質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.33%

  • Swift

    7721questions

    Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語で、Objective-CやObjective-C++と共存することが意図されています

AVFoundationを使ったcaptureOutputが呼ばれない

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 349

nasutaro211

score 12

AVFoundation周りのことで困っています。

無音カメラの実装をしているのですが、ビデオフレームが書き込まれたことを通知されて動くはずのメソッドであるcaptureOutput(_:didOutput:from:)が呼ばれません。

次のことは確認してあります。

  1. output.sampleBufferDelegateCameraViewControllerが入っていること
  2. カメラで写した画がiPhone上に表示されること

ソースコードは次のようです。

class CameraViewController: UIViewController, AVCaptureVideoDataOutputSampleBufferDelegate {

    var input:AVCaptureDeviceInput!
    var output:AVCaptureVideoDataOutput!
    var session:AVCaptureSession!
    var camera:AVCaptureDevice!
    var imageView:UIImageView!
    var videoPreviewLayer:AVCaptureVideoPreviewLayer?


    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()

    }

    override func viewWillAppear(_ animated: Bool) {
        // スクリーン設定
        setupDisplay()

        // カメラの設定
        setupCamera()
    }


    func setupDisplay(){
        //スクリーンの幅
        let screenWidth = UIScreen.main.bounds.size.width;
        //スクリーンの高さ
        let screenHeight = UIScreen.main.bounds.size.height;

        // カメラからの映像を映すimageViewの作成
        if let iv = imageView {
            //以前のimageViewがあれば剥がしておく(imageViewが残っていないか確認最初は入ってない)
            iv.removeFromSuperview()
        }
        imageView = UIImageView()
        imageView.frame = CGRect(x: 0.0, y: 0.0, width: screenWidth ,height: screenHeight)
        view.addSubview(imageView)
        view.sendSubview(toBack: imageView)
    }

    func setupCamera(){
        // AVCaptureSession: キャプチャに関する入力と出力の管理
        session = AVCaptureSession()

        // sessionPreset: キャプチャ・クオリティの設定
        session.sessionPreset = .photo//

        // AVCaptureDevice: カメラやマイクなどのデバイスを設定
        for caputureDevice: AnyObject in AVCaptureDevice.devices() {
            // 背面カメラを取得
            if caputureDevice.position == AVCaptureDevice.Position.back {
                camera = caputureDevice as? AVCaptureDevice
                break
            }
        }

        // カメラからの入力データ
        do {
            input = try AVCaptureDeviceInput(device: camera) as AVCaptureDeviceInput
        } catch let error as NSError {
            print(error)
        }

        // 入力をセッションに追加
        if(session.canAddInput(input)) {
            session.addInput(input)
        }

        // AVCaptureVideoDataOutput:動画フレームデータを出力に設定
        output = AVCaptureVideoDataOutput()
        // 出力をセッションに追加
        if(session.canAddOutput(output)) {
            session.addOutput(output)
        }

        // ピクセルフォーマットを 32bit BGR + A とする
        output.videoSettings =
            [kCVPixelBufferPixelFormatTypeKey as AnyHashable as!
                String : Int(kCVPixelFormatType_32BGRA)]
        // フレームをキャプチャするためのサブスレッド用のシリアルキューを用意
        output.setSampleBufferDelegate(self, queue: DispatchQueue.main)
        //追加したコード
        videoPreviewLayer = AVCaptureVideoPreviewLayer(session: session)
        videoPreviewLayer?.videoGravity = AVLayerVideoGravity.resizeAspectFill
        videoPreviewLayer?.frame = view.layer.bounds
        view.layer.insertSublayer(videoPreviewLayer!, below: nil)
//        view.layer.addSublayer(videoPreviewLayer!)


        output.alwaysDiscardsLateVideoFrames = true

        session.startRunning()

        // deviceをロックして設定
        do {
            try camera.lockForConfiguration()
            // フレームレート
            camera.activeVideoMinFrameDuration = CMTimeMake(1, 30)
            camera.unlockForConfiguration()
        } catch _ {
        }
    }


    // 新しいキャプチャの追加で呼ばれる
    func captureOutput(_ captureOutput: AVCaptureOutput!, didOutputSampleBuffer sampleBuffer: CMSampleBuffer!, from connection: AVCaptureConnection!) {
        print("呼ばれてくれ...")
    }


    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
        // Dispose of any resources that can be recreated.
    }
}

気になる点としては

  1. どのタイミングでcaptureOutput(_:didOutput:from:)が呼ばれるか
  2. これでうまくdelegateの設定ができているのか?

の2点です。
他にも呼ばれない理由があるのかわからないのであれば教えて欲しいです。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

check解決した方法

+1

delegateメソッドの名前が一昔前のものになっていたのが原因でした。
ちゃんとdelegateプロトコルの定義を見てあげればわかるということが今回の学びです。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.33%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る

  • Swift

    7721questions

    Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語で、Objective-CやObjective-C++と共存することが意図されています