質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.50%

  • canvas

    317questions

    HTML5の<canvas>要素用のタグです。CanvasはHTML5から導入された、二次元の図形描写が可能な要素です。

お絵かきアプリをLocalStorage保存し、表示できるようにしたいです

受付中

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,252

kzzr2onaaa

score 2

下記、ソースコードのどこに何のコードを入れればLocalStorageに保存して、
表示できるようになるでしょうか?
教えて頂けますと幸いです。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>canvas_subject.html</title>
</head>
<body>
<section>
<h1>Canvas</h1>
<nav>
  <button id="clear_btn">クリアー</button>
</nav>
<canvas id="drowarea" width="500" height="500" style="border:1px solid blue;"></canvas>
</section>


<script src="js/jquery-2.1.3.min.js"></script>
<script>
//初期化
//var canvas_mouse_event = false; //スイッチ [ true=線を引く, false=線は引かない ]  ***
//var txy   = 10;               //iPadなどは15+すると良いかも
//var oldX  = 0;                //1つ前の座標を代入するための変数
//var oldY  = 0;                //1つ前の座標を代入するための変数
//var bold_line = 3;            //ラインの太さをここで指定
//var color = "#fff";           //ラインの色をここで指定


var canvas_mouse_event = false;
var txy = 10;
var oldX = 0;
var oldY = 0;
var bold_line = 5;
var color = '#ff0'
//------------------------------------------------
//var can = $("#drowarea")[0]; //CanvasElement
//var context = can.getContext("2d"); //描画するための準備!
//------------------------------------------------
//上2つのスクリプトを記述します。

var can = $("#drowarea")[0];
var context = can.getContext("2d");


//MouseDown:フラグをTrue
//-----------------------------------------------
//$(can).on("mousedown", function(e){
//oldX = e.offsetX;       //MOUSEDOWNしたX横座標取得
//oldY = e.offsetY - txy; //MOUSEDOWN Y高さ座標取得
//canvas_mouse_event=true;
//});
//-----------------------------------------------
//上5つのスクリプトを記述します。

$(can).on("mousedown", function(e){
    oldX = e.offsetX;
    oldY = e.offsetY;
    canvas_mouse_event = true;
});

//MouseMove:
//----------------------------------------------
//$(can).on("mousemove", function (e){
//  if(canvas_mouse_event==true){
//      var px = e.offsetX;
//      var py = e.offsetY - txy;
//      context.strokeStyle = color;
//      context.lineWidth = bold_line;
//      context.beginPath();
//      context.lineJoin= "round";
//      context.lineCap = "round";
//      context.moveTo(oldX, oldY);
//      context.lineTo(px, py);
//      context.stroke();
//      context.closePath();
//      oldX = px;
//      oldY = py;
//  }
//});
$(can).on("mousemove", function (e){
if(canvas_mouse_event==true){
    var px = e.offsetX;
    var py = e.offsetY;
    context.strokeStyle = "#ff0";
    context.lineWidth = 10;
    context.beginPath();
    context.lineJoin = "round";
    context.lineCap = "round";
    context.moveTo(oldX, oldY);
    context.lineTo(px, py);
    context.stroke();
    context.closePath();
    oldX = px;
    oldY = py;
}
});



//MouseUp:フラグをfalse
//------------------------------------------------
//$(can).on("mouseup", function(e){
//    canvas_mouse_event=false;
//});
//------------------------------------------------
$(can).on("mouseup", function(e){
    canvas_mouse_event=false;
});

//クリアーボタンAction
//-----------------------------------------------------------------
//$("#clear_btn").on("click",function (){
//    context.beginPath();
//    context.clearRect(0, 0, can.width, can.height);
//});
//-----------------------------------------------------------------
$("clear_btn").on("click",function(){
    context.beginPath();
    context.clearRect(0,0, can.width, can.height);
});

</script>
</body>
</html>

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

+1

細かい処理を抜きにして、動作だけさせるのであれば、以下のように実装します。

↓を線の描画後に【$(can).on("mousemove", function (e){のif内の最後など】

    window.localStorage.setItem("imageData", can.toDataURL());

↓を消去処理の後に【$("#clear_btn").on("click",function (){の最後など】

    window.localStorage.setItem("imageData", null);

↓を初期化処理の最後に【</script>の上など】

var imageData = window.localStorage.getItem("imageData");
if (imageData != null) {
    var image = new Image();
    image.onload = function() {
            context.drawImage(image, 0, 0);
        };
    image.src = imageData;
}

※線の描画中に連続保存するので、工夫しないと動作が重いかもしれません。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

同じタグがついた質問を見る

  • canvas

    317questions

    HTML5の<canvas>要素用のタグです。CanvasはHTML5から導入された、二次元の図形描写が可能な要素です。