質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.99%

VueCLI PWA で ?# のURLへ飛ばされる

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 598

street

score 30

主題の件、VueCLI PWAでカンタンなTodoアプリを作りました。
ローカルサーバー、ウェブサーバー上でページが正常に開かれるのですが配置されたボタンを押すと ?# が付与されたurlへ飛ばれてしまいます。

■ 現象
http://127.0.0.1:8887/#/に配置されたボタンを押すと、http://127.0.0.1:8887/?#/に飛ばされる。
http://127.0.0.1:8887/?#/上ではボタン等は正常に動作する。

■ 解決したいこと
http://127.0.0.1:8887/?#/に飛ばないようにしたい。
(http://127.0.0.1:8887/#/上でボタン等を正常に動作させたい)

以下のサイトを参考にvue-cli pwaをnpm経由でインストール及び実装をしました。
https://qiita.com/gyarasu/items/2f18edc4ae251180d89e

・ライブラリ導入時に実施したこと(npm)
npm uninstall sw-precache-webpack-plugin
npm install --save-dev workbox-webpack-plugin
npm install sass-loader node-sass --save-dev

導入時に変更したコードを抜粋します。

・build/webpack.prod.conf.js

'use strict'

const fs = require('fs')
const path = require('path')
const utils = require('./utils')
const webpack = require('webpack')
const config = require('../config')
const merge = require('webpack-merge')
const baseWebpackConfig = require('./webpack.base.conf')
const CopyWebpackPlugin = require('copy-webpack-plugin')
const HtmlWebpackPlugin = require('html-webpack-plugin')
const ExtractTextPlugin = require('extract-text-webpack-plugin')
const OptimizeCSSPlugin = require('optimize-css-assets-webpack-plugin')
// const SWPrecacheWebpackPlugin = require('sw-precache-webpack-plugin')
const workboxPlugin = require('workbox-webpack-plugin')
const loadMinified = require('./load-minified')

const env = process.env.NODE_ENV === 'testing'
  ? require('../config/test.env')
  : config.build.env

const webpackConfig = merge(baseWebpackConfig, {
  module: {
    rules: utils.styleLoaders({
      sourceMap: config.build.productionSourceMap,
      extract: true
    })
  },
  devtool: config.build.productionSourceMap ? '#source-map' : false,
  output: {
    path: config.build.assetsRoot,
    filename: utils.assetsPath('js/[name].[chunkhash].js'),
    chunkFilename: utils.assetsPath('js/[id].[chunkhash].js')
  },
  plugins: [
    // http://vuejs.github.io/vue-loader/en/workflow/production.html
    new webpack.DefinePlugin({
      'process.env': env
    }),
    new webpack.optimize.UglifyJsPlugin({
      compress: {
        warnings: false
      },
      sourceMap: true
    }),
    // extract css into its own file
    new ExtractTextPlugin({
      filename: utils.assetsPath('css/[name].[contenthash].css')
    }),
    // Compress extracted CSS. We are using this plugin so that possible
    // duplicated CSS from different components can be deduped.
    new OptimizeCSSPlugin({
      cssProcessorOptions: {
        safe: true
      }
    }),
    // generate dist index.html with correct asset hash for caching.
    // you can customize output by editing /index.html
    // see https://github.com/ampedandwired/html-webpack-plugin
    new HtmlWebpackPlugin({
      filename: process.env.NODE_ENV === 'testing'
        ? 'index.html'
        : config.build.index,
      template: 'index.html',
      inject: true,
      minify: {
        removeComments: true,
        collapseWhitespace: true,
        removeAttributeQuotes: true
        // more options:
        // https://github.com/kangax/html-minifier#options-quick-reference
      },
      // necessary to consistently work with multiple chunks via CommonsChunkPlugin
      chunksSortMode: 'dependency',
      serviceWorkerLoader: `<script>${loadMinified(path.join(__dirname,
        './service-worker-prod.js'))}</script>`
    }),
    // split vendor js into its own file
    new webpack.optimize.CommonsChunkPlugin({
      name: 'vendor',
      minChunks: function (module, count) {
        // any required modules inside node_modules are extracted to vendor
        return (
          module.resource &&
          /\.js$/.test(module.resource) &&
          module.resource.indexOf(
            path.join(__dirname, '../node_modules')
          ) === 0
        )
      }
    }),
    // extract webpack runtime and module manifest to its own file in order to
    // prevent vendor hash from being updated whenever app bundle is updated
    new webpack.optimize.CommonsChunkPlugin({
      name: 'manifest',
      chunks: ['vendor']
    }),
    // copy custom static assets
    new CopyWebpackPlugin([
      {
        from: path.resolve(__dirname, '../static'),
        to: config.build.assetsSubDirectory,
        ignore: ['.*']
      }
    ]),
    // service worker caching
    // new SWPrecacheWebpackPlugin({
    //  cacheId: 'test',
    //  filename: 'service-worker.js',
    //  staticFileGlobs: ['dist/**/*.{js,html,css}'],
    // minify: true,
    //  stripPrefix: 'dist/'
    // })
    new workboxPlugin.GenerateSW({
      cacheId: 'test',
      globDirectory: config.build.assetsRoot,
      globPatterns: ['**/*.{html,js,css}'],
      swDest: path.join(config.build.assetsRoot, 'service-worker.js'),
      skipWaiting: false,
      clientsClaim: true,
      runtimeCaching: [
       {
         // APIのキャッシュ
         urlPattern: /.*api.*/,
         handler: 'networkFirst',
         options: {
           cacheName: 'api',
           expiration: {
             maxAgeSeconds: 60 * 60 * 24
           }
         }
       }
     ]
    })
  ]
})

