質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.76%

  • Java

    13178questions

    Javaは、1995年にサン・マイクロシステムズが開発したプログラミング言語です。表記法はC言語に似ていますが、既存のプログラミング言語の短所を踏まえていちから設計されており、最初からオブジェクト指向性を備えてデザインされています。セキュリティ面が強力であることや、ネットワーク環境での利用に向いていることが特徴です。Javaで作られたソフトウェアは基本的にいかなるプラットフォームでも作動します。

AndroidでHttps通信エラー

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 391

yamayamak

score 72

AndroidでHttps通信を以下のサイトを参考に作っています。

https://akira-watson.com/android/httpurlconnection-post.html

サーバはAWSでロードバランサーでHTTPSを終端しEC2サーバにはHTTP通信です。
(WebサーバはHTTPで通信しています)

以下のエラーが原因だと思うのですが
NativeCrypto_SSL_do_handshake ret=-1 errno=11 sslError=2 timeout_millis=10000
最後あたりに、Successfullになっているので、問題ではないのでしょうか?
どういう意味なのかよくわからないので、ご教授ください。

04:54.076  I/System.out: open:https://hogehoge.com/api/remocons/destroy
04:54.077  I/System.out: [CDS][DNS] getAllByNameImpl netId = 0
04:54.077  D/libc-netbsd: [getaddrinfo]: hostname=hogehoge.com; servname=(null); cache_mode=(null), netid=0; mark=0
04:54.077  D/libc-netbsd: [getaddrinfo]: ai_addrlen=0; ai_canonname=(null); ai_flags=4; ai_family=0
04:54.078  D/libc-netbsd: [getaddrinfo]: hostname=hogehoge.com; servname=(null); cache_mode=(null), netid=0; mark=0
04:54.078  D/libc-netbsd: [getaddrinfo]: ai_addrlen=0; ai_canonname=(null); ai_flags=1024; ai_family=0
04:54.176  D/libc-netbsd: getaddrinfo: hogehoge.com get result from proxy >>
04:54.176  I/System.out: propertyValue:true
04:54.177  I/System.out: [CDS]rx timeout:10000
04:54.177  I/System.out: [socket][0] connection hogehoge.com/54.92.100.254:443;LocalPort=49613(20000)
04:54.177  I/System.out: [CDS]connect[hogehoge.com/54.92.100.254:443] tm:20
04:54.178  D/Posix: [Posix_connect Debug]Process com.androidhttps :443 
04:54.207  I/System.out: [socket][/192.168.1.6:49613] connected
04:54.210  D/libc-netbsd: [getaddrinfo]: hostname=hogehoge.com; servname=(null); cache_mode=(null), netid=0; mark=0
04:54.210  D/libc-netbsd: [getaddrinfo]: ai_addrlen=0; ai_canonname=(null); ai_flags=4; ai_family=0
04:54.211  D/NativeCrypto: ssl=2862 NativeCrypto_SSL_do_handshake fd=0xa0cd4040 shc=0xa0cd4044 timeout_millis=10000 client_mode=1 npn=0x0
04:54.211  D/NativeCrypto: doing handshake ++
04:54.211  D/NativeCrypto: ssl=2862 info_callback where=0x10 ret=1
04:54.211  D/NativeCrypto: ssl=2862 handshake start in UNKWN  before/connect initialization
04:54.211  D/NativeCrypto: ssl=2862 info_callback calling handshakeCompleted
04:54.211  D/NativeCrypto: ssl=2862 info_callback completed
04:54.211  D/NativeCrypto: ssl=2862 info_callback where=0x1001 ret=1
04:54.211  D/NativeCrypto: ssl=2862 SSL_connect:UNKWN  before/connect initialization
04:54.211  D/NativeCrypto: ssl=2862 info_callback ignored
04:54.211  D/NativeCrypto: ssl=2862 info_callback where=0x1001 ret=1
04:54.211  D/NativeCrypto: ssl=2862 SSL_connect:23WCHA SSLv2/v3 write client hello A
04:54.211  D/NativeCrypto: ssl=2862 info_callback ignored
04:54.211  D/NativeCrypto: ssl=2862 info_callback where=0x1002 ret=-1
04:54.211  D/NativeCrypto: ssl=2862 SSL_connect:error exit in 23RSHA SSLv2/v3 read server hello A
04:54.211  D/NativeCrypto: ssl=2862 info_callback ignored
04:54.211  D/NativeCrypto: doing handshake -- ret=-1
04:54.211  D/NativeCrypto: ssl=2862 NativeCrypto_SSL_do_handshake ret=-1 errno=11 sslError=2 timeout_millis=10000
04:54.240  D/NativeCrypto: doing handshake ++
04:54.240  D/NativeCrypto: ssl=2862 info_callback where=0x1001 ret=1
04:54.240  D/NativeCrypto: ssl=2862 SSL_connect:3RSH_A SSLv3 read server hello A
04:54.240  D/NativeCrypto: ssl=2862 info_callback ignored
04:54.242  E/NativeCrypto: ssl=2862 cert_verify_callback x509_store_ctx=0xa0cd3e00 arg=0x0
04:54.242  E/NativeCrypto: ssl=2862 cert_verify_callback calling verifyCertificateChain authMethod=ECDHE_RSA
04:54.285  D/NativeCrypto: ssl=2862 cert_verify_callback => 1
04:54.285  D/NativeCrypto: ssl=2862 info_callback where=0x1001 ret=1
04:54.285  D/NativeCrypto: ssl=2862 SSL_connect:3RSC_A SSLv3 read server certificate A
