質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.61%

  • Swift

    7044questions

    Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語で、Objective-CやObjective-C++と共存することが意図されています

  • Xcode

    4001questions

    Xcodeはソフトウェア開発のための、Appleの統合開発環境です。Mac OSXに付随するかたちで配布されています。

ドラッグでビューを移動させたいです。

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 95

TRON1216.

score 17

iOSのアプリ開発を始めました。画面の中心にラベルを配置し、それをタッチしてドラッグするとラベルが移動するプログラムを作成しようとしています。しかし実行すると、ラベルの表示まではうまくいくのですが、タッチしてドラッグしてもラベルが移動しません。デバッグしたところ、タッチを感知した時に呼ばれるメソッド、ドラッグした時に呼ばれるメソッド、指が離れる時に呼ばれるメソッドの3つが呼び出されていないことがわかりました。色々試行錯誤したのですが、解決策が出てこないので、どなたかご指摘よろしくお願いいたします。

import UIKit

class ViewController: UIViewController {

    var label:UILabel! 
    var myLabel: UILabel!
    var turn = 1 //初期値1の変数turn
    var stage:[[Int]] = [ 
        [0,0,0,0,0,0,0,0], //コマのデータを格納するための変数
        [0,0,0,0,0,0,0,0], 
        [0,0,0,0,0,0,0,0], 
        [0,0,0,0,0,0,0,0],
        [0,0,0,0,0,0,0,0],
        [0,0,0,0,0,0,0,0],
        [0,0,0,0,0,0,0,0],
        [0,0,0,0,0,0,0,0],
        [0,0,0,0,0,0,0,0]
    ]

    override func viewDidLoad() {//親クラスを編集することなく、子クラスの中で親クラスのメソッドを上書きできる
        super.viewDidLoad()

        // Labelを生成.
        myLabel = UILabel(frame: CGRect(x: 0, y: 0, width: 80, height: 80))
        myLabel.text = "Drag!"
        myLabel.textAlignment = NSTextAlignment.center
        myLabel.backgroundColor = UIColor.red
        myLabel.layer.masksToBounds = true
        myLabel.center = self.view.center
        myLabel.layer.cornerRadius = 40.0

        // Labelをviewに追加.
        self.view.addSubview(myLabel)
        print("駒がViewに追加されました")

        // Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.
        let (screenWidth, screenHeight) = (self.view.bounds.width, self.view.bounds.height)
        let (width, height) = (screenWidth/8, screenHeight/20) //1マスあたりの幅と高さを指定

        for i in 0 ..< 8{
            for j in 0 ..< 20{ //jが縦、iが横(ただし、デバイスを立てで見たとき)
                let button = UIButton(frame: CGRectMake(width*CGFloat(i),height*CGFloat(j+1),width,height))
                button.setTitle(" ", for: .normal) //コメントアウトしても実行結果は変わらない、、
                button.setTitleColor(UIColor.blue/*black*/, for: .normal) //盤上の駒の色を指定するプロパティ
                button.setTitleColor(UIColor.yellow/*lightGray*/, for: .highlighted) //いつ発動するの?
                button.layer.borderColor = UIColor.black/*black*/.cgColor //線の色を指定するプロパティ
                button.layer.borderWidth = 0.5 //線幅を指定するプロパティ

                self.view.addSubview(button)//コメントアウトするとマス目がなくなったから必要っぽい
            }
        }
        self.label = UILabel(frame: CGRectMake(0,0,screenWidth,height)) 
        self.view.addSubview(self.label!)
       print("マス目がViewに追加されました")




    }

    func CGRectMake(_ x: CGFloat, _ y: CGFloat, _ width: CGFloat, _ height: CGFloat) -> CGRect{
        return CGRect(x:x,y:y,width:width,height:height)
    }

    /*
     タッチを感知した際に呼ばれるメソッド.
     */
    override func touchesBegan(_ touches: Set<UITouch>, with event: UIEvent?) {
        print("touchesBeganが呼ばれました")

