質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.07%

Unity Build&RunをするとGetKeyDownが反応しません

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 617

14s1052

score 8

 前提・実現したいこと

c#でspaceキーを押すと3Dモデルの髪の色が変わるものを作りたいと思っています。
乱数で髪の色を変えているので、その乱数をcsvファイルに出力しています。

 発生している問題・エラーメッセージ

下記のコードでは、プレイモードでは動くのですが、Build&Runをするとキーが反応してくれません。
csvファイルの方もBuild&RunではStart()の分しか出力されていません。
プレイモードの方ではキーの回数に合わせて出力もできています。
何か解決方法を教えて頂けないでしょうか

 該当のソースコード

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
using System.IO;
using System;

public class haircolor2 : MonoBehaviour {


    public Texture hair001;
    public Texture hair002;
    public Texture hair003;
    public Texture hair004;
    public Texture hair005;
    public Texture hair006;
    public Texture hair007;
    public Texture hair008;
    public Texture hair009;
    public Texture hair010;
    public Texture hair011;
    public Texture hair012;
    public Texture hair013;
    public Texture hair014;
    public Texture hair015;
    public Texture hair016;
    public int count;
    // Use this for initialization
    void Start () {
        Renderer render = GetComponent<Renderer>();
        count = 1;
        int h = UnityEngine.Random.Range(1, 17);
        hair2Save(h);
        switch (h)
        {
            case 1:
                render.material.mainTexture = hair001;
                break;
            case 2:
                render.material.mainTexture = hair002;
                break;
            case 3:
                render.material.mainTexture = hair003;
                break;
            case 4:
                render.material.mainTexture = hair004;
                break;
            case 5:
                render.material.mainTexture = hair005;
                break;
            case 6:
                render.material.mainTexture = hair006;
                break;
            case 7:
                render.material.mainTexture = hair007;
                break;
            case 8:
                render.material.mainTexture = hair008;
                break;
            case 9:
                render.material.mainTexture = hair009;
                break;
            case 10:
                render.material.mainTexture = hair010;
                break;
            case 11:
                render.material.mainTexture = hair011;
                break;
            case 12:
                render.material.mainTexture = hair012;
                break;
            case 13:
                render.material.mainTexture = hair013;
                break;
            case 14:
                render.material.mainTexture = hair014;
                break;
            case 15:
                render.material.mainTexture = hair015;
                break;
            case 16:
                render.material.mainTexture = hair016;
                break;
            default:
                render.material.mainTexture = hair001;
                break;
        }

    }

    void Update () {
          Renderer render = GetComponent<Renderer>();

          if (Input.GetKeyDown(KeyCode.Space))
        {
            count++;
            int h = UnityEngine.Random.Range(1, 17);
            hair2Save(h);

            switch (h)
            {
                case 1:
                    render.material.mainTexture = hair001;
                    break;
                case 2:
                    render.material.mainTexture = hair002;
                    break;
                case 3:
                    render.material.mainTexture = hair003;
                    break;
                case 4:
                    render.material.mainTexture = hair004;
                    break;
                case 5:
                    render.material.mainTexture = hair005;
                    break;
                case 6:
                    render.material.mainTexture = hair006;
                    break;
                case 7:
                    render.material.mainTexture = hair007;
                    break;
                case 8:
                    render.material.mainTexture = hair008;
                    break;
                case 9:
                    render.material.mainTexture = hair009;
                    break;
                case 10:
                    render.material.mainTexture = hair010;
                    break;
                case 11:
                    render.material.mainTexture = hair011;
                    break;
                case 12:
                    render.material.mainTexture = hair012;
                    break;
                case 13:
                    render.material.mainTexture = hair013;
                    break;
                case 14:
                    render.material.mainTexture = hair014;
                    break;
                case 15:
                    render.material.mainTexture = hair015;
                    break;
                case 16:
                    render.material.mainTexture = hair016;
                    break;
                default:
                    render.material.mainTexture = hair001;
                    break;
            }
        }
    }
    public void hair2Save(int h)
    {
        StreamWriter sw;
        FileInfo fi;
        fi = new FileInfo(Application.dataPath + "/logL/hair.csv");
        sw = fi.AppendText();
        sw.Write(count + ",");
        sw.WriteLine(h);
        sw.Flush();
        sw.Close();
    }
}

 試したこと

GetKeyでは動きますが、カウントが上手く出来ないのでGetKeyDownを使いたいです。

 補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

Unity5 C#

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+2

Application.dataPathの指す場所がエディタと実機で違うので、ファイルが取得出来ていないのではないかと思います。
Application.dataPath - Unity スクリプトリファレンス

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/02/06 14:17

    ありがとうございます!
    Application.datePathの部分をデスクトップに変更したら動きました!

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.07%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る