04:54.285  D/NativeCrypto: ssl=2862 info_callback ignored
04:54.286  D/NativeCrypto: ssl=2862 info_callback where=0x1001 ret=1
04:54.286  D/NativeCrypto: ssl=2862 SSL_connect:3RSKEA SSLv3 read server key exchange A
04:54.286  D/NativeCrypto: ssl=2862 info_callback ignored
04:54.286  D/NativeCrypto: ssl=2862 info_callback where=0x1001 ret=1
04:54.286  D/NativeCrypto: ssl=2862 SSL_connect:3RSD_A SSLv3 read server done A
04:54.286  D/NativeCrypto: ssl=2862 info_callback ignored
04:54.294  D/NativeCrypto: ssl=2862 info_callback where=0x1001 ret=1
04:54.294  D/NativeCrypto: ssl=2862 SSL_connect:3WCKEA SSLv3 write client key exchange A
04:54.294  D/NativeCrypto: ssl=2862 info_callback ignored
04:54.294  D/NativeCrypto: ssl=2862 info_callback where=0x1001 ret=1
04:54.294  D/NativeCrypto: ssl=2862 SSL_connect:3WCCSA SSLv3 write change cipher spec A
04:54.294  D/NativeCrypto: ssl=2862 info_callback ignored
04:54.294  D/NativeCrypto: ssl=2862 info_callback where=0x1001 ret=1
04:54.294  D/NativeCrypto: ssl=2862 SSL_connect:3WFINA SSLv3 write finished A
04:54.294  D/NativeCrypto: ssl=2862 info_callback ignored
04:54.294  D/NativeCrypto: ssl=2862 info_callback where=0x1001 ret=1
04:54.294  D/NativeCrypto: ssl=2862 SSL_connect:3FLUSH SSLv3 flush data
04:54.294  D/NativeCrypto: ssl=2862 info_callback ignored
04:54.294  D/NativeCrypto: ssl=2862 info_callback where=0x1002 ret=-1
04:54.294  D/NativeCrypto: ssl=2862 SSL_connect:error exit in UNKWN  SSLv3 read server session ticket A
04:54.294  D/NativeCrypto: ssl=2862 info_callback ignored
04:54.294  D/NativeCrypto: ssl=2862 info_callback where=0x1002 ret=-1
04:54.294  D/NativeCrypto: ssl=2862 SSL_connect:error exit in UNKWN  SSLv3 read server session ticket A
04:54.294  D/NativeCrypto: ssl=2862 info_callback ignored
04:54.295  D/NativeCrypto: doing handshake -- ret=-1
04:54.295  D/NativeCrypto: ssl=2862 NativeCrypto_SSL_do_handshake ret=-1 errno=11 sslError=2 timeout_millis=10000
04:54.329  D/NativeCrypto: doing handshake ++
04:54.329  D/NativeCrypto: ssl=2862 info_callback where=0x1001 ret=1
04:54.329  D/NativeCrypto: ssl=2862 SSL_connect:UNKWN  SSLv3 read server session ticket A
04:54.329  D/NativeCrypto: ssl=2862 info_callback ignored
04:54.329  D/NativeCrypto: ssl=2862 info_callback where=0x1001 ret=1
04:54.329  D/NativeCrypto: ssl=2862 SSL_connect:3RFINA SSLv3 read finished A
04:54.329  D/NativeCrypto: ssl=2862 info_callback ignored
04:54.329  D/NativeCrypto: ssl=2862 info_callback where=0x20 ret=1
04:54.329  D/NativeCrypto: ssl=2862 handshake done in SSLOK  SSL negotiation finished successfully
04:54.329  D/NativeCrypto: ssl=2862 info_callback calling handshakeCompleted
04:54.329  D/NativeCrypto: ssl=2862 info_callback completed
04:54.329  D/NativeCrypto: ssl=2862 info_callback where=0x1002 ret=1
04:54.329  D/NativeCrypto: ssl=2862 SSL_connect:ok exit in SSLOK  SSL negotiation finished successfully
04:54.329  D/NativeCrypto: ssl=2862 info_callback ignored
04:54.329  D/NativeCrypto: doing handshake -- ret=1
04:54.329  D/NativeCrypto: ssl=2862 NativeCrypto_SSL_get_certificate => NULL
04:54.329  I/System.out: gba_cipher_suite:TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_128_GCM_SHA256
04:54.330  D/debug: flush
04:54.330  I/System.out: [OkHttp] sendRequest>>
04:54.330  I/System.out: [OkHttp] sendRequest<<
04:54.330  D/NativeCrypto: ssl=2862 sslWrite buf=0xb44c3000 len=298 write_timeout_millis=0
04:54.331  D/NativeCrypto: ssl=2862 sslRead buf=0xb44c3000 len=2048,timeo=10000
04:54.362  D/NativeCrypto: ssl=2862 NativeCrypto_SSL_interrupt
04:54.362  D/NativeCrypto:  sslNotify, appData=0xb46dda80 ret=1
04:54.362  D/NativeCrypto:  sslNotify, appData=0xb46dda80 ret=1
04:54.362  D/NativeCrypto: ssl=2862 info_callback where=0x4008 ret=256
04:54.362  D/NativeCrypto: ssl=2862 SSL3 alert write:W:CN warning close notify
04:54.362  D/NativeCrypto: ssl=2862 info_callback ignored
04:54.362  I/System.out: [CDS]close[49613]

