質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.62%

  • Ruby on Rails

    6963questions

    Ruby on Railsは、オープンソースのWebアプリケーションフレームワークです。「同じことを繰り返さない」というRailsの基本理念のもと、他のフレームワークより少ないコードで簡単に開発できるよう設計されています。

  • nginx

    815questions

    nginixは軽量で高性能なwebサーバーの1つです。BSD-likeライセンスのもとリリースされており、あわせてHTTPサーバ、リバースプロキシ、メールプロキシの機能も備えています。MacOSX、Windows、Linux、上で動作します。

rails5+nginx+unicorn本番環境でアプリのルートファイルが表示できません。

受付中

回答 2

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 220

Banksy

score 1

 rails5+nginx+unicorn本番環境でアプリのルートファイルが表示できない

app/views以下に設定したrootページが表示できないです。
試しにapp_name/public/にindex.htmlを置くとapp_name/public/index.htmlは表示されpublic/assets以降も表示できるような状況ですが、app_name/public/からindex.htmlを削除して、本来表示したいroutesに設定したhome#indexが表示せずに403 Forbiddenと返ってきます。

rails server -e production

ローカルで本番環境を確認してもrootで設定したファイルが表示されます。

nginx/error.logエラーログは以下です。

2018/05/12 12:31:47 [error] 13982#13982: *1 directory index of "/home/user_name/rails_app/public/" is forbidden, client: ***.*.***.***, server: example.com, request: "GET / HTTP/2.0", host: "example.com"

/home/user_name/rails_app/public配下にindex.htmlを置くとページは表示される状況です。

publicのパーミッションは以下になります。

drwxrwxr-x 3 nginx user 4096 511 15:53

rails_app/config/routes.rb

Rails.application.routes.draw do
  get 'home/index'
  root :to => 'home#index'
end

nginxで.confは以下の3つで設定しています。

nginx.conf

user  nginx;
worker_processes  1;

error_log  /var/log/nginx/error.log warn;
pid        /var/run/nginx.pid;


events {
    worker_connections  1024;
}


http {
    include       /etc/nginx/mime.types;
    default_type  application/octet-stream;

    log_format  main  '$remote_addr - $remote_user [$time_local] "$request" '
                      '$status $body_bytes_sent "$http_referer" '
                      '"$http_user_agent" "$http_x_forwarded_for"';

    access_log  /var/log/nginx/access.log  main;

    sendfile        on;
    #tcp_nopush     on;

    keepalive_timeout  65;

    #gzip  on;

    include /etc/nginx/conf.d/*.conf;
}

htpps.conf

map $http_upgrade $connection_upgrade {
        default upgrade;
        ''      close;
}
server {
        listen 443 ssl http2;
        server_name example.com;

        location / {
                root   /home/user_name/rails_app/public;
                index  index.html index.htm;
        }

        ssl_protocols TLSv1.2;
        ssl_ciphers EECDH+AESGCM:EECDH+AES;
        ssl_ecdh_curve prime256v1;
        ssl_prefer_server_ciphers on;
        ssl_session_cache shared:SSL:10m;

        ssl_certificate /etc/letsencrypt/live/example.com/fullchain.pem;
        ssl_certificate_key /etc/letsencrypt/live/example.com/privkey.pem;

        error_page   500 502 503 504  /50x.html;
        location = /50x.html {
                root   /home/user_name/rails_app/public;
        }
}

rails.conf

upstream unicorn {
    server  unix:/home/user_name/rails_app/tmp/unicorn.sock;
}

server {
    listen       80;
    server_name  example.com;

    access_log  /var/log/nginx/access.log;
    error_log   /var/log/nginx/error.log;

    root /home/user_name/rails_app/public;

    client_max_body_size 100m;
    error_page  404              /404.html;
    error_page  500 502 503 504  /500.html;
    try_files   $uri/index.html $uri @unicorn;

    location @unicorn {
        proxy_set_header X-Real-IP $remote_addr;
        proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for;
        proxy_set_header Host $http_host;
        proxy_pass http://unicorn;
    }
}

environments/production.rbは以下の設定です。

Rails.application.configure do
  # Settings specified here will take precedence over those in config/application.rb.

  # Code is not reloaded between requests.
  config.cache_classes = true

  # Eager load code on boot. This eager loads most of Rails and
  # your application in memory, allowing both threaded web servers
  # and those relying on copy on write to perform better.
  # Rake tasks automatically ignore this option for performance.
  config.eager_load = true

  # Full error reports are disabled and caching is turned on.
  config.consider_all_requests_local       = false
  config.action_controller.perform_caching = true

  # Ensures that a master key has been made available in either ENV["RAILS_MASTER_KEY"]
  # or in config/master.key. This key is used to decrypt credentials (and other encrypted files).
  # config.require_master_key = true

  # Disable serving static files from the `/public` folder by default since
  # Apache or NGINX already handles this.
  config.public_file_server.enabled = ENV['RAILS_SERVE_STATIC_FILES'].present?

