質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.20%

React+jestで絶対パスでimportしたい

受付中

回答 0

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,019

cloudspider

score 90

こんにちは。
私はReactは1年位書いていますが、本格的にやり始めたのはここ最近で、webpackなどに対する理解も浅いレベルです。
最近、Reactプロジェクトにテストコードを書いていこうということになりjestを導入しようとしています。
本格的にテストコードを書くのはほぼ初めてです。

 実現したいことと概要

webpackを用いて、コンポーネントの読み込みを絶対パスで行っているのですが、jest、enzymeを用いたテストコードを追加し、テストを動かそうとすると、以下のようなエラーが表示されます。
Cannot find module '~/components/Button' from 'index.js'

今の設定の絶対path読み込みを変えずにテストを実行できるようにしたいと思っています。

絶対パスで読み込めるのは、webpack.jsで以下のような設定をしているからです。
これはwebpack.config.jsの中の一部です。
理解が浅いので、抜き出す部分がこれだけでは不十分かも知れません。
その時はご指摘願います。

// webpack.config.js
module.exports = {
  context: __dirname,
  resolve: {
    root: [path.join(__dirname, 'src'), path.join(__dirname, 'node_modules')],
    extensions: ['', '.js', '.jsx', '.json', '.css', '.html', '.styl'],
    alias: {
      '~': path.resolve(__dirname, 'src/'), // ←これ
    },
  },
};

だいぶ端折っていますが、ディレクトリ構成は以下のようになっています。

.
├── build
│   └── dist
│       └── src
├── src
│   ├── components
│   │   ├── atoms
│   │   ├── index.js
│   │   ├── molecules
│   │   ├── organisms
│   │   └── templates
│   └── stores
├── tsconfig.json
├── tslint.json
└── webpack.config.js

Reactコンポーネント内では以下のようにして子コンポーネントをimportしています。

import { ChildComponent } from '~/components';

 試したこと

このドキュメントページを参考にして、package.json内のjest.moduleNmaeMapperの部分を以下のように書いてみました。
正規表現の理解が甘いのでそもそも文法的に合っているかも怪しいです。

    "moduleNameMapper": {
      "^\~/(.+)": "src/$1"
    }


Reactファイルの中ではチルダ記号から書いているので、このエイリアス作成部分でも「チルダから始まる○○」と書きたいのですが、jsonファイル内で「\~」と書くとlinterに怒られるのでうまくいきません。

 聞きたいこと

  • そもそもこの方法(moduleNameMapperの編集)で合っているのか
  • 合っているとしたらこの正規表現の部分はなんと書くべきか
  • 間違っているとしたら他に何か良い方法がないか

などを教えていただけると嬉しいです。
よろしくおねがいします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.20%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る