質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.61%

【AWS】CloudWatchLogs, Lambda, Amazon SNSを利用してエラーメッセージをSlackに通知したい

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,619

Sfidante

score 98

 やりたいこと

  1. アプリケーションログ内でERRORを、CloudWatch Logsのメトリクスを利用してキャッチ
  2. Amazon SNSへ通知を流す
  3. Lambdaでメッセージの整形をしてSlackでアプリケーションログのERROR内容を通知する

 現状

上記の1, 2まではできているのですが、
LambdaでアプリケーションログのERROR内容を取得できなくて困っています。
Amazon SNSでは、ERRORが存在したということしか判断できていません。
なお、ERRORが存在しているということをSlackに通知することはできています。

どのようにすれば、ERROR内容を取得できるのかがわからず困っております。
わかる方、ご教授のほど、よろしくお願いいたします!!

Lambdaの使用言語はNode.js 6.10です。

現在のLambdaのコード

console.log('Loading function');

const https = require('https');
const url = require('url');
const slack_url = process.env.hooks;
const slack_req_opts = url.parse(slack_url);
slack_req_opts.method = 'POST';
slack_req_opts.headers = {'Content-Type': 'application/json'};

exports.handler = function(event, context) {
  (event.Records || []).forEach(function (rec) {
    if (rec.Sns) {
      var req = https.request(slack_req_opts, function (res) {
        if (res.statusCode === 200) {
          context.succeed('posted to slack');
        } else {
          context.fail('status code: ' + res.statusCode);
        }
      });

      req.on('error', function(e) {
        console.log('problem with request: ' + e.message);
        context.fail(e.message);
      });

      var message = JSON.parse(rec.Sns.Message);
      var status = message.NewStateValue;
      if (status === "ALARM") {
          status = ":exclamation: " + status;
      }
      if (status === "OK") {
          status = ":+1: " + status;
      }
      var str = "*" +
                status +
                ": " +
                message.AlarmDescription +
                "*" +
                "\n" +
                message.NewStateReason;

      req.write(JSON.stringify({text: str}));

      req.end();
    }
  });
};


こちらを参考(丸々コピー)しました。

 追記

KMSを利用する方法があるようですが、基本的に利用しない方法で、今回は実装したいと思っています。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

check解決した方法

0

aws-sdkを利用することで、エラーの本文を取得することができました。
参考: https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonCloudWatchLogs/latest/APIReference/API_FilterLogEvents.html

トリガーはSNSにして、アラームの間隔を決定し、
上記のfileterlogeventsでstartTimeとendTimeを調整することで、必要な範囲の内容を取得できました。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.61%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る