質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.61%

  • C#

    6845questions

    C#はマルチパラダイムプログラミング言語の1つで、命令形・宣言型・関数型・ジェネリック型・コンポーネント指向・オブジェクティブ指向のプログラミング開発すべてに対応しています。

  • Android

    6400questions

    Androidは、Google社が開発したスマートフォンやタブレットなど携帯端末向けのプラットフォームです。 カーネル・ミドルウェア・ユーザーインターフェイス・ウェブブラウザ・電話帳などのアプリケーションやソフトウェアをひとつにまとめて構成。 カーネル・ライブラリ・ランタイムはほとんどがC言語/C++、アプリケーションなどはJavaSEのサブセットとAndroid環境で書かれています。

  • Xamarin

    480questions

    Xamarin(ザマリン)は、iPhoneなどのiOSやAndroidで動作し、C# 言語を用いてアプリを開発できるクロスプラットフォーム開発環境です。Xamarin Studioと C# 言語を用いて、 iOS と Android の両方の開発を行うことができます。

  • MVVM

    75questions

    MVVM(Model View ViewModel)は構築上のデザインパターンで、表現ロジック(ViewModel)によってデータ(Model)からページ(View)を分離させます。

AndroidのlayoutにMVVMCrossのcustom controlを配置するとオブジェクト参照エラーになる

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 230

toshi104

score 1

 前提・実現したいこと

XamarinとMVVMCrossを使ってAndroidアプリを作成しています。
MVVMCrossにあるcustom controlのMvxGridViewを使って画像の一覧表示を作ろうとしています。

 発生している問題・エラーメッセージ

MvxGridViewをlayout.axmlに配置したとき、
デザイナー上でSystem.NullReferenceExceptionが発生します。
エラーを無視してビルドし、該当するページを開くと以下のエラーが発生しました。
デザイナー上のエラーは以下の手順で再現することを確かめました。

  1. Portable library, Androidプロジェクト作成。
  2. NugetでそれぞれのプロジェクトにMVVMCross.StarterPackを入れる。
  3. .Droidプロジェクトにlayoutファイルを作成。
  4. toolboxからMvxGridViewをドラッグ&ドロップ。
    ![デザイナー画面](f3dc6dfaf45ad267e5a067f26d18d69e.png)
Android.Content.Res.Resources+NotFoundException: Resource ID #0x0
  at android.content.res.Resources$NotFoundException: Resource ID #0x0
  at at android.content.res.Resources.getValue(Resources.java:1371)
  at at android.view.LayoutInflater.inflate(LayoutInflater.java:428)
  at at md542f353d1b1081f7745f0b06ca2e9e57a.MvxAdapter.n_getView(Native Method)
  at at md542f353d1b1081f7745f0b06ca2e9e57a.MvxAdapter.getView(MvxAdapter.java:92)
  at at android.widget.AbsListView.obtainView(AbsListView.java:2375)
  at at android.widget.GridView.onMeasure(GridView.java:1067)
  at at android.view.View.measure(View.java:18930)
  at at android.view.ViewGroup.measureChildWithMargins(ViewGroup.java:5976)
  at at android.widget.LinearLayout.measureChildBeforeLayout(LinearLayout.java:1486)
  at at android.widget.LinearLayout.measureVertical(LinearLayout.java:765)
  at at android.widget.LinearLayout.onMeasure(LinearLayout.java:647)
  at at android.view.View.measure(View.java:18930)
  at at android.view.ViewGroup.measureChildWithMargins(ViewGroup.java:5976)
  at at android.widget.FrameLayout.onMeasure(FrameLayout.java:194)
  at at android.view.View.measure(View.java:18930)
  at at android.view.ViewGroup.measureChildWithMargins(ViewGroup.java:5976)
  at at com.android.internal.widget.ActionBarOverlayLayout.onMeasure(ActionBarOverlayLayout.java:446)
  at at android.view.View.measure(View.java:18930)
  at at android.view.ViewGroup.measureChildWithMargins(ViewGroup.java:5976)
  at at android.widget.FrameLayout.onMeasure(FrameLayout.java:194)
  at at com.android.internal.policy.PhoneWindow$DecorView.onMeasure(PhoneWindow.java:2716)
  at at android.view.View.measure(View.java:18930)
  at at android.view.ViewRootImpl.performMeasure(ViewRootImpl.java:2153)
  at at android.view.ViewRootImpl.measureHierarchy(ViewRootImpl.java:1247)
  at at android.view.ViewRootImpl.performTraversals(ViewRootImpl.java:1483)
  at at android.view.ViewRootImpl.doTraversal(ViewRootImpl.java:1138)
  at at android.view.ViewRootImpl$TraversalRunnable.run(ViewRootImpl.java:6227)
  at at android.view.Choreographer$CallbackRecord.run(Choreographer.java:884)
  at at android.view.Choreographer.doCallbacks(Choreographer.java:696)
  at at android.view.Choreographer.doFrame(Choreographer.java:631)
  at at android.view.Choreographer$FrameDisplayEventReceiver.run(Choreographer.java:870)
  at at android.os.Handler.handleCallback(Handler.java:743)
  at at android.os.Handler.dispatchMessage(Handler.java:95)
  at at android.os.Looper.loop(Looper.java:150)
  at at android.app.ActivityThread.main(ActivityThread.java:5546)
  at at java.lang.reflect.Method.invoke(Native Method)
  at at com.android.internal.os.ZygoteInit$MethodAndArgsCaller.run(ZygoteInit.java:792)
  at at com.android.internal.os.ZygoteInit.main(ZygoteInit.java:682)

