質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.50%

  • Java

    13795questions

    Javaは、1995年にサン・マイクロシステムズが開発したプログラミング言語です。表記法はC言語に似ていますが、既存のプログラミング言語の短所を踏まえていちから設計されており、最初からオブジェクト指向性を備えてデザインされています。セキュリティ面が強力であることや、ネットワーク環境での利用に向いていることが特徴です。Javaで作られたソフトウェアは基本的にいかなるプラットフォームでも作動します。

  • Android

    6527questions

    Androidは、Google社が開発したスマートフォンやタブレットなど携帯端末向けのプラットフォームです。 カーネル・ミドルウェア・ユーザーインターフェイス・ウェブブラウザ・電話帳などのアプリケーションやソフトウェアをひとつにまとめて構成。 カーネル・ライブラリ・ランタイムはほとんどがC言語/C++、アプリケーションなどはJavaSEのサブセットとAndroid環境で書かれています。

Android-Arduino間でのBluetooth SPP通信

受付中

回答 0

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 296

Sei209

score 2

 前提・実現したいこと

Android-Arduino間でのBluetooth SPP通信。

Androidは8.0(Oreo),ArduinoはArduino Uno,BluetoothモジュールとしてUSB Host Shield+BTハブであらかじめペアリング済み。
Arduino側のプログラムはUSB Host Shieldライブラリのサンプルプログラム、「Bluetooth-SPP」を使用。

 発生している問題・エラーメッセージ

Android-Arduino間の接続がかなり不安定で、接続成功する確率がかなり低いです。
ソースコードでは「ボタン1と2が押されたとき」⇒「Androidから値を送信」、「ボタン3が押されたとき」⇒「値を読み取る」という風に書いているつもりですが、Arduinoと接続した場合ボタンを押しても何も起こらなくなります。
(PCとの接続では思うように動いていました。)

 該当のソースコード

package com.example.2209.testbt_2;

import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.os.Bundle;
import android.bluetooth.BluetoothAdapter;
import android.bluetooth.BluetoothDevice;
import android.bluetooth.BluetoothSocket;
import android.widget.Button;
import android.widget.TextView;
import android.widget.Toast;
import android.view.View;
import android.view.View.OnClickListener;
import android.util.Log;
import android.content.Intent;
import android.os.Handler;
import android.os.Message;

import java.io.OutputStream;
import java.io.InputStream;
import java.util.UUID;
import java.io.IOException;

public class MainActivity extends AppCompatActivity{

    private final static int REQUEST_ENABLE_BT = 1; // BT権限
    private BluetoothAdapter mBluetoothAdapter; // BTアダプタ
    private BluetoothDevice mBtDevice; // BTデバイス
    private BluetoothSocket mBtSocket; // BTソケット
    private OutputStream mOutput; // 出力ストリーム
    private InputStream mInput; //受信ストリーム
    private Button btn1; // 送信ボタン1
    private Button btn2; // 送信ボタン2
    private Button btn3; // 受信ボタン
    private Button btn4; // 接続ボタン
    private TextView tx1; // 受信テキスト表示
    private static final String TAG = "BluetoothSample"; // 受信テキスト格納
    private static final int VIEW_INPUT = 1; // 取得文字列

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        // インスタンスを取得(必要ない?)
        btn1 = (Button) findViewById(R.id.button1);
        btn2 = (Button) findViewById(R.id.button2);
        btn3 = (Button) findViewById(R.id.button3);
        btn4 = (Button) findViewById(R.id.button4);
        tx1 = (TextView) findViewById(R.id.text1);
        tx2 = (TextView) findViewById(R.id.text2);

        // BTの準備 --------------------------------------------------------------
        // BTアダプタのインスタンスを取得
        if (!BluetoothAdapter.getDefaultAdapter().isEnabled()) {
            Toast.makeText(this, "Please enable to Bluetooth", Toast.LENGTH_LONG).show();
            Intent enableIntent = new Intent(BluetoothAdapter.ACTION_REQUEST_ENABLE);
            startActivityForResult(enableIntent, REQUEST_ENABLE_BT);
        } else {
            //BTが有効
        }

        mBluetoothAdapter = BluetoothAdapter.getDefaultAdapter();

        // 相手先BTデバイスのインスタンスを取得
        mBtDevice = mBluetoothAdapter.getRemoteDevice("00:1A:7D:DA:71:11");
        // Arduino 00:1A:7D:DA:71:11

