質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.34%

  • JavaScript

    17604questions

    JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

javascriptで複数のiframeを含むページから選択文字を取得

受付中

回答 0

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 3
  • VIEW 355

tobisumi

score 2

 前提・実現したいこと

javascriptを使って(正確にはbookmarklet)、選択された文字列を取得して処理を実行したいと考えているのですが、iframeが複数あるページではうまく働かない事がわかったのですが、その解決方法がわからず、ご教示いただければと思います。

動作させる環境に制限があるため、chromeで動作するjavascriptのみで実現したいと考えております。

・現在focusされて選択されている文字列だけを取得できるようにしたいです。
(複数個所が選択されている場合に現在選択している箇所のみ)
・ページ内のどの箇所でも(本文やtextareaなど)取得したい
・iframeを含めすべて同一ドメイン
・こちらのページを参考もしてみましたが、注意書きにあるようにテキストが複数選択された場合の挙動などでうまく解決できませんでした(http://www.akatsukinishisu.net/itazuragaki/js/get_selected_text.html)

よろしくお願いいたします。

 発生している問題・エラーメッセージ

・上記サイトを参考にテスト用に書いてみましたが、ページ内で選択した文字列は取得できるのですが、
ページ内で複数選択されてしまっている場合には、すべての選択文字が取得されてしまう。

・textareaにある文字を選択すると複数回ポップアップしてしまう。

 該当のソースコード

※当初より修正をしました

javascript:(function(){
  var selected=0;
  traceFrames(window);
  if(!selected){
    var q=prompt('please input text.');
    if(q){
      openWindow(q);
    }
  }

  function traceFrames(w){
    getSelectedText(w);
    var flen=w.frames.length;
    for(var i=0;i<flen;i++){
      traceFrames(w[i]);
    }
  }

  function getSelectedText(w){
    var t=0;
    try{
      t=w.getSelection().toString();
    }catch(e){
      return;
    }
    if(t){
      openWindow(t);
    }else{
      var form_focused_elm = document.activeElement;
      if( !!form_focused_elm.value ){
        t=form_focused_elm.value.substring(form_focused_elm.selectionStart, form_focused_elm.selectionEnd);
        openWindow(t); 
      } 
    }
  }

  function openWindow(q){
    selected++;
    alert(q);
  }
})();

test用ページ
以下のテストページですべての個所で取得できればよいと考えております。

test.html

<html>
<body>
<p>12345</p>
<iframe src="./test1.html"></iframe>
<iframe src="./test2.html"></iframe>
<iframe src="./test3.html"></iframe>
<form action="" method="post">
<textarea name="test" rows="4" cols="40"></textarea><br>
</form>
</body>
</html>

------------------------------
test1.html
------------------------------
<html>
<body>
<a> 123456789 </a>
</body>
</html>

------------------------------
test2.html
------------------------------
<html>
<body>
<a> 01234567890 </a>
</body>
</html>

------------------------------
test3.html
------------------------------
<html>
<body>
<form action="" method="post">
<textarea name="test3" rows="4" cols="40"></textarea><br>
</form>
</body>
</html>

 試したこと

```

 補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正の依頼

  • mts10806

    2018/05/01 17:18

    もし公開出来ない情報が含まれている場合はtestやhogeとかで適当にマスクしてもらってもかまいません。おおよそ構造がわかって実際のhtmlと同じ状況が再現できるものであれば良いです。

    キャンセル

  • tobisumi

    2018/05/01 18:10

    みなさまご確認いただきましてありがとうございます。加工に時間がかかりそうなので、また更新いたします。よろしくお願いいたします。

    キャンセル

  • tobisumi

    2018/05/22 15:45

    どなたか解決策をご教示いただけますでしょうか。よろしくお願いいたします。

    キャンセル

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.34%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る

  • JavaScript

    17604questions

    JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。