  # Compress JavaScripts and CSS.
  config.assets.js_compressor = :uglifier
  # config.assets.css_compressor = :sass

  # Do not fallback to assets pipeline if a precompiled asset is missed.
  config.assets.compile = false

  # `config.assets.precompile` and `config.assets.version` have moved to config/initializers/assets.rb

  # Enable serving of images, stylesheets, and JavaScripts from an asset server.
  # config.action_controller.asset_host = 'http://assets.example.com'

  # Specifies the header that your server uses for sending files.
  # config.action_dispatch.x_sendfile_header = 'X-Sendfile' # for Apache
  # config.action_dispatch.x_sendfile_header = 'X-Accel-Redirect' # for NGINX

  # Store uploaded files on the local file system (see config/storage.yml for options)
  config.active_storage.service = :local

  # Mount Action Cable outside main process or domain
  # config.action_cable.mount_path = nil
  # config.action_cable.url = 'wss://example.com/cable'
  # config.action_cable.allowed_request_origins = [ 'http://example.com', /http:\/\/example.*/ ]

  # Force all access to the app over SSL, use Strict-Transport-Security, and use secure cookies.
  config.force_ssl = true

  # Use the lowest log level to ensure availability of diagnostic information
  # when problems arise.
  config.log_level = :debug

  # Prepend all log lines with the following tags.
  config.log_tags = [ :request_id ]

  # Use a different cache store in production.
  # config.cache_store = :mem_cache_store

  # Use a real queuing backend for Active Job (and separate queues per environment)
  # config.active_job.queue_adapter     = :resque
  # config.active_job.queue_name_prefix = "appname_#{Rails.env}"

  config.action_mailer.perform_caching = false

  # Ignore bad email addresses and do not raise email delivery errors.
  # Set this to true and configure the email server for immediate delivery to raise delivery errors.
  # config.action_mailer.raise_delivery_errors = false

  # Enable locale fallbacks for I18n (makes lookups for any locale fall back to
  # the I18n.default_locale when a translation cannot be found).
  config.i18n.fallbacks = true

  # Send deprecation notices to registered listeners.
  config.active_support.deprecation = :notify

  # Use default logging formatter so that PID and timestamp are not suppressed.
  config.log_formatter = ::Logger::Formatter.new

  # Use a different logger for distributed setups.
  # require 'syslog/logger'
  # config.logger = ActiveSupport::TaggedLogging.new(Syslog::Logger.new 'app-name')

  if ENV["RAILS_LOG_TO_STDOUT"].present?
    logger           = ActiveSupport::Logger.new(STDOUT)
    logger.formatter = config.log_formatter
    config.logger    = ActiveSupport::TaggedLogging.new(logger)
  end

  # Do not dump schema after migrations.
  config.active_record.dump_schema_after_migration = false
end
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • 退会済みユーザー

    退会済みユーザー

    2018/05/09 01:59

    nginxのエラーログってどうなってますか?また、railsのターミナルにエラーは出ていますか?

    キャンセル

  • Banksy

    2018/05/11 12:54

    情報追記いたしました。

    キャンセル

回答 2

0

nginx ではなく、rails の config/routes.rb ファイルを以下のように書き換えてみてください。

Rails.application.routes.draw do
  root 'home#index'
end

 

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/05/11 12:55

    Rails.application.routes.draw do
    root 'home#index'
    end

    上記試しましたが解決しませんでした。

    キャンセル

0

nginxから"/home/user_name/rails_app/public"このファイルへのアクセス権が無いように思われます。
パーミッションを確認してみてはどうでしょうか。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/05/11 15:59

    ありがとうございます。
    /home/user_name/rails_app/public配下にindex.htmlを置くとページは表示される状況でして、
    drwxrwxr-x 3 nginx user 4096 5月 11 15:53 publicとなっております。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.62%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • Ruby on Rails

    6963questions

    Ruby on Railsは、オープンソースのWebアプリケーションフレームワークです。「同じことを繰り返さない」というRailsの基本理念のもと、他のフレームワークより少ないコードで簡単に開発できるよう設計されています。

  • nginx

    815questions

    nginixは軽量で高性能なwebサーバーの1つです。BSD-likeライセンスのもとリリースされており、あわせてHTTPサーバ、リバースプロキシ、メールプロキシの機能も備えています。MacOSX、Windows、Linux、上で動作します。