質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.52%

  • Java

    13778questions

    Javaは、1995年にサン・マイクロシステムズが開発したプログラミング言語です。表記法はC言語に似ていますが、既存のプログラミング言語の短所を踏まえていちから設計されており、最初からオブジェクト指向性を備えてデザインされています。セキュリティ面が強力であることや、ネットワーク環境での利用に向いていることが特徴です。Javaで作られたソフトウェアは基本的にいかなるプラットフォームでも作動します。

TalkApi(A3rt)の精度が悪い問題(Java)

受付中

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 104

 前提・実現したいこと

javaでTalkAPIを使い対話するプログラムを書きました。
今はコンソール上でやり取りする様にしています。
日常会話を実現したいです。

 発生している問題・エラーメッセージ

エラーメッセージが出ているわけではないのですが
非常にAPIの返答に違和感を感じます。
挨拶にもまともに返してくれません。
おそらく自分のコードにミスがあり、返答がおかしいのかなと考えています。

 該当のソースコード

import java.io.BufferedReader;
import java.io.DataOutputStream;
import java.io.IOException;
import java.io.InputStreamReader;
import java.net.HttpURLConnection;
import java.net.URL;

public class talk_api {

    public String res_smltalk() {
        while (true) {
            HttpURLConnection conn = null;
            try {
                //標準入力
                System.out.print("[me]:");
                BufferedReader br
                        = new BufferedReader(new InputStreamReader(System.in));
                String input = br.readLine();

                if (input == null || input.isEmpty()) {
                    continue;
                } else if (input.equals("bye")) {
                    System.out.println("終了");
                    return "not";
                }

                //送信データ
                //発行したAPI KEYを書く
                String data = "apikey=自分のAPIKEY&query=" + input;

                //HTTP接続
                URL url = new URL("https://api.a3rt.recruit-tech.co.jp/talk/v1/smalltalk");
                conn = (HttpURLConnection) url.openConnection();
                conn.setDoInput(true);
                conn.setDoOutput(true);
                conn.setRequestMethod("POST");
                conn.setUseCaches(false);

                //POST送信
                try (DataOutputStream dos = new DataOutputStream(conn.getOutputStream())) {
                    dos.writeBytes(data);
                }

                //レスポンス受信
                int rescode = conn.getResponseCode();
                if (rescode == HttpURLConnection.HTTP_OK) {
                    try (BufferedReader reader = new BufferedReader(new InputStreamReader(conn.getInputStream()))) {
                        StringBuilder buf = new StringBuilder();
                        String line;

                        while ((line = reader.readLine()) != null) {
                            buf.append(line);
                        }

                        System.out.println(convertToOliginal(buf.toString()));
                        String response = convertToOliginal(buf.toString());
                        //System.out.println(response);

                        //replyタグの後ろを取り出す
                        String reply = ""; // 返り値
                        if (response != null && response.length() > 0) {
                            int offset = 0;
                            offset = response.indexOf("reply"); 
                            if (response.startsWith("reply", offset)) {
                                int end = response.indexOf("}", offset);
                                reply = response.substring(offset+9, end-1);
                              }
                            }


                        System.out.println("[system]:"+reply);
                    }
                }
            } catch (IOException ex) {
                ex.printStackTrace();
            } finally {
                if (conn != null) {
                    conn.disconnect();
                }
            }
        }
    }

    /**
     * unicode文字列を文字列に変換(u\3042 ⇒ あ)
     *
     * @param unicode unicode文字列を含む文字列
     * @return 文字列
     */
    private static String convertToOliginal(String unicode) {
        String tmp = unicode;
        while (tmp.indexOf("\\u") > 0) {
            String str = tmp.substring(tmp.indexOf("\\u"), tmp.indexOf("\\u") + 6);
            int c = Integer.parseInt(str.substring(2), 16);
            tmp = tmp.replaceFirst("\\" + str, new String(new int[]{c}, 0, 1));
        }
        return tmp;
    }

    //テスト用
    public static void main(String[] args) {
    talk_api tes = new talk_api();
    tes.res_smltalk();
    }

 試したこと

実行結果は以下の様な感じです。
[me]:おはようございます
{"status": 0, "message": "ok", "results": [{"perplexity": 0.2315019959271728, "reply": "私はそんなに嫌いじゃないですよ"}]}
[system]:私はそんなに嫌いじゃないです
[me]:こんにちは
{"status": 0, "message": "ok", "results": [{"perplexity": 0.23161212785866075, "reply": "あなたはよくするんですか?"}]}
[system]:あなたはよくするんですか
[me]:bye
終了

 補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

参考にしたサイト様(参考というよりほぼ引用)
https://qiita.com/tshk_mtsys/items/c46f7a37c1770c6555e2

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

0

how i help you

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.52%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • Java

    13778questions

    Javaは、1995年にサン・マイクロシステムズが開発したプログラミング言語です。表記法はC言語に似ていますが、既存のプログラミング言語の短所を踏まえていちから設計されており、最初からオブジェクト指向性を備えてデザインされています。セキュリティ面が強力であることや、ネットワーク環境での利用に向いていることが特徴です。Javaで作られたソフトウェアは基本的にいかなるプラットフォームでも作動します。