 該当のソースコード

layout.axml

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:local="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
    android:orientation="vertical"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:minWidth="25px"
    android:minHeight="25px">
    <MvvmCross.Binding.Droid.Views.MvxGridView
        android:minWidth="25px"
        android:minHeight="25px"
        android:layout_width="fill_parent"
        android:layout_height="fill_parent"
        android:columnWidth="100dp"
        android:numColumns="auto_fit"
        android:verticalSpacing="10dp"
        android:horizontalSpacing="10dp"
        android:stretchMode="columnWidth"
        android:gravity="center"
        android:id="@+id/AlbumGridVIew"
        local:MvxBind="ItemsSource AlbumSource"
        local:MvxTemplate="@layout/album_grid_cell" />
</LinearLayout>


ViewModel.cs

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Threading.Tasks;

using MvvmCross.Core.ViewModels;
using PicClockMvx.Core.Models;

namespace PicClockMvx.Core.ViewModels
{
    public class AlbumGridViewModel : MvxViewModel
    {
        public AlbumGridViewModel()
        {

        }
        public MvxObservableCollection<Image> AlbumSource { get; } = new MvxObservableCollection<Image>();
        public override Task Initialize()
        {
            System.Diagnostics.Debug.WriteLine("AlbumGridViewModel appearing");

            for (int i = 0; i < ImageHolder.Current.lengthImageJarray; i++)
            {
                ImageHolder.Current.SetImage(i);
                add visible images or NotAvailable.png
                if (ImageHolder.Current.Image.IsVisible)
                AlbumSource.Add(ImageHolder.Current.Image);
                else
                albumSource.Add(new Image() { ClockImageName = "NotAvailable.png" });
                if all images are visible then show bounus images

            }
            return base.Initialize();
        }

    }
}

 試したこと

過去のVerのMVVMCross.StarterPackを利用して同じことをしてみましたが、全く同じ結果になりました(Ver. 5.0.0)。

 補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

環境 : Visual Studio 2017 for Mac
Package: MVVMCross.StarterPack (Ver. 5.7.0)

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

local:MvxTemplateが違います。
正しくは、local:MvxItemTemplateです。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/05/03 16:17

    ご回答ありがとうございました。
    ご指摘の点を修正してうまく行きました。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.61%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • C#

    6845questions

    C#はマルチパラダイムプログラミング言語の1つで、命令形・宣言型・関数型・ジェネリック型・コンポーネント指向・オブジェクティブ指向のプログラミング開発すべてに対応しています。

  • Android

    6400questions

    Androidは、Google社が開発したスマートフォンやタブレットなど携帯端末向けのプラットフォームです。 カーネル・ミドルウェア・ユーザーインターフェイス・ウェブブラウザ・電話帳などのアプリケーションやソフトウェアをひとつにまとめて構成。 カーネル・ライブラリ・ランタイムはほとんどがC言語/C++、アプリケーションなどはJavaSEのサブセットとAndroid環境で書かれています。

  • Xamarin

    480questions

    Xamarin(ザマリン)は、iPhoneなどのiOSやAndroidで動作し、C# 言語を用いてアプリを開発できるクロスプラットフォーム開発環境です。Xamarin Studioと C# 言語を用いて、 iOS と Android の両方の開発を行うことができます。

  • MVVM

    75questions

    MVVM(Model View ViewModel)は構築上のデザインパターンで、表現ロジック(ViewModel)によってデータ(Model)からページ(View)を分離させます。