質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.76%

  • JavaScript

    15354questions

    JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

disabled属性の値について

受付中

回答 2

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 174

qqqqqqqqqqqq

score 1

https://teratail.com/questions/127916?whotofollow=
の続き

disabled属性の値は、絶対にtrueかfalseしかないのですね。

二度押しを防止するために、一度押したら押せないようにしています。
そして下記で押せないようにされていたら、押せるように変更したいのですが、

var hintBtn = document.getElementById('jsHint');
if(hintBtn.disabled === 'disabled') {
hintBtn.disabled = 'false';
}

その場合

var hintBtn = document.getElementById('jsHint');
if(hintBtn.disabled === true) {
hintBtn.disabled = 'false';
}

とすればいいのでしょうか?
つまり値を再代入する場合は、trueが押せない状態、falseが押せる状態にへんこうする。
またすでに真偽値が入っている場合は現在trueが押せない状態、falseが押せる状態になっているという意味。
でよろしかったでしょうか

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • mts10806

    2018/05/25 17:00

    実際に動かした結果は? >とすればいいのでしょうか?

    キャンセル

  • mather

    2018/05/25 17:01

    「とすればいいのでしょうか?」ではなく実際に動かしてから質問しましょう。

    キャンセル

  • x_x

    2018/05/25 17:12

    プロパティの話から属性値の話にすり替わってますが? 区別はついているでしょうか?

    キャンセル

  • 退会済みユーザー

    2018/05/25 18:35

    複数のユーザーから「やってほしいことだけを記載した丸投げの質問」という意見がありました
    「質問を編集する」ボタンから編集を行い、調査したこと・試したことを記入していただくと、回答が得られやすくなります。

回答 2

0

disabled属性の値は、絶対にtrueかfalseしかないのですね。 

そうではない、アクセスの仕方が違うだけ

<script>
window.addEventListener('DOMContentLoaded', function(e){
  console.log(document.querySelector('#hoge').getAttribute("disabled"));
  console.log(document.querySelector('#hoge').disabled);
  document.querySelector('#fuga').setAttribute("disabled","disabled");
  document.querySelector('#piyo').disabled=true;
});
</script>

<input type="text" id="hoge" name="hoge" value="1" disabled="disabled">
<input type="text" id="fuga" name="fuga" value="2">
<input type="text" id="piyo" name="piyo" value="3">

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

0

'false'としたら、文字列と判別されてtrueになりませんか?(中身がfalseでも、disabledがかかる)

disabledを無効に変更する際は下記のようにします。

var hintBtn = document.getElementById('jsHint');
if(hintBtn.disabled) {
  hintBtn.disabled = false;
}

もしくは常に押すたびに入れ替えにするなら、下記でもいけるでしょう。

var hintBtn = document.getElementById('jsHint');
hintBtn.disabled = !hintBtn.disabled;

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/05/26 14:06

    真偽地で判断しているので文字列のfalseを代入しても押せる状態にはならないのですね。

    真偽地を入れるので

    var hintBtn = document.getElementById('jsHint');
    if(hintBtn.disabled === true) {
    hintBtn.disabled = false;
    }

    にしないといけないのですね。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.76%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • JavaScript

    15354questions

    JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。