent dragEvent){
if(dragEvent.getAction() == DragEvent.ACTION_DRAG_ENDED){
if(flag){
switch (stampName){
case "phone":
addView(0);
break;
case "pen case":
addView(1);
break;
case "pen":
addView(2);
break;
case "glass":
addView(3);
break;
}
}
return  true;
}
return false;
}
});
}
}

public class PinchGestureDetector {

public static final String TAG = PinchGestureDetector.class.getName();

private float scale = 1.0f;

private float distance;

private float preDistance;

private PinchGestureListener pinchGestureListener;

public interface PinchGestureListener {
void onPinchGestureListener(PinchGestureDetector dragGestureDetector);
}

public PinchGestureDetector(PinchGestureListener dragGestureListener) {
this.pinchGestureListener = dragGestureListener;
}

public float getScale() {
return this.scale;
}

public float getDistance() {
return this.distance;
}

public float getPreDistance() {
return this.preDistance;
}

synchronized public boolean onTouchEvent(MotionEvent event) {

float eventX = event.getX() * scale;
float eventY = event.getY() * scale;
int count = event.getPointerCount();

int action = event.getAction() & MotionEvent.ACTION_MASK;
int actionPointerIndex = event.getAction() & MotionEvent.ACTION_POINTER_INDEX_MASK;

switch (action) {
case MotionEvent.ACTION_DOWN: {

/** 最初のpointしか来ない */

break;
}
case MotionEvent.ACTION_MOVE: {

if (count == 2) {

float multiTouchX = event.getX(1) * scale;
float multiTouchY = event.getY(1) * scale;

distance = culcDistance(eventX, eventY, multiTouchX, multiTouchY);
pinchGestureListener.onPinchGestureListener(this);
scale *= distance / preDistance;
preDistance = distance;

}

break;
}
case MotionEvent.ACTION_POINTER_DOWN: {

/** 2本の位置を記録 以後、moveにて距離の差分を算出 */

if (count == 2) {
int downId = actionPointerIndex >> MotionEvent.ACTION_POINTER_INDEX_SHIFT;

float multiTouchX = event.getX(downId) * scale;
float multiTouchY = event.getY(downId) * scale;

distance = culcDistance(eventX, eventY, multiTouchX, multiTouchY);
pinchGestureListener.onPinchGestureListener(this);
preDistance = distance;
}

break;
}
case MotionEvent.ACTION_POINTER_UP: {

distance = 0;
preDistance = 0;
scale = 1.0f;

break;
}

default:
}
return false;
}

        

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正の依頼

  • sobue

    2018/08/30 22:41

    エラー内容が記述されていません。どんなエラーかを記述してください。

    キャンセル

  • fuzzball

    2018/08/31 10:00

    コードは ``` で囲って下さい。

    キャンセル

まだ回答がついていません

同じタグがついた質問を見る

  • Java

    15864questions

    Javaは、1995年にサン・マイクロシステムズが開発したプログラミング言語です。表記法はC言語に似ていますが、既存のプログラミング言語の短所を踏まえていちから設計されており、最初からオブジェクト指向性を備えてデザインされています。セキュリティ面が強力であることや、ネットワーク環境での利用に向いていることが特徴です。Javaで作られたソフトウェアは基本的にいかなるプラットフォームでも作動します。

  • Android Studio

    4303questions

    Android Studioは、 Google社によって開発された、 Androidのネイティブアプリケーション開発に特化した統合開発ツールです。