質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

91.26%

  • PHP

    15655questions

    PHPは、Webサイト構築に特化して開発されたプログラミング言語です。大きな特徴のひとつは、HTMLに直接プログラムを埋め込むことができるという点です。PHPを用いることで、HTMLを動的コンテンツとして出力できます。HTMLがそのままブラウザに表示されるのに対し、PHPプログラムはサーバ側で実行された結果がブラウザに表示されるため、PHPスクリプトは「サーバサイドスクリプト」と呼ばれています。

  • Laravel 5

    1024questions

    Laravel 5は、PHPフレームワークLaravelの最新バージョンで、2014年11月に発表予定です。ディレクトリ構造がが現行版より大幅に変更されるほか、メソッドインジェクションやFormRequestの利用が可能になります。

laravel5.2でRouteModelBinding後、NotFoundHttpException in RouteCollection.php line 161:がでる

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 30

tomosuzu

score 0

前提・実現したいこと

Lara帳:はじめてのLaravel5.1(32)を参考に勉強しています。
PHP自体初心者の者です。
こちらのサイトはlaravel5.1ですが私はlaravel5.2を使用しています。

RouteModelBindingを行った後、記事の閲覧・編集・更新・削除ができなくなりました。
idが取得できていない?のでしょうか。

似たような質問がこちらの掲示板にあったので見たのですが、そちらはlaravel5.1を使用している方だったため、暗黙のモデルバインディング自体がなくできなくなっているようでした。

調べたところ、下記のようなものをよく見たのですが、この形を使用しなくてはいけないのでしょうか。ご教授お願いします。

Route::get('/user/{user}', function (App\User $user) {
    //
});

発生している問題・エラーメッセージ

NotFoundHttpException in RouteCollection.php line 161:

該当のソースコード

routes.php

<?php

/*
|--------------------------------------------------------------------------
| Application Routes
|--------------------------------------------------------------------------
|
| Here is where you can register all of the routes for an application.
| It's a breeze. Simply tell Laravel the URIs it should respond to
| and give it the controller to call when that URI is requested.
|
*/


//名前を指定
Route::get('articles', ['as' => 'articles.index',
                        'uses' => 'ArticlesController@index']);
Route::get('articles/create', ['as' => 'articles.create',
                               'uses' => 'ArticlesController@create']);
Route::get('articles/{id}', ['as' => 'articles.show',
                             'uses' => 'ArticlesController@show']);
Route::post('articles', ['as' => 'articles.store',
                         'uses' => 'ArticlesController@store']);
Route::get('articles/{id}/edit', ['as' => 'articles.edit',
                                  'uses' => 'ArticlesController@edit']);
Route::patch('articles/{id}', ['as' => 'articles.update',
                               'uses' => 'ArticlesController@update']);
Route::delete('articles/{id}', ['as' => 'articles.destroy',
                                'uses' => 'ArticlesController@destroy']);


//ユーザー登録とログイン認証
Route::get('auth/login', 'Auth\AuthController@getLogin');
Route::post('auth/login', 'Auth\AuthController@postLogin');
Route::get('auth/logout', 'Auth\AuthController@logout');

// Registration routes...
Route::get('auth/register', 'Auth\AuthController@getRegister');
Route::post('auth/register', 'Auth\AuthController@postRegister');


Route::auth();

Route::get('/home', 'HomeController@index');

ArticlesController.php

<?php

namespace App\Http\Controllers;

use Illuminate\Http\Request;
use App\Models\Article;
use App\Http\Requests\ArticleRequest;

use Carbon\Carbon;

class ArticlesController extends Controller
{
    public function __construct(){
      $this->middleware('auth',['except'=>['index','show']]);
    }

    public function index(){
        //$articles = Article::all();
        $articles = Article::orderBy('created_at', 'desc')->published()->get();
        //$articles=Article::latest('published_at')->published()->get();
        return view('articles.index',compact('articles'));
    }

    public function show(Article $article){
        return view('articles.show', compact('article'));
    }

