質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
Java

Javaは、1995年にサン・マイクロシステムズが開発したプログラミング言語です。表記法はC言語に似ていますが、既存のプログラミング言語の短所を踏まえていちから設計されており、最初からオブジェクト指向性を備えてデザインされています。セキュリティ面が強力であることや、ネットワーク環境での利用に向いていることが特徴です。Javaで作られたソフトウェアは基本的にいかなるプラットフォームでも作動します。

解決済

java 引数

kisaragizinzin7
kisaragizinzin7

総合スコア90

Java

Javaは、1995年にサン・マイクロシステムズが開発したプログラミング言語です。表記法はC言語に似ていますが、既存のプログラミング言語の短所を踏まえていちから設計されており、最初からオブジェクト指向性を備えてデザインされています。セキュリティ面が強力であることや、ネットワーク環境での利用に向いていることが特徴です。Javaで作られたソフトウェアは基本的にいかなるプラットフォームでも作動します。

3回答

0評価

0クリップ

2619閲覧

投稿2015/07/27 01:31

コード public class Player{ //定数、変数 static final int STONE = 0, SCISSORS = 1, PAPER = 2; //ジャンケンの手を表す定数 private String name_; //プレイヤーの名前 private int winCount_ = 0; //プレイヤーの勝った回数 //nameのコンストラクタ public Player(String name){ this.name_ = name; } //ジャンケンの手を出すメソッド public int showHand(){ int hand = 0; Random rnd = new Random(); //ランダムに数字を取り出す公式 int randomNum = rnd.nextInt(3); //0から2の数字をランダムに取り出す if (randomNum == 0){ hand = STONE; } else if (randomNum == 1){ hand = SCISSORS; } else if (randomNum == 2){ hand = PAPER; } return hand; //決定した手を戻り値として返す } //勝敗を聞くメソッド public void notifyResult(boolean result){ if (true == result){ //true勝ち、false負け winCount_ ++; //勝った場合は勝ち数を加算する } } //自分の勝った回数を答えるメソッド public int getWinCount(){ return winCount_; } //自分の名前を答えるメソッド public String getName(){ return name_; } }
コード public class Judge{ //ジャンケンを開始するメソッド public void startJanken(Player player1, Player player2){ System.out.println("【ジャンケン開始】\n"); for (int cnt = 0; cnt < 3; cnt++){ //ジャンケンを3回行う System.out.println("【" + (cnt + 1) + "回戦目】"); Player winner = judgeJanken(player1, player2); //プレイヤーの手を見て、どちらが勝ちかを判定する if (winner != null){ System.out.println("\n" + winner.getName() + "が勝ちました!\n"); //勝者を表示する winner.notifyResult(true); //勝ったプレイヤーへ結果を伝える } else{ System.out.println("\n引き分けです!\n"); } } System.out.println("【ジャンケン終了】\n"); Player finalWinner = judgeFinalWinner(player1, player2); //最終的な勝者を判定する System.out.print(player1.getWinCount() + " 対 " + player2.getWinCount() + "で"); //結果の表示 if (finalWinner != null){ System.out.println(finalWinner.getName() + "の勝ちです!\n"); } else{ System.out.println("引き分けです!\n"); } } //プレイヤーの手を見て、どちらが勝ちかを判定するメソッド private Player judgeJanken(Player player1, Player player2){ Player winner = null; int player1hand = player1.showHand(); //プレイヤー1の手を出す int player2hand = player2.showHand(); //プレイヤー2の手を出す //それぞれの手を表示する printHand(player1hand); System.out.print(" vs. "); printHand(player2hand); System.out.print("\n"); //プレイヤー1が勝つ場合 if ((player1hand == Player.STONE && player2hand == Player.SCISSORS) || (player1hand == Player.SCISSORS && player2hand == Player.PAPER) || (player1hand == Player.PAPER && player2hand == Player.STONE)){ winner = player1; } //プレイヤー2が勝つ場合 else if ((player1hand == Player.STONE && player2hand == Player.PAPER) || (player1hand == Player.SCISSORS && player2hand == Player.STONE) || (player1hand == Player.PAPER && player2hand == Player.SCISSORS)){ winner = player2; } //どちらでもない場合は引き分け(nullを返す) return winner; } //最終的な勝者を判定するメソッド private Player judgeFinalWinner(Player player1, Player player2){ Player winner = null; int player1WinCount = player1.getWinCount(); //Player1から勝ち数を聞く int player2WinCount = player2.getWinCount(); //Player2から勝ち数を聞く if (player1WinCount > player2WinCount){ winner = player1; //プレイヤー1の勝ち } else if (player1WinCount < player2WinCount){ winner = player2; //プレイヤー2の勝ち } // どちらでもない場合は引き分け(nullを返す) return winner; } //ジャンケンの手を表示するメソッド private void printHand(int hand){ switch (hand){ case Player.STONE : System.out.print("グー"); break; case Player.SCISSORS : System.out.print("チョキ"); break; case Player.PAPER : System.out.print("パー"); break; default : break; } } }
コード public class Main { /**オブジェクト指向によるジャンケンプログラム*/ public static void main(String[] args) { // 審判(斎藤さん)のインスタンス生成 Judge saito = new Judge(); // プレイヤー1(村田さん)の生成 Player murata = new Player("村田さん"); // プレイヤー2(山田さん)の生成 Player yamada = new Player("山田さん"); // 村田さんと山田さんをプレイヤーとしてジャンケンを開始する saito.startJanken(murata, yamada); } }

上のはじゃんけんのサンプルコードなのですが、これは2人で対戦した場合のものになります。
もし三人以上で対戦する場合はどうしたらいいのでしょうか?

私が思うに
public void startJanken(Player player1, Player player2){
となっている引数の部分を増やせばいいと思うのですが、引数の部分に変数を使って
num = 5(5人で対戦の場合)
Player playernum
for(int i= 0; i<num; i++)
のような感じですればいいのではと思うのですが

よろしくお願いいたします。

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

Java

Javaは、1995年にサン・マイクロシステムズが開発したプログラミング言語です。表記法はC言語に似ていますが、既存のプログラミング言語の短所を踏まえていちから設計されており、最初からオブジェクト指向性を備えてデザインされています。セキュリティ面が強力であることや、ネットワーク環境での利用に向いていることが特徴です。Javaで作られたソフトウェアは基本的にいかなるプラットフォームでも作動します。