質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.34%

  • Python

    9185questions

    Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

時系列データの変化点抽出について(Prophet)

受付中

回答 0

投稿

  • 評価
  • クリップ 2
  • VIEW 261

kirama

score 9

Facebook が作った時系列予測パッケージProphetで時系列データから異常な変化点を抽出したいです。

扱うデータとしてはある観測地点の1990年~2018年の冬季(1月~12月)の4ヶ月間の毎日の降水量を抽出してそれを時系列に並べたもので、3396行2列のデータフレームです。これをプロットすると以下のようになります。
イメージ説明
そして以下のサイトを参考にし、Prophetを用いて25個の変化点を抽出できました。
リンク内容
109    1991-03-20
217    1992-03-06
326    1993-02-22
435    1994-02-10
543    1995-01-28
652    1996-01-16
.
.
.
2281   2009-03-09
2390   2010-02-25
2499   2011-02-13
2607   2012-01-31
2716   2013-01-18
しかし変化点の位置を赤点線として、変化点をグラフと一緒にプロットしてみると、2013年度以降は変化点が全く見られないという違和感のある結果になってしまいました。
調べてみると、Prophetはモデルを構築する際に、データの前半80%の部分に変化点候補を作成しているそうです。
そこで、データ全体から変化点を抽出することは可能なのかどうかが知りたいです。
!イメージ説明説明](953c4bbe659e1a847fc37d7140cd372f.png)明](5b2c4ca342cff095763d760f0c092a40.png)

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

まだ回答がついていません

同じタグがついた質問を見る

  • Python

    9185questions

    Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。