        // Labelアニメーション.
        UIView.animate(withDuration: 0.06,
                       // アニメーション中の処理.
            animations: { () -> Void in
                // 縮小用アフィン行列を作成する.
                self.myLabel.transform = CGAffineTransform(scaleX: 0.9, y: 0.9)
        })
        { (Bool) -> Void in
        }
    }

    /*
     ドラッグを感知した際に呼ばれるメソッド.
     (ドラッグ中何度も呼ばれる)
     */
    override func touchesMoved(_ touches: Set<UITouch>, with event: UIEvent?) {

        print("タッチが感知されました")

        // タッチイベントを取得.
        let aTouch: UITouch = touches.first!

        // 移動した先の座標を取得.
        let location = aTouch.location(in: self.view)

        // 移動する前の座標を取得.
        let prevLocation = aTouch.previousLocation(in: self.view)

        // CGRect生成.
        var myFrame: CGRect = self.view.frame

        // ドラッグで移動したx, y距離をとる.
        let deltaX: CGFloat = location.x - prevLocation.x
        let deltaY: CGFloat = location.y - prevLocation.y

        // 移動した分の距離をmyFrameの座標にプラスする.
        myFrame.origin.x += deltaX
        myFrame.origin.y += deltaY

        // frameにmyFrameを追加.
        self.view.frame = myFrame
    }

    /*
     指が離れたことを感知した際に呼ばれるメソッド.
     */
    override func touchesEnded(_ touches: Set<UITouch>, with event: UIEvent?) {

        print("指が離れました")

        // Labelアニメーション.
        UIView.animate(withDuration: 0.1,

                       // アニメーション中の処理.
            animations: { () -> Void in
                // 拡大用アフィン行列を作成する.
                self.myLabel.transform = CGAffineTransform(scaleX: 0.4, y: 0.4)
                // 縮小用アフィン行列を作成する.
                self.myLabel.transform = CGAffineTransform(scaleX: 1.0, y: 1.0)
        })
        { (Bool) -> Void in

        }
    }

    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
        // Dispose of any resources that can be recreated.
    }



}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

これはUIButtonがタッチのイベントを奪ってしまっているためにおこっています。

↓の部分をコメントアウト

// self.view.addSubview(button)//コメントアウトするとマス目がなくなったから必要っぽい

↓ touchesMovedを以下の様に書き換えるとラベルを移動することはできます。

override func touchesMoved(_ touches: Set<UITouch>, with event: UIEvent?) {

    print("タッチが感知されました")

    // タッチイベントを取得.
    let aTouch: UITouch = touches.first!

    // 移動した先の座標を取得.
    let location = aTouch.location(in: myLabel)

    // 移動する前の座標を取得.
    let prevLocation = aTouch.previousLocation(in: myLabel)

    // CGRect生成.
    var myFrame: CGRect = myLabel.frame

    // ドラッグで移動したx, y距離をとる.
    let deltaX: CGFloat = location.x - prevLocation.x
    let deltaY: CGFloat = location.y - prevLocation.y

    // 移動した分の距離をmyFrameの座標にプラスする.
    myFrame.origin.x += deltaX
    myFrame.origin.y += deltaY

    // frameにmyFrameを追加.
    myLabel.frame = myFrame
}

後はパーツをViewに追加するaddSubview順番も重要です。

今の状態ではマス目の下にラベルがいるので、マス目を追加した後にラベルを追加したほうが良いです。
※順番を変えただけでは、ボタンがイベントを奪っているのでラベルは動きませんが、、、

↓現在のコード

マス目をaddSubviewした後にラベルを追加した例

View階層確認

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/05/13 18:37

    ありがとうございます。無事に解決できました^ ^

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.61%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • Swift

    7044questions

    Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語で、Objective-CやObjective-C++と共存することが意図されています

  • Xcode

    4001questions

    Xcodeはソフトウェア開発のための、Appleの統合開発環境です。Mac OSXに付随するかたちで配布されています。