質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
Firebase

Firebaseは、Googleが提供するBasSサービスの一つ。リアルタイム通知可能、並びにアクセス制御ができるオブジェクトデータベース機能を備えます。さらに認証機能、アプリケーションのログ解析機能などの利用も可能です。

JavaScript

JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

受付中

Firebase Cloud Storage のセキュリティルールについて

tarotarosu
tarotarosu

総合スコア0

Firebase

Firebaseは、Googleが提供するBasSサービスの一つ。リアルタイム通知可能、並びにアクセス制御ができるオブジェクトデータベース機能を備えます。さらに認証機能、アプリケーションのログ解析機能などの利用も可能です。

JavaScript

JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

1回答

0評価

1クリップ

19閲覧

投稿2018/06/20 09:22

編集2022/01/12 10:55

前提・実現したいこと

Cloud Storageのセキュリティルールの仕様(?)がいま一つ分かりません。
実現したいこととしては、Firebaseの認証機能を通ったユーザだけがCloud Storage内の画像等にアクセスできるようにするというものです。

今、下記リンク先の記事のようにしてCloud Storage内の画像を表示しました。
Firebase Cloud Storageに格納した画像を一覧表示する - Qiita
つまり、Firestoreに格納された下記値を取得して、imgタグに突っ込むということをしています。

javascript

downloadUrl: `https://firebasestorage.googleapis.com/v0/b/${bucketName}/o/${encodeURIComponent(filePath)}?alt=media`

その後、下記のように誰でも読み込み可能なセキュリティルールから、

javascript

service firebase.storage { match /b/{bucket}/o { match /{allPaths=**} { allow read; allow write: if request.auth != null; } } }

Firebaseのドキュメントをもとに、下記のようにユーザ認証をパスしたユーザだけが読み込み可能というセキュリティルールに変更しました。

javascript

service firebase.storage { match /b/{bucket}/o { match /{allPaths=**} { allow read, write: if request.auth != null; } } }

このようなセキュリティルールに書き換えたところ、ユーザ認証をパスしたユーザであっても画像を表示できなくなってしまいました(403エラーが返ってきます)。

ユーザ認証をパスしているはずなのになぜ画像が表示できなくなってしまったのでしょうか?
何かご回答を頂けると助かります<(_ _)>

追記

Reactのコードですが、
ユーザ認証を行う下記コンポーネント内でuidが取得出来たら配下のコンポーネントを表示し、取得できなければログインページへリダイレクトさせるという処理をし確認しています。

jsx

export default class Auth extends React.Component { constructor(props) { super(props); this.state = { uid: null, loading: true, }; } componentDidMount() { this.removeListener = firebase.auth().onAuthStateChanged((user) => { if (user) { this.setState({ uid: user.uid, loading: false, }); } else { this.setState({ loading: false, }); } }); } render() { if (this.state.loading) { return ( <p>Now Loading...</p> ); } if (!this.state.uid) { return ( <Redirect to="/" /> ); } return ( this.props.children ); } }

そして、uidが取得できた場合に表示するコンポーネントの中で、

javascript

downloadUrl: `https://firebasestorage.googleapis.com/v0/b/${bucketName}/o/${encodeURIComponent(filePath)}?alt=media`

が格納されたFirestoreのドキュメントを下記のようにまとめて取得し、<img>に突っ込んでいっています。

javascript

const db = firebase.firestore(); const datas = []; db.collection('images').get() .then((snapshot) => { snapshot.forEach((doc) => { const data = doc.data(); datas.push(data); }); this.setState({ imageDatas: datas, }); });

追記2

色々と試しているのですが、下記のようにgetDownloadURL()を使って画像のダウンロードURLを取得し、表示させようとすると、ちゃんとユーザの認証状態によって画像の表示・非表示ができます。

javascript

const storage = firebase.storage(); const fileRef = storage.ref().child('path to file'); fileRef.getDownloadURL().then((url) => { this.setState({ downloadUrl: url, }); }).catch((err) => { console.log(err); });

つまり、getDownloadURL()で画像を表示せずに、
Firestoreに記述された

javascript

downloadUrl: `https://firebasestorage.googleapis.com/v0/b/${bucketName}/o/${encodeURIComponent(filePath)}?alt=media`

を利用して画像を表示させようとしていることに問題があるのではないかと思っています。
(末尾のトークン(?)を省いているのが原因なのかどうなのか...)

追記2_1

ダウンロードURLの末尾のトークンを省いていることに問題がありそうだったので、

javascript

downloadUrl: `https://firebasestorage.googleapis.com/v0/b/${bucketName}/o/${encodeURIComponent(filePath)}?alt=media&token=hogehoge...`

のように(コンソールから確認できるダウンロードURLで)記述したところ、認証状態によって画像の表示・非表示ができました。
(ただこのトークンが何なのかを今一つ理解せずに実験してみての結果なのでトークンによるものなのかは断言できないです...)

しかし、末尾のトークンを正しくつけてやればいいのではないかということは分かったのですが、個人的に考える重大な問題があります。
それは「ダウンロードURLを<img>に突っ込んでいるわけなので、ブラウザのディベロッパツールなどからダウンロードURLを見れば、簡単に外部からでもアクセスできてしまう」というものです。
ユーザ認証をパスした者が悪意あるユーザにダウンロードURLを教えた場合、そのダウンロードURLにアクセスしまくり、Firebaseの料金に影響を及ぼすことはできるわけですよね?

ちなみにですが、末尾のトークンを含まないダウンロードURLで外部からアクセスした場合は403が返ってき、アクセスできません。

なので理想としては、
「ユーザ認証をパスしたユーザにのみCloud Storage上の画像を表示させる。しかも画像を表示させるためのダウンロードURLは末尾のトークンを抜いた形式で」
という手法です。
この手法を実現する方法はないでしょうか?...

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

Yatima
Yatima

2018/06/20 09:34

ユーザ認証をパスした,とはどうやって確認しましたか?
tarotarosu
tarotarosu

2018/06/20 09:57

コメントありがとうございます<\(_ _\)> 追記しましたのでご確認よろしくお願い致します<\(_ _\)>

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

Firebase

Firebaseは、Googleが提供するBasSサービスの一つ。リアルタイム通知可能、並びにアクセス制御ができるオブジェクトデータベース機能を備えます。さらに認証機能、アプリケーションのログ解析機能などの利用も可能です。

JavaScript

JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。