質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.76%

  • Vue.js

    585questions

    Vue.jsは、Webアプリケーションのインターフェースを構築するためのオープンソースJavaScriptフレームワークです。

  • Onsen UI

    314questions

    HTML5で記述されたモバイルアプリの高速化、およびネイティブアプリライクなUIが作れるフレームワーク。 様々なJavaScriptフレームワークと併せて使用することができます。スマートフォン向けアプリ、Webサイトに必要なアニメーション、UI/UXを実装することが可能になります。

onsenUI+Vue2でのTabber+navigationの画面遷移について

受付中

回答 0

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 93

unotovive

score 8

OnsenUI初心者です。現在onsenUI+vueのtabbertemplateを使いアプリを作成しています。
とあるタブのページに設置したボタンから次のページに遷移する物を作りたいのですが、下記のコードだとSigininページでボタンを押すと真下にSignupページが表示され(一つのタブに並んで)てしまいます。どこがいけないのでしょうか?不足しているコード等あれば指摘していただければ補完します。
今回の質問に関係ないと思われるFirebase関連のメソッドも入ってます。よろしくお願いします。

tabに表示しているnavi.vue

<template>
  <v-ons-navigator swipeable :page-stack="pageStack" @push-page="pageStack.push($event)">
  </v-ons-navigator>
</template>


<script>
  import signin from 'Signin'
  export default {
    data() {
      return {
        pageStack: [signin]
      }
    }
  }
</script>


naviで表示するSignin.vue

<template>
  <div class="signin">
    <h2>Sign in</h2>
    <input type="text" placeholder="Username" v-model="username">
    <input type="password" placeholder="Password" v-model="password">
    <button @click="signIn">Signin</button>
    <p>You don't have an account? 
      <v-ons-button @click="push">Create Account</v-ons-button>
    </p>
  </div>
</template>

<script>
import firebase from "firebase";
import signup from "Signup";
export default {
  name: "Signin",
  data: function() {
    return {
      username: "",
      password: ""
    };
  },
  methods: {
    push() {
      this.$emit("push-page", signup);
    },
    signIn: function() {
      firebase
        .auth()
        .signInWithEmailAndPassword(this.username, this.password)
        .then(
          user => {
            alert("Success!");
            this.$router.push("/");
          },
          err => {
            alert(err.message);
          }
        );
    }
  }
};
</script>

<style scoped>
中略
</style>


ページ遷移後のSginup

<template>
  <div class="signup">
    <h2>Sign up</h2>
    <input type="text" placeholder="Username" v-model="username">
    <input type="password" placeholder="Password" v-model="password">
    <button @click="signUp">Register</button>
    <p>Do you have an account? 
      <v-ons-back-button>Sign in</v-ons-back-button>
    </p>
  </div>
</template>

<script>
import firebase from "firebase";

export default {
  name: "Signup",
  data() {
    return {
      username: "",
      password: ""
    };
  },
  methods: {
    signUp: function() {
      firebase
        .auth()
        .createUserWithEmailAndPassword(this.username, this.password)
        .then(user => {
          alert("Create account: ", user.email);
        })
        .catch(error => {
          alert(error.message);
        });
    }
  }
};
</script>
<style scoped>
中略
</style>
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.76%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • Vue.js

    585questions

    Vue.jsは、Webアプリケーションのインターフェースを構築するためのオープンソースJavaScriptフレームワークです。

  • Onsen UI

    314questions

    HTML5で記述されたモバイルアプリの高速化、およびネイティブアプリライクなUIが作れるフレームワーク。 様々なJavaScriptフレームワークと併せて使用することができます。スマートフォン向けアプリ、Webサイトに必要なアニメーション、UI/UXを実装することが可能になります。