    public function create(){
        return view('articles.create');
    }

    public function store(ArticleRequest $request){
      //  Article::create($request->all());
      \Auth::user()->articles()->create($request->all());
        \Session::flash('flash_message', '記事を作成しました。');
        return redirect()->route('articles.index');
    }

    public function edit(Article $article){
        return view('articles.edit',compact('article'));
    }

    public function update(Article $article,ArticleRequest $request){
        $article->update($request->all());
        \Session::flash('flash_message', '記事を更新しました。');
        return redirect()->route('articles.show',[$article->id]);
    }

    public function destroy(Article $article){
      $article->delete();
      \Session::flash('flash_message','記事を削除しました。');
      return redirect()->route('articles.index');
    }
}


RouteServiceProvider.php

<?php

namespace App\Providers;

use Illuminate\Routing\Router;
use Illuminate\Foundation\Support\Providers\RouteServiceProvider as ServiceProvider;

class RouteServiceProvider extends ServiceProvider
{
    /**
     * This namespace is applied to your controller routes.
     *
     * In addition, it is set as the URL generator's root namespace.
     *
     * @var string
     */
    protected $namespace = 'App\Http\Controllers';

    /**
     * Define your route model bindings, pattern filters, etc.
     *
     * @param  \Illuminate\Routing\Router  $router
     * @return void
     */
    public function boot(Router $router)
    {
        //

        parent::boot($router);

        $router->model('article','App\Models\Article');
        // $router->get('articles/{article}', function(App\Models\Article $article) {
        //     //
        // });
    }


    /**
     * Define the routes for the application.
     *
     * @param  \Illuminate\Routing\Router  $router
     * @return void
     */
    public function map(Router $router)
    {
        $this->mapWebRoutes($router);

        //
    }


    /**
     * Define the "web" routes for the application.
     *
     * These routes all receive session state, CSRF protection, etc.
     *
     * @param  \Illuminate\Routing\Router  $router
     * @return void
     */
    protected function mapWebRoutes(Router $router)
    {
        $router->group([
            'namespace' => $this->namespace, 'middleware' => 'web',
        ], function ($router) {
            require app_path('Http/routes.php');
        });
    }
}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

check解決した方法

0

解決しました。なんとも単純なことでした。
routes.php

Route::get('articles', ['as' => 'articles.index',
                        'uses' => 'ArticlesController@index']);
Route::get('articles/create', ['as' => 'articles.create',
                               'uses' => 'ArticlesController@create']);
Route::get('articles/{id}', ['as' => 'articles.show',
                             'uses' => 'ArticlesController@show']);
Route::post('articles', ['as' => 'articles.store',
                         'uses' => 'ArticlesController@store']);
Route::get('articles/{id}/edit', ['as' => 'articles.edit',
                                  'uses' => 'ArticlesController@edit']);
Route::patch('articles/{id}', ['as' => 'articles.update',
                               'uses' => 'ArticlesController@update']);
Route::delete('articles/{id}', ['as' => 'articles.destroy',
                                'uses' => 'ArticlesController@destroy']);


こちらの{id}を{article}に変更したら正常に動作しました。

目を通してくださった方々ありがとうございます。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

ただいまの回答率

91.26%

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • PHP

    15655questions

    PHPは、Webサイト構築に特化して開発されたプログラミング言語です。大きな特徴のひとつは、HTMLに直接プログラムを埋め込むことができるという点です。PHPを用いることで、HTMLを動的コンテンツとして出力できます。HTMLがそのままブラウザに表示されるのに対し、PHPプログラムはサーバ側で実行された結果がブラウザに表示されるため、PHPスクリプトは「サーバサイドスクリプト」と呼ばれています。

  • Laravel 5

    1024questions

    Laravel 5は、PHPフレームワークLaravelの最新バージョンで、2014年11月に発表予定です。ディレクトリ構造がが現行版より大幅に変更されるほか、メソッドインジェクションやFormRequestの利用が可能になります。