質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
OpenCV

OpenCV(オープンソースコンピュータービジョン)は、1999年にインテルが開発・公開したオープンソースのコンピュータビジョン向けのクロスプラットフォームライブラリです。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

解決済

顔認証について facerect のエラー

退会済みユーザー

退会済みユーザー

総合スコア0

OpenCV

OpenCV(オープンソースコンピュータービジョン)は、1999年にインテルが開発・公開したオープンソースのコンピュータビジョン向けのクロスプラットフォームライブラリです。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

2回答

0評価

0クリップ

577閲覧

投稿2018/08/01 06:43

編集2018/08/01 07:09

python

import cv2 import threading from datetime import datetime import numpy as np class FaceThread(threading.Thread): def __init__(self, frame): super(FaceThread, self).__init__() self._cascade_path = "/usr/local/opt/opencv/share/OpenCV/haarcascades/haarcascade_frontalface_alt.xml" self._frame = frame def run(self): #グレースケール変換 self._frame_gray = cv2.cvtColor(self._frame, cv2.COLOR_BGR2GRAY) #カスケード分類器の特徴量を取得する self._cascade = cv2.CascadeClassifier(self._cascade_path) #物体認識(顔認識)の実行 self._facerect = self._cascade.detectMultiScale(self._frame_gray, scaleFactor=1.2, minNeighbors=3, minSize=(10, 10), maxSize=(100, 100)) if len(self._facerect) > 0: print ('顔が検出されました。') self._color = (255, 255, 255) #白 for self._rect in self._facerect: #検出した顔を囲む矩形の作成 cv2.rectangle(self._frame, tuple(self._rect[0:2]),tuple(self._rect[0:2] + self._rect[2:4]), self._color, thickness=2) #現在の時間を取得 self._now = datetime.now().strftime('%Y%m%d%H%M%S') #認識結果の保存 self._image_path = self._now + '.jpg' cv2.imwrite(self._image_path, self._frame) # カメラをキャプチャ開始 cap = cv2.VideoCapture(0) while True: ret, frame = cap.read() #frameを表示 cv2.imshow('camera capture', frame) if(threading.activeCount() == 1): th = FaceThread(frame) th.start() #10msecキー入力待ち k = cv2.waitKey(10) #Escキーを押されたら終了 if k == 27: break #キャプチャを終了 cap.release() cv2.destroyAllWindows()

前提・実現したいこと

ここに質問の内容を詳しく書いてください。
(例)PHP(CakePHP)で●●なシステムを作っています。
■■な機能を実装中に以下のエラーメッセージが発生しました。

発生している問題・エラーメッセージ

cv2.error: OpenCV(3.4.2)C:\projects\opencv-python\opencv\modules\objdetect\src\cascadedetect.cpp:1698: error: (-215:Assertion failed) !empty() in function 'cv::CascadeClassifier::detectMultiScale'

該当のソースコード

python

self._facerect = self._cascade.detectMultiScale(self._frame_gray, scaleFactor=1.2, minNeighbors=3, minSize=(10, 10), maxSize=(100, 100))

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

このプログラムを実行できるようにしたいです。
webカメラは起動しますが、顔を白い枠で囲うプログラムが動きません。
今回問題になっている個所以外にも何か直したほうが良さそうなところがあればアドバイスしていただけると大変助かります。

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

coco_bauer

2018/08/01 06:57

「cv2.error: OpenCV(3.4.2)」がエラーメッセージの全てですか???
退会済みユーザー

退会済みユーザー

2018/08/01 07:05

すみません。不備がありました。C:\projects\opencv-python\opencv\modules\objdetect\src\cascadedetect.cpp:1698: error: (-215:Assertion failed) !empty() in function 'cv::CascadeClassifier::detectMultiScale'が続きです。
mt08

2018/08/01 07:15 編集

Windowsですか? haarcascade_frontalface_alt.xml へのパスがちがうのでは? /usr/local/ ~にあります??
coco_bauer

2018/08/01 07:25

質問の「発生している問題・エラーメッセージ」の内容も、修正してください。そうしないと、質問と回答の関係が分かりにくくなりますから。
退会済みユーザー

退会済みユーザー

2018/08/01 10:26

mt08さん   windouwsです! パスが違うとはどういうことでしょうか? 簡単にで良いのでどのような処理をすれば良いか教えてもらえませんか?

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

OpenCV

OpenCV(オープンソースコンピュータービジョン)は、1999年にインテルが開発・公開したオープンソースのコンピュータビジョン向けのクロスプラットフォームライブラリです。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。