質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.23%

1つのインスタンスを複数のコンポーネント間で共有したい

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,857

workr

score 158

Vue.js を利用したウェブサイトで Ajax 処理を行うための独自のクラスを使い、複数の vue コンポーネントから利用しようと思っています。認証処理を1度だけ行い、API から情報を取得したり書き込んだりするたびに認証を受けなくても済むようにするためです。

var url = "api.example.com";
var api = new ApiClient(url, "user", "secret");
var post = api.fetch('/post/1234');

親コンポーネントの<script>部分で上記のように var で宣言しただけでは子コンポーネントからはエラーとなります。(api is not defined)

グローバル変数にするなら window.api = new ApiClient(url) とすればとりあえず共有できました。簡単ですが綺麗ではないような感じがします。

Vue.js のコンポーネントには data, props などの格納できる領域があるので <component :api="api"> のような形で一つ一つ渡したりもできそうですが手間がかかりすぎるように思えます。

親コンポーネントに getApiInstance() などのメソッドを用意して、方法は知りませんが子からそのメソッドを通して受け取ることもできるのかもしれません。

Vuex という状態管理のためのライブラリがあるようなのでこちらも利用できそうです。

Vue.js を経験が浅いため常識をよく知らないのですが、こういったクラスオブジェクトを複数の子コンポーネントで利用するにはどういった手段を取るのが最も適切なのでしょうか?

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

stack overflowの回答をもとに2つのアプローチがありそうです。
stack overflow

1つ目はprototype継承を使うもので、コチラのほうがどちらかといえば目にする機会が多いです。

var url = "api.example.com";
var api = new ApiClient(url, "user", "secret");
Vue.prototype.$api = api;

var app = new Vue({
  el: "#app"
})

そうすればVue内では、どこでもthis.$apiで使えます。

export default {
...
methods: {
  fetchSomething() {
    this.$api.fetch("/hoge")
  }
}
...
}

もう一つの方法はGlobal Mixinとする方法だそうです。
コチラで書かれているコードはあまり見かけませんが、絶対に変更できなくすることができます。

// This is a global mixin, it is applied to every vue instance
Vue.mixin({
  data: function() {
    return {
      get api() {
        var url = "api.example.com";
        return new ApiClient(url, "user", "secret");

      }
    }
  }
})

new Vue({
  el: '#app',
  created: function() {
    this.api = "代入しようとしても入りません。";
  }
});

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.23%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る