        // BTソケットのインスタンスを取得
        try {
            // 接続に使用するプロファイルを指定
            mBtSocket = mBtDevice.createRfcommSocketToServiceRecord(
                    UUID.fromString("00001101-0000-1000-8000-00805F9B34FB"));
        } catch (IOException e) {
            e.printStackTrace();
        }

        btn4.setOnClickListener(new OnClickListener(){
            @Override
            public void onClick(View v) {
                Toast.makeText(getBaseContext(), "Connecting...", Toast.LENGTH_LONG).show();
                try {
                    mBtSocket.connect();
                    mOutput = mBtSocket.getOutputStream(); // 出力ストリームオブジェクトを得る
                    mInput = mBtSocket.getInputStream(); // 入力
                    Toast.makeText(getBaseContext(), "Connected!", Toast.LENGTH_LONG).show();
                } catch (IOException e) {
                    Toast.makeText(getBaseContext(), "Connection failed", Toast.LENGTH_LONG).show();
                    e.printStackTrace();
                }
            }
        });

        btn3.setOnClickListener(new OnClickListener(){
            @Override
            public void onClick(View v) {
                //描画処理準備
                Message valueMsg = new Message();

                try {
                    byte[] buffer = new byte[1024];
                    int bytes;
                    bytes = mInput.read(buffer);
                    Log.i(TAG,"bytes="+bytes);
                    String readMsg = new String(buffer, 0, bytes);

                    if(readMsg.trim() != null && !readMsg.trim().equals("")){
                        Log.i(TAG,"value="+readMsg.trim());

                        valueMsg = new Message();
                        valueMsg.what = VIEW_INPUT;
                        valueMsg.obj = readMsg;
                        mHandler.sendMessage(valueMsg);
                    }
                    else{
                        // Log.i(TAG,"value=nodata");
                    }
                }catch (IOException e) {
                    e.printStackTrace();
                }
            }
        });

        //ボタンの動作
        btn1.setOnClickListener(new OnClickListener(){ //ボタン1が押されたとき
            @Override
            public void onClick(View v) {
                try {
                    mOutput.write(49);
                } catch (IOException e) {
                    e.printStackTrace();
                }
            }
        });

        btn2.setOnClickListener(new OnClickListener(){ //ボタン2が押されたとき
            @Override
            public void onClick(View v) {
                try {
                    mOutput.write(50);
                } catch (IOException e) {
                    e.printStackTrace();
                }
            }
        });
    }

    Handler mHandler = new Handler() {
        @Override
        public void handleMessage(Message msg) {
            int action = msg.what;
            String msgStr = (String)msg.obj;
            if(action == VIEW_INPUT){
                tx1.setText(msgStr);
            }
        }
    };

    @Override
    protected void onPause(){
        super.onPause();
        try {
            mBtSocket.close();
        } catch (IOException e) {
            e.printStackTrace();
        }
    }

    @Override
    protected void onDestroy() {
        super.onDestroy();
        // ソケットを閉じる
        try {
            mBtSocket.close();
        } catch (IOException e) {
            e.printStackTrace();
        }
    }
}

 試したこと

PCとの接続(MACアドレスにPCのものを設定、Tera TermでCOMポート監視)では全く問題なく、接続・値の送受信が行えました。
S2 Terminal for Bluetoothを使用したArduinoとの接続・値の送受信は可能でした。(接続は不安定ですが)

 補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

C++,VBnetは扱えますが、javaは初心者のうえ、いろいろなサイトを参考にしながら書いているので至らぬ点が大量にあると思いますが、ご容赦ください...
したがって不足している情報があれば補足させていただきますので、ご教授頂けると幸いです。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.50%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • Java

    13795questions

    Javaは、1995年にサン・マイクロシステムズが開発したプログラミング言語です。表記法はC言語に似ていますが、既存のプログラミング言語の短所を踏まえていちから設計されており、最初からオブジェクト指向性を備えてデザインされています。セキュリティ面が強力であることや、ネットワーク環境での利用に向いていることが特徴です。Javaで作られたソフトウェアは基本的にいかなるプラットフォームでも作動します。

  • Android

    6527questions

    Androidは、Google社が開発したスマートフォンやタブレットなど携帯端末向けのプラットフォームです。 カーネル・ミドルウェア・ユーザーインターフェイス・ウェブブラウザ・電話帳などのアプリケーションやソフトウェアをひとつにまとめて構成。 カーネル・ライブラリ・ランタイムはほとんどがC言語/C++、アプリケーションなどはJavaSEのサブセットとAndroid環境で書かれています。