質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.85%

MVCでの登録フォームのエラーチェック

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 1,915
初めての質問です、よろしくお願い申し上げます。

php初心者ながらMVCにチャレンジしたく、zenzdframeworkで会員登録の仕組みを練習しています。
下記のように記述して、DBに登録される所までクリアできたのですが、肝心のエラーチェックがうまくいきません。

親切な方がいましたら、ご教授頂けると有難いです。

<?php

require_once('BaseController.php');


class UsersController extends BaseController
{
    
    /**
    * メンバー登録フォームを表示
    */
    public function signupAction()
    {
        
    }
    
    
    /**
    * メンバー登録フォームからの送信内容を処理
    */
    public function emailregistAction()
    {
        $errors = array();
        
        // 入力内容をチェック
        
        // email の validation
        $name = $me['name'];
        $email = $me['email'];

        // 全角英数を半角にする
        $email = mb_convert_kana($email, 'a');

        // email チェック
        if (empty($email)) {
            $this->errors['email'] = array('required' => 'メールアドレスを入力してください。');
        } elseif (!is_valid_email($email)) {
            $this->errors['email'] = array('invalid' => 'メールアドレスが正しくありません。');
        } else {
            $user = $this->getUserByEmail($email);
            if ($user) {
                $this->errors['email'] = array('duplicate' => 'このメールアドレスはすでに利用されています。');
            }
        }
        
        // ... ここ大事
        
        if (!$errors) {
            // 内容に問題がなければ登録する
            
            // 登録するデータ
            $data = array();
            $data['user_id'] = md5(uniqid(mt_rand(), true)); // ユーザーIDを発行
            $data['name'] = $this->_getParam('name');
            $data['email'] = $this->_getParam('email');
            $data['password'] = sha1($this->_getParam('password')); // パスワードを暗号化
            
            // データベース接続を取得
            $db = $this->application->getBootstrap()->getResource('db');
            
            // データ登録(挿入)
            $db->insert("user", $data);
            
            // ユーザーに登録完了メールを送信
            
        } else {
            // エラーがある場合はエラーを表示
        }
            
    }
    

    public function newpasswordAction()
    {
        // action body
    }
    
    
    /**
    * ログインフォームを表示
    */
    public function signinAction()
    {
        $user = Zend_Auth::getInstance()->getStorage()->read();
        if ($user) {
            // ログイン済み
            // ...
        }
    }
    
    
    /**
    * ログインフォームからの送信内容を処理
    */
    public function signincheckAction()
    {
        // 入力内容をチェック
        // ... ここ大事        
        
        // データベース接続を取得
        $db = $this->application->getBootstrap()->getResource('db');
        
        // コンストラクタにパラメータを渡し、インスタンスを設定します
        $authAdapter = new Zend_Auth_Adapter_DbTable(
            $db,
            'user',
            'email',
            'password',
            'SHA1(?)'
        );
        
        // 入力情報 (ログインフォームからの値など) を設定します
        $authAdapter
            ->setIdentity($this->_getParam('email'))
            ->setCredential($this->_getParam('password'))
        ;
        
        // Zend_Auth_Adapter_DbTable による認証を行います
        $result = $authAdapter->authenticate();
        
        if ($result->isValid()) {
            // 認証成功
            
            // 認証情報をオブジェクトとして保存し、username と real_name のみを返します
            $storage = Zend_Auth::getInstance()->getStorage();
            $storage->write($authAdapter->getResultRowObject(array(
                'user_id',
                'name',
                'email'
            )));
            
            /* ... */
            
            // トップへ転送
            $this->_redirect('');
         
        } else {
            // 認証失敗
         
            /* ... */
            
            echo 'login failed';
            exit;
         
        }
    }
    
    
    /**
    * ログアウト処理
    */
    public function signoutAction() {
        // ログアウト
        Zend_Auth::getInstance()->clearIdentity();
        
        // トップへ転送
        $this->_redirect('');        
    }

}


  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

おそらく emailregistAction の中で $this->errors にエラーをセットしているにも関わらず、すこし下の if (!$errors) { で $errors をチェックしているからだと思います。

が、そもそも ZendFramework っぽい感じになっていないと思うので、学習目的なら下記のチュートリアルをやってみた方が良いと思います。

http://framework.zend.com/manual/1.12/en/learning.html

また、いまさら ZendFramework 1 もどうかと思うので、新しく覚えるなら ZendFramework 2 の方が良いと思いますよ。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2015/07/06 00:03

    なるほどですね、
    ZendFramework 2 の方が良いですよね、
    チュートリアルで学びます!

    ありがとうございます。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.85%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる