質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.34%

  • JavaScript

    17514questions

    JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

第1引数を固定長、第2引数以降を可変長にする方法

解決済

回答 2

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 863

flat

score 591

次の関数を、第1引数は固定長のまま第2引数以降を可変長にしたいのですが、この様な場合はどうするのが良いのでしょうか?
なお、クラス追加の処理をループさせる方法は出来れば避けたいと考えています。
function addClass( element, class_name ) {
    if ( element.classList ) {
        element.classList.add( class_name );
    } else {
        element.className = class_name;
    }
}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

checkベストアンサー

+3

arguments を Array#slice すれば、第二引数以降の可変長引数を処理できると思います。
(2015/08/04 21:19 className 処理を簡略化できた為、修正しました。)

<p class="hoge foo piyo"></p>

<script>
function addClassListByElement( element, className ) {
  var classList = element.classList,
      classTokenList = Array.prototype.slice.call(arguments, 1);

  if (classList && typeof classList.add === 'function') {
    classList.add.apply(classList, classTokenList);
  } else {
    element.className += ' ' + classTokenList.join(' ');
  }
}

addClassListByElement(document.querySelector('p.hoge'), 'hoge', 'foo2');
</script>

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2015/08/04 22:24

    回答して下さりありがとうございます。
    callメソッドで引数を配列に変換してArray.prototype.sliceで第1引数以降を取得しているのですね。
    applyメソッドの部分は既にあるクラスに追加したクラスを継承しているという理解で良いのでしょうか。

    キャンセル

  • 2015/08/04 23:28 編集

    `Function.prototype.apply` は継承しているわけではないのですが…。
    `DOMTokenList.prototype.add` は可変引数をとるので、`Function.prototype.apply` で渡しています。
    https://dom.spec.whatwg.org/#interface-domtokenlist

    ところで、親コメントの `addClassListByElement` は第一引数 element の例外処理が甘いので注意してください。
    truthy な Object 型を渡すと例外も出さずに静かに処理を終了します。

    キャンセル

  • 2015/08/05 10:55

    applyメソッドで配列(可変長引数)を受け取ってまとめているのですね。
    (まだ少し認識が甘い気がするのでMDNなどをもっと熟読しておきます…)
    厳密な型の判別が必要という例外処理の注意もとても参考になりました。
    ありがとうございました。

    キャンセル

0

回答済みのようですので、参考までに。

ECMAScript2015やCoffeeScriptは可変長引数に対応していますので、
どのようにトランスパイルされるか見るのも一つの手だと思います。
Bableを使ったECMAScript2015の例を見ていたければ、
どのようにすれば汎用的にできるかがわかると思います。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2015/08/05 21:41 編集

    回答して下さりありがとうございます。
    まだJavaScriptに触れて間もないのでCoffeeScript等には馴染みがないですが、今後参考にしようと思います。
    ちなみにリンク先の右側にあるES5のコードを試したところ、クラス名がスペース区切りではなくカンマ区切りで追加されてしまいました。

    var element = getElementById( 'element' );
    addClass( element, 'class1', 'class2' ); // class="class1,class2"

    追記
    classList.add()がそのまま配列やオブジェクトを受け取れるはずもないですよね…。
    あくまでも理解のための参考であってそれで動くというものではない事を理解しました…。
    ありがとうございました。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.34%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る

  • JavaScript

    17514questions

    JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。