プログラムは以下のような感じです。
端末のルート証明書のようなものが何かしないといけないのでしょうか?

public class UploadTask extends AsyncTask<String, Void, String> {

    private Listener listener;

    // 非同期処理
    @Override
    protected String doInBackground(String... params) {
        String urlSt = "https://t.hogehoge.biz/api/test";
        HttpURLConnection con = null;
        String result = null;
        String word = "a="+params[0];
        try {
            // URL設定
            URL url = new URL(urlSt);

            // HttpURLConnection
            con = (HttpURLConnection) url.openConnection();

            // request POST
            con.setRequestMethod("POST");
            con.setRequestProperty("application/json", "Accept");
            con.setRequestProperty("Bearer aaa", "Authorization");

            // no Redirects
            con.setInstanceFollowRedirects(false);

            // データを書き込む
            con.setDoOutput(true);

            // 時間制限
            con.setReadTimeout(10000);
            con.setConnectTimeout(20000);

            // 接続
            con.connect();

            // POSTデータ送信処理
            OutputStream out = null;
            try {
                out = con.getOutputStream();
                out.write( word.getBytes("UTF-8") );
                out.flush();
                Log.d("debug","flush");
            } catch (IOException e) {
                // POST送信エラー
                e.printStackTrace();
                result="POST送信エラー";
            } finally {
                if (out != null) {
                    out.close();
                }
            }

            final int status = con.getResponseCode();
            if (status == HttpURLConnection.HTTP_OK) {
                // レスポンスを受け取る処理等
                result="HTTP_OK";
            }
            else{
                result="status="+String.valueOf(status);
            }

        } catch (IOException e) {
            e.printStackTrace();
        } finally {
            if (con != null) {
                con.disconnect();
            }
        }
        return result;
    }
省略
}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

check解決した方法

0

HTTPSは接続できていました。Headerの作り方に誤りがありました。
以下のようにして、動きそうです。

            con.setRequestProperty ("Authorization", "Bearer aaa");
            con.setRequestProperty("Accept", "application/json");

ありがとうございました。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.76%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • Java

    13178questions

    Javaは、1995年にサン・マイクロシステムズが開発したプログラミング言語です。表記法はC言語に似ていますが、既存のプログラミング言語の短所を踏まえていちから設計されており、最初からオブジェクト指向性を備えてデザインされています。セキュリティ面が強力であることや、ネットワーク環境での利用に向いていることが特徴です。Javaで作られたソフトウェアは基本的にいかなるプラットフォームでも作動します。