質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.51%

  • HTML

    9013questions

    HTMLとは、ウェブ上の文書を記述・作成するためのマークアップ言語のことです。文章の中に記述することで、文書の論理構造などを設定することができます。ハイパーリンクを設定できるハイパーテキストであり、画像・リスト・表などのデータファイルをリンクする情報に結びつけて情報を整理します。現在あるネットワーク上のほとんどのウェブページはHTMLで作成されています。

  • CSS

    5816questions

    CSSはXMLやHTMLで表現した色・レイアウト・フォントなどの要素を指示する仕様の1つです。

  • HTML5

    4031questions

    HTML5 (Hyper Text Markup Language、バージョン 5)は、マークアップ言語であるHTMLの第5版です。

  • CSS3

    2077questions

    CSS(Cascading Style Sheet)の第3版です。CSS3と略されることが多いです。色やデザインを柔軟に変更することが可能になります。

ブログを含むサイトの<h1>の使い方について

解決済

回答 4

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 486

Mitys

score 2

お世話になっております。

ブログの詳細ページを作る際のHTMLマークアップについて、
「SEO的には、ブログ記事のタイトルを<h1>タグで囲むと良い」
と聞きます。

例えばブログを含むコーポレイトサイトを作るとして、
ブログ以外のページの<h1>は、
「会社概要、○○について、お問い合わせ」
等の各ページタイトルを入れると良いのかと考えていましたが、
そのルールで行くと、「ブログ」というページタイトルも<h1>となります。
つまり、ブログ詳細ページにおいて、「ブログ」というページ全体を表す言葉も<h1>、
記事のタイトルも<h1>となってしまいます。

冒頭のようにSEO的にはタイトルを<h1>で囲むと良いという話も聞きますが、
みなさん、実装はどのようにされているのでしょうか?

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 4

checkベストアンサー

+4

現代のHTMLの在り方としては「セマンティック」をきちんと理解して構築することが求められていると理解しています。文章内でのそれぞれの要素の意味を明確にしてそれに沿ったマークアップを施すということです。

古来から「見かけのSEO」を重視したいろいろな裏技が喧伝されてきましたが、Googleなどでもそうした「見かけSEO」に惑わされた内容の薄いページが上位に来ることがないよう日々改良を重ねているといわれていますね。目立ちそうだからという理由で、明らかに見出しでないものをH1で囲みまくるなどというのは今ははっきり愚策と言えると思います。

HTML5では<section>というタグで文書を階層化できるようになり、さらに<header><footer><article><nav>などという要素も追加されています。そのそれぞれが<h1>を持つことも許されており、一つのhtmlデータの中のいろいろな階層にh1が出現することも許されています。参照:HTML5 ドキュメントのセクションとアウトライン

したがって、"「ブログ」というページ全体を表す言葉も<h1>、記事のタイトルも<h1>"に何ら問題ないはずです。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/12/30 14:33

    ↓HTML5での定義は<h1>タグを複数使うことはOKということでしたが、以下の記事を見て悩んでおりました。
    https://saruwakakun.com/html-css/basic/h1-h2-h3#section2

    しかし、英語で検索して、以下のページに行き当たりました。
    Google的には<h1>タグを1ページに好きなだけ使ってOKということですね!
    助言ありがとうございました。
    https://www.seroundtable.com/google-h1-tags-23699.html

    キャンセル

+2

その中にまたh1を使えば良いのでは。
ただ、SEO的にはページ内で一つというのが良いとききました。

ただ、sectionで囲えば hタグ の位も一つ下がるので、sectionで囲んでやれば良いと思います。

基本、h1はそれぞれのページのタイトルになる部分になる部分に一つ。

なんで、例えばブログの場合TOPページはブログのタイトルがh1、ブログの記事ページなら記事タイトルがh1になるようにしておくのが良いようです。
これも例えで、コーポレートサイトもTOPページでは会社のロゴがh1の中に<img>で、もちろんaltに会社名で入っていて、ほかのページはh1がロゴから外れて、ページページのタイトルにh1がついてたりますよ。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/01/07 14:02

    ご意見ありがとうございます!
    あれから調べていた際、以下のような記事を見つけました。
    https://bitsofco.de/document-outlines-in-html-5-1/
    HTML5.0では確かに<section>の中に入れれば<h1>は1ページ内に複数使えるということでしたが、
    HTML5.1では<section>の中も<h2>から始める、という風に変更になったようですね。
    やはり、1ページに<h1>は一つがいい、ということでしょうね。

    先日のベストアンサーの方に返答させて頂いた以下の内容を見ると、検索エンジンとHTML5.1の内容がまたずれてしまったのかな、、、という印象です。
    ---
    Google的には<h1>タグを1ページに好きなだけ使ってOKということですね!
    助言ありがとうございました。
    https://www.seroundtable.com/google-h1-tags-23699.html

    キャンセル

  • 2018/01/13 16:40

    ありがとうございます!勉強になりました!

    キャンセル

+1

個人的には以下の参考リンク先のような解釈で良いと思います。

そのルールで行くと、「ブログ」というタイトルも<h1>となります

ブログのページであっても、ここは記事内容に合わせて変更する事をおススメします。

参考リンク先:
https://webtan.impress.co.jp/e/2013/09/06/15972
https://webtan.impress.co.jp/e/2017/02/10/25011/page/1

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/12/30 13:15

    参考になるリンク先、ありがとうございます!
    初めての質問で、少し不明瞭な質問の投げ方をしてしまい、失礼しました。
    質問内容を修正しました。

    >ブログのページであっても、ここは記事内容に合わせて変更する事をおススメします。

    こちらについてですが、
    ブログ詳細ページにおいて、「ブログ」というページ全体を表す言葉は、他のページとは異なるが、
    <div>等で囲い、
    記事のタイトルを<h1>とする、ということでしょうか?

    キャンセル

  • 2017/12/30 22:00

    そうですね。head内メタ部のtitleとコンテンツ文章内のタイトルにあたる部分とでは場合によっては変えた方が、分かりやすくなるのは事実です。

    ブログのページだからコンテンツ文章のタイトルを<h1>ブログ</h1>としても、確かにSEO的に問題はないのでしょうが、UX的にみて良いと言えるかどうかは別問題と思います。

    閲覧者の方への分かりやすい部分として変更するのも、ひとつの方法だと思いますし、SEO的に問題はないと思いますので、参考にしてみてください。

    キャンセル

  • 2017/12/31 09:19

    ご丁寧にありがとうございます!
    参考になりました。

    キャンセル

0

何でもかんでも囲めばいいというものではありません。
タイトルを <p> で囲んでいるブログは <h1> にしましょうということでしょう。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.51%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • HTML

    9013questions

    HTMLとは、ウェブ上の文書を記述・作成するためのマークアップ言語のことです。文章の中に記述することで、文書の論理構造などを設定することができます。ハイパーリンクを設定できるハイパーテキストであり、画像・リスト・表などのデータファイルをリンクする情報に結びつけて情報を整理します。現在あるネットワーク上のほとんどのウェブページはHTMLで作成されています。

  • CSS

    5816questions

    CSSはXMLやHTMLで表現した色・レイアウト・フォントなどの要素を指示する仕様の1つです。

  • HTML5

    4031questions

    HTML5 (Hyper Text Markup Language、バージョン 5)は、マークアップ言語であるHTMLの第5版です。

  • CSS3

    2077questions

    CSS(Cascading Style Sheet)の第3版です。CSS3と略されることが多いです。色やデザインを柔軟に変更することが可能になります。