if (config.build.productionGzip) {
  const CompressionWebpackPlugin = require('compression-webpack-plugin')

  webpackConfig.plugins.push(
    new CompressionWebpackPlugin({
      asset: '[path].gz[query]',
      algorithm: 'gzip',
      test: new RegExp(
        '\\.(' +
        config.build.productionGzipExtensions.join('|') +
        ')$'
      ),
      threshold: 10240,
      minRatio: 0.8
    })
  )
}

if (config.build.bundleAnalyzerReport) {
  const BundleAnalyzerPlugin = require('webpack-bundle-analyzer').BundleAnalyzerPlugin
  webpackConfig.plugins.push(new BundleAnalyzerPlugin())
}

module.exports = webpackConfig

・config/index.js

'use strict'

// see http://vuejs-templates.github.io/webpack for documentation.
const path = require('path')

module.exports = {
  build: {
    env: require('./prod.env'),
    // index: path.resolve(__dirname, '../dist/index.html'),
    // assetsRoot: path.resolve(__dirname, '../dist'),
    index: path.resolve(__dirname, '../docs/index.html'),
    assetsRoot: path.resolve(__dirname, '../docs'),
    assetsSubDirectory: 'static',
    // assetsPublicPath: '/',
    assetsPublicPath: './',
    productionSourceMap: true,
    // Gzip off by default as many popular static hosts such as
    // Surge or Netlify already gzip all static assets for you.
    // Before setting to `true`, make sure to:
    // npm install --save-dev compression-webpack-plugin
    productionGzip: false,
    productionGzipExtensions: ['js', 'css'],
    // Run the build command with an extra argument to
    // View the bundle analyzer report after build finishes:
    // `npm run build --report`
    // Set to `true` or `false` to always turn it on or off
    bundleAnalyzerReport: process.env.npm_config_report
  },
  dev: {
    env: require('./dev.env'),
    port: 8080,
    autoOpenBrowser: true,
    assetsSubDirectory: 'static',
    assetsPublicPath: '/',
    proxyTable: {},
    // CSS Sourcemaps off by default because relative paths are "buggy"
    // with this option, according to the CSS-Loader README
    // (https://github.com/webpack/css-loader#sourcemaps)
    // In our experience, they generally work as expected,
    // just be aware of this issue when enabling this option.
    cssSourceMap: false
  }
}

お手数ですが、考えられる問題点やVueCLI導入時の留意点などをご教示していただきたいです。
また、コードの変更以外にも途中でプロジェクト名(フォルダとプロジェクト名がかかれた実装部)を手動で変更した経緯があります。

宜しくお願い致します。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

check解決した方法

0

レイアウトを一式変更したところ解消されました。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.99%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる