質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.51%

  • JavaScript

    16495questions

    JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

JavaScript tokens.title.indexOf('serchValue') > -1のserchValueで2つの値を取得したい

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 291

Waki-y

score 3

 JavaScript    tokens.title.indexOf('serchValue') > -1のserchValueで2つの値を取得したい

$("#foo").rss(url, {
limit: 100,
filterLimit: 10,
filter: function(entry, tokens) {
return tokens.title.indexOf(’serchValue') > -1
}
})

Javascript初学者です。
serchValueでキーワードを3つ指定して関連ページブログの記事を表示させたいのですが、方法が分からずヒントをいただきたいです。
こちらのページにある「Filtering」を試しています。https://github.com/sdepold/jquery-rss#filtering

ご回答頂けると幸いです。
よろしくお願い致します。

 該当のソースコード

$("#foo").rss(url, {
  limit: 100,
  filterLimit: 10,
  filter: function(entry, tokens) {
    return tokens.title.indexOf('my filter') > -1
  }
})

 試したこと

ここに問題に対して試したことを記載してください。

 補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

ここにより詳細な情報を記載してください。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • mts10806

    2018/05/18 15:02

    質問編集画面タイトル横にある「初心者アイコン」をご活用ください。「初心者」と質問で書くよりも伝わりますし、質問一覧に表示されるのでわかりやすくなります。

    キャンセル

  • Waki-y

    2018/05/18 15:12

    ありがとうございます。次回以降の参考にさせて頂きます。

    キャンセル

回答 1

checkベストアンサー

+2

こういうことでしょうか。

$("#foo").rss(url, {
  limit: 100,
  filterLimit: 10,
  filter: function(entry, tokens) {
    if ( tokens.title.indexOf('my filter1') > -1 ) return true;
    if ( tokens.title.indexOf('my filter2') > -1 ) return true;
    if ( tokens.title.indexOf('my filter3') > -1 ) return true;
    return false;
  }
})

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/05/18 15:10

    ご回答頂きありがとうございます。

    回答頂いたコードを試したところ、無事取得できました。
    もう1つお聞きしたいのですが、indexOf('my filter3') > -1 ) の−1の意味が理解できないのですが、これを理解するには、何を勉強すればよろしいでしょうか?
    再度お願いしてしまい、大変申し訳ありませんがよろしくお願い致します。

    キャンセル

  • 2018/05/18 15:46

    これを見てみてください。

    【String.prototype.indexOf() - JavaScript | MDN】
    https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Global_Objects/String/indexOf
    > 見つからなかった場合は、-1。

    キャンセル

  • 2018/05/18 16:17

    ご親切に対応頂き誠にありがとうございます。
    リンクを拝見しました。> -1の「-1」部分で見つからなかった場合の戻り値を設定出来るということでしょうか?

    キャンセル

  • 2018/05/18 16:40

    String.prototype.indexOf()で何かが見つかれば0以上の値が返ります。
    if ( tokens.title.indexOf('my filter1') > -1 ) は indexOfの結果が -1より大きい場合、つまり「my filter1」が見つかった場合という分岐です。

    キャンセル

  • 2018/05/18 16:44

    filterの多くは内包する要素に順に関数をかけて、関数が返す値がtrueなら残してfalseならフィルタしてしまう、と言う実装の物が多いです。

    例:【Array.prototype.filter() - JavaScript | MDN】
    https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Global_Objects/Array/filter

    キャンセル

  • 2018/05/18 18:26

    ありがとうございます。お陰様で理解することができました。
    重ねてお礼申し上げます。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.51%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • JavaScript

    16